RMUリーグ

クラウン

クライマックスリーグ

Rリーグ

ティアラリーグ

長崎リーグ

スプリントカップ

オープンリーグ

過去のレポート





S級ライセンスもしくはR1で優勝したA級ライセンス、
またはクライマックスリーグで優勝したB級ライセンスのみが所属することができるプロリーグ。
【第9期の規定】
年間11節最大40半荘を行う。
第8期は6人打ちのため、1節に付き、1人抜け節、1節毎に1人抜け番制の5回戦を6節行う。
第7節は6人打ち(2人ずつ抜け番)で6回戦を行い、終了時に下位1名が脱落。
第8節は、5人打ちで5回戦を行い、終了時に、下位1名が脱落。
9~11節は上位4名にて、1節4回戦を行う。
※人数が4の倍数に満たない場合、ランキング最上位者を補充する場合がある。


  
第9期 RMUリーグ

順位 選手名 合計 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 11節
1 松ヶ瀬隆弥
松ヶ瀬隆弥
(北海道)
220.0 ▲8.3 ▲26.0 14.9 抜番 77.5 ▲16.8 27.5 48.7 65.7 60.6 ▲23.8
2 多井隆晴
多井隆晴
(東京都)
58.3 79.7 抜番 ▲35.3 10.7 27.2 63.1 ▲77.5 15.9 34.7 ▲29.6 ▲30.6
3 岡澤和洋
岡澤和洋
(長崎県)
▲14.7 12.5 76.9 抜番 ▲3.0 ▲11.6 ▲33.8 27.2 ▲11.3 ▲12.7 ▲48.5 ▲10.4
4 阿部孝則
阿部孝則
(東京都)
▲21.2 ▲73.1 77.6 ▲12.0 ▲72.5 ▲44.0 抜番 65.8 46.4 ▲88.7 17.5 61.8
5 河野高志
河野高志
(東京都)
▲91.5 抜番 ▲45.9 59.1 ▲22.7 ▲49.1 64.1 3.7 ▲100.7 - - -
6 谷井茂文
谷井茂文
(北海道)
▲156.9 ▲10.8 ▲82.6 ▲27.7 87.5 抜番 ▲76.6 ▲46.7 - - - -


【第9期 日程】
日時
行事名
ニコニコ生放送
AbemaFRESH!
2017/04/02 11:00 第9期RMUリーグ第1節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/06/18 11:00 第9期RMUリーグ第2節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/06/24 11:00 第9期RMUリーグ第3節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/07/01 11:00 第9期RMUリーグ第4節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/07/22 11:00 第9期RMUリーグ第5節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/08/13 11:00 第9期RMUリーグ第6節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2017/09/09 11:00 第9期RMUリーグ第7節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2018/01/06 11:00 第9期RMUリーグ第8節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2018/01/13 11:00 第9期RMUリーグ第9節 ニコニコ生放送 AbemaFRESH!
2018/01/28 11:00 第9期RMUリーグ第10節 ニコニコ生放送 Abema Fresh!
2018/02/11 11:00 第9期RMUリーグ第11節 ニコニコ生放送 Abema Fresh!


【歴代優勝者】
第1期優勝(2009) : 多井隆晴(S級)
第2期優勝(2010) : 阿部孝則(S級)
第3期優勝(2011) : 多井隆晴(S級)
第4期優勝(2012) : 谷井茂文(A級)
第5期優勝(2013) : 河野高志(S級)
第6期優勝(2014) : 多井隆晴(SS級)
第7期優勝(2015) : 阿部孝則(S級)
第8期優勝(2016) : 多井隆晴(SS級)
第9期優勝(2017) : 松ヶ瀬隆弥(B級) 最高位戦日本プロ麻雀協会 鈴木聡一郎プロによる観戦記

過去のレポート




年1回開催の会員・一般問わず参加が可能なオープンタイトル戦です。
本戦にはRMUのライセンスプロをはじめ、他プロ団体の有力プロがシードされます。


新決勝方式での大逆転!日本プロ麻雀連盟所属齋藤豪選手が逆転優勝!



順位 選手名 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 4回戦まで 新決勝方式 合計
1 齋藤豪 ▲12.3 50.1 5.1 ▲9.0 33.9 9.0 42.9
2 谷井茂文 11.1 10.1 ▲8.5 34.1 46.8 ▲4.0 42.8
3 楢原和人 24.3 ▲35.2 ▲21.4 4.8 ▲27.5 ▲3.0 ▲30.5
4 伊澤興 ▲23.1 ▲25.0 24.8 ▲29.9 ▲53.2 ▲2.0 ▲55.2

第11期(2017年)の本戦、ベスト28の結果


第11期(2017年)のベスト16,ベスト8の結果

第11期RMUクラウン放送ページ
準決勝
ニコニコ生放送
AbemaFRESH!
決勝
ニコニコ生放送
AbemaFRESH!

【歴代優勝者】

第1期 山谷克也 (一般) (レポート)
第2期 渡辺卓也 (B級) (レポート)
第3期 古久根英孝 (元S級) (レポート)
第4期 平山友厚 (会員) (レポート)
第5期 多井隆晴 (S級) (レポート)
第6期 川上貴史 (最高位戦日本プロ麻雀協会) (レポート)
第7期 岡澤和洋 (A級) (レポート)
第8期 河野高志 (S級) (レポート)
第9期 河野高志 (S級) (レポート)
第10期 伊澤興 (会員) (レポート)
第11期 齋藤豪 (日本プロ麻雀連盟) (レポート)

過去のレポート




<2017年前期クライマックスリーグ規定>
RMUリーグ在籍者と前期R1上位者(2名)がRリーグ期末にリーグ戦を行う。
リーグ戦は全10回戦の2日制。
初日は8名の総当たりで5回戦、2日目は6~8回戦は奇数・偶数順位で行い、
9、10回戦上位4名にて2回戦を行い順位を決定する。
時間打ち切りは、8回戦までは70分+1局とし、9,10回戦と新決勝方式は無制限とする。
なお、得点はすべて持ち越しとし、Aルールを採用する。

<2017年後期クライマックスリーグ規定>
RMUリーグ上位者(5名)と長崎RMUリーグチャンピオン(1名)、後期R1上位者(2名)が年度末にリーグ戦を行う。
リーグ戦は全10回戦の2日制。
初日は8名の総当たりで5回戦、2日目は6~8回戦は奇数・偶数順位で行い、
9、10回戦上位4名にて2回戦を行い順位を決定する。
時間打ち切りは、8回戦までは70分+1局とし、9,10回戦と新決勝方式は無制限とする。
なお、得点はすべて持ち越しとし、Aルールを採用する。

優勝選手がRMUリーグに所属していないライセンスプロの場合、RMUリーグへ推挙される。
(※但し、人数調整のため出場する選手はこれに該当しない。)

【歴代優勝者】
2009年優勝 : 古久根英孝(元S級) (レポート)
2010年優勝 : 河野高志(S級) (レポート)
2011年優勝 : 松ヶ瀬隆弥(アスリート) (レポート)
2012年優勝 : 壽乃田源人(元B級) (レポート1日目) (レポート2日目)
2013年優勝 : 多井隆晴(S級) (レポート)
2014年優勝 : 松ヶ瀬隆弥(B級) (レポート)
2015年優勝 : 岡澤和洋(A級) (レポート)
2016年前期優勝 : 多井隆晴(SS級) 
2016年後期優勝 : 松ヶ瀬隆弥(B級) 
2017年前期優勝 : 多井隆晴(SS級) 

2017年後期 クライマックスリーグ
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 1日目小計 6回戦 7回戦 8回戦 8回戦まで 9回戦 10回戦 新決勝方式
1 松ヶ瀬隆弥
松ヶ瀬隆弥
(北海道)
                           
2 多井隆晴
多井隆晴
(東京都)
                           
3 岡澤和洋
岡澤和洋
(長崎県)
                           
4 阿部孝則
阿部孝則
(東京都)
                           
5 河野高志
河野高志
(東京都)
                           
6 岩村義久
岩村義久
                           
7 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
                           
8 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
                           



過去のレポート




アスリートコース所属選手のみによるリーグ戦。R1・R2・R3・R4・R5の5階層からなる。
1期5節(半荘20回戦)で昇降級を競う。年2期開催。
R1~R4リーグは、1~5節まで卓組が決まっている。

Rリーグの過去の成績
2011(前期  後期
2012(前期  後期
2013(前期  後期
2014(前期  後期
2015(前期  後期
2016(前期  後期
2017(前期  後期
2018(前期  後期

2017R1リーグ後期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
163.3 65.8 ▲51.8 48.7 34.5 66.1
2 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
64.0 ▲15.9 36.9 79.6 ▲16.6 ▲20.0
3 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
54.8 ▲6.6 20.0 ▲32.2 50.9 22.7
4 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
29.6 10.0 82.5 11.1 ▲25.3 ▲48.7
5 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
25.9 ▲82.2 ▲2.2 5.9 ▲47.9 152.3
6 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
6.1 ▲36.9 40.5 10.9 5.9 ▲14.3
7 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
▲9.5 12.0 21.4 ▲56.1 59.7 ▲46.5
8 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
▲26.4 15.7 ▲25.6 39.2 ▲83.5 27.8
9 高岡凛
高岡凛
(北海道)
▲44.9 ▲24.2 ▲60.4 31.3 ▲8.4 16.8
10 梁瀬健太郎
梁瀬健太郎
(長崎県)
▲66.8 ▲62.7 ▲17.9 62.2 ▲110.8 62.4
11 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
▲86.0 65.0 ▲65.6 ▲3.6 ▲12.5 ▲69.3
12 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
▲87.8 ▲44.1 52.3 ▲67.1 24.7 ▲53.6
13 伊藤太
伊藤太
(神奈川県)
▲105.5 18.8 ▲30.0 ▲60.2 ▲5.7 ▲28.4
14 宮本卓
宮本卓
(長野県)
▲113.0 25.5 ▲58.3 ▲77.1 64.2 ▲67.3


2017R2リーグ後期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 小美野光昭
小美野光昭
(東京都)
190.1 95.5 ▲38.5 20.7 34.5 77.9
2 山下達也
山下達也
(東京都)
123.7 24.4 54.3 ▲17.3 39.0 23.3
3 萩原亮
萩原亮
(東京都)
121.8 72.2 109.8 ▲58.0 31.1 ▲33.3
4 白田みお
白田みお
(千葉県)
118.5 ▲33.5 8.4 56.1 57.1 30.4
5 小林景悟
小林景悟
(東京都)
108.9 82.5 10.0 44.0 ▲15.8 ▲11.8
6 山田田
山田田
(福岡県)
70.7 ▲18.7 32.2 97.8 ▲34.6 ▲6.0
7 太田雅洋
太田雅洋
(山口県)
67.4 68.4 20.8 ▲37.5 38.0 ▲22.3
8 楢原和人
楢原和人
(福岡県)
15.2 54.4 38.3 42.2 ▲33.8 ▲85.9
9 北島路久
北島路久
(静岡県)
15.1 ▲23.7 16.9 52.1 ▲37.2 7.0
10 半田直樹
半田直樹
(群馬県)
▲33.8 ▲31.4 ▲17.1 ▲66.9 53.8 27.8
11 野村祐三
野村祐三
(神奈川県)
▲69.6 ▲40.1 32.6 ▲1.3 ▲50.5 ▲10.3
12 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
▲107.1 12.5 ▲22.9 ▲48.9 ▲12.7 ▲35.1
13 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
▲167.1 ▲57.9 ▲92.4 ▲34.3 ▲21.7 39.2
14 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
▲243.5 ▲30.0 ▲88.3 ▲40.2 ▲32.7 ▲52.3
15 嶋﨑究
嶋﨑究
(東京都)
▲285.3 ▲204.6 ▲64.1 ▲8.5 ▲16.5 8.4


2017R3リーグ後期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 宮原諒
宮原諒
(千葉県)
150.7 10.2 30.3 61.4 13.4 35.4
2 江原翔
江原翔
(北海道)
129.9 ▲13.7 31.8 83.3 ▲11.8 40.3
3 成多嘉智
成多嘉智
(東京都)
113.7 52.5 22.4 75.0 ▲69.1 32.9
4 筒井七夜
筒井七夜
(東京都)
110.4 60.4 10.9 ▲38.4 ▲9.3 86.8
5 臼井大樹
臼井大樹
(東京都)
76.4 ▲38.2 ▲53.7 111.9 5.3 51.1
6 伊藤遼馬
伊藤遼馬
(神奈川県)
23.1 8.3 60.6 ▲60.4 ▲9.3 23.9
7 澤田惟人
澤田惟人
(埼玉県)
▲4.2 ▲35.9 28.9 ▲13.3 41.8 ▲25.7
8 里中花奈
里中花奈
(東京都)
▲5.4 ▲58.1 ▲32.4 ▲26.0 107.7 3.4
9 藤井光
藤井光
(神奈川県)
▲45.5 19.6 ▲38.5 ▲44.0 84.4 ▲67.0
10 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲65.8 30.5 ▲45.8 ▲83.7 20.3 12.9
11 狩野哲郎
狩野哲郎
(埼玉県)
▲78.0 ▲26.1 ▲51.6 8.1 13.2 ▲21.6
12 知念毅
知念毅
(埼玉県)
▲108.4 20.0 8.9 ▲40.9 ▲47.1 ▲49.3
13 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲134.4 9.5 19.0 4.1 ▲80.4 ▲86.6
14 水崎海来
水崎海来
(千葉県)
▲185.5 ▲39.0 7.2 ▲58.1 ▲59.1 ▲36.5


2017R4リーグ後期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 虎島なおき
虎島なおき
(神奈川県)
298.3 28.0 133.9 27.4 53.9 55.1
2 一条祐介
一条祐介
(長崎県)
114.0 ▲4.7 ▲15.8 26.7 23.0 84.8
3 中島浩太
中島浩太
(埼玉県)
111.8 ▲13.9 111.6 81.5 ▲55.2 ▲12.2
4 松元豊
松元豊
(鹿児島県)
71.2 34.5 ▲13.7 27.9 37.7 ▲15.2
5 田谷昌之
田谷昌之
(埼玉県)
48.3 ▲17.0 ▲22.4 17.1 39.5 31.1
6 今井伸吾
今井伸吾
(静岡県)
17.8 ▲0.2 ▲10.6 ▲2.8 21.6 9.8
7 神楽彩
神楽彩
(東京都)
▲46.7 ▲9.9 ▲26.1 1.7 ▲40.0 27.6
8 小宮悠
小宮悠
(愛知県)
▲50.6 53.3 ▲86.4 ▲75.9 65.5 ▲7.1
9 七瀬楓
七瀬楓
(神奈川県)
▲98.9 48.6 8.0 ▲34.3 ▲71.4 ▲49.8
10 小林真也
小林真也
(千葉県)
▲100.1 ▲13.6 ▲73.8 55.1 ▲22.8 ▲45.0
11 畠中正志
畠中正志
(神奈川県)
▲127.2 ▲43.3 76.4 ▲50.6 ▲33.9 ▲75.8
12 大島純
大島純
(東京都)
▲158.2 ▲30.0 ▲30.0 ▲80.1 ▲30.0 11.9
13 吉井勝英
吉井勝英
(東京都)
▲221.1 ▲72.4 ▲82.1 ▲4.7 ▲58.9 ▲3.0
14 竹内志央理
竹内志央理
(広島県)
▲272.2 ▲36.0 ▲45.0 8.0 ▲100.0 ▲99.2


2017R5リーグ後期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 寺本稜一郎
寺本稜一郎
(静岡県)
186.7 - - 11.7 99.4 75.6
2 京杜なお
京杜なお
(東京都)
165.2 113.7 ▲13.3 ▲26.3 97.5 ▲6.4
3 だてあずみ。
だてあずみ。
(兵庫県)
117.3 21.9 5.8 14.8 89.5 ▲14.7
4 三橋ひさと
三橋ひさと
(富山県)
111.7 - 161.7 ▲46.6 ▲15.5 12.1
5 草場脩兵
草場脩兵
(神奈川県)
90.1 40.7 ▲6.8 8.2 ▲45.0 93.0
6 横田千遥
横田千遥
(宮城県)
65.7 116.8 ▲9.9 56.5 ▲11.1 ▲86.6
7 新倉美紀
新倉美紀
(神奈川県)
49.4 - - 1.1 48.9 ▲0.6
8 米田泰崇
米田泰崇
(青森県)
47.2 4.2 63.4 ▲42.7 ▲2.9 25.2
9 西一
西一
(栃木県)
30.7 ▲49.1 ▲30.0 61.0 48.7 0.1
10 湯澤栄鎮
湯澤栄鎮
(東京都)
▲5.7 ▲30.0 ▲30.0 82.4 ▲17.7 ▲10.4
11 原田正吉
原田正吉
(大阪府)
▲13.6 52.2 43.4 ▲51.4 ▲3.0 ▲54.8
12 中村和幸
中村和幸
(千葉県)
▲24.4 4.6 ▲48.0 64.2 ▲36.8 ▲8.4
13 坂本亮
坂本亮
(山梨県)
▲27.4 - - - - ▲27.4
14 吉成由貴
吉成由貴
(東京都)
▲38.8 ▲91.3 1.2 65.5 15.8 ▲30.0
15 大滝浩平
大滝浩平
(新潟県)
▲53.8 ▲5.6 ▲58.6 43.9 ▲42.0 8.5
16 松本ジョー
松本ジョー
(岩手県)
▲90.3 ▲14.0 77.8 ▲35.0 ▲56.6 ▲62.5
17 建部伸幸
建部伸幸
(和歌山県)
▲90.5 ▲39.3 63.2 ▲78.3 ▲40.0 3.9
18 早坂祐介
早坂祐介
(東京都)
▲101.2 ▲6.0 ▲85.4 ▲40.8 ▲0.6 31.6
19 熊谷英秋
熊谷英秋
(千葉県)
▲130.7 ▲39.7 ▲30.0 24.0 ▲40.0 ▲45.0
20 田中賢人
田中賢人
(東京都)
▲130.9 - ▲74.9 ▲100.0 ▲44.1 88.1
21 真田智旭
真田智旭
(大阪府)
▲164.9 ▲45.0 28.8 ▲88.7 ▲30.0 ▲30.0
22 麻宮あかね
麻宮あかね
(広島県)
▲187.3 10.9 ▲53.4 ▲49.5 ▲28.0 ▲67.3
23 福丸るり
福丸るり
(千葉県)
▲277.0 ▲17.5 ▲97.0 26.0 ▲143.5 ▲45.0
24 能代谷直樹
能代谷直樹
(千葉県)
▲363.5 ▲103.5 ▲100.0 ▲100.0 ▲30.0 ▲30.0


【2017年前期日程】
日時
行事名
会場
2017/05/06 11:00 2017前期Rリーグ第1節&総会 柳銀座本店
2017/05/21 11:00 2017前期Rリーグ第2節 ぷろす(R1,2,3)
エスプリ八丁堀(R4,5)
2017/06/10 11:00 2017前期Rリーグ第3節 ぷろす
2017/07/02 11:00 2017前期Rリーグ第4節 ぷろす
2017/07/17 月祝 11:00 2017前期R1リーグ第5節 ニコニコ生放送
AbemaFRESH!
2017/08/05 11:00 2017前期R2345リーグ第5節 ぷろす


【2017年後期日程】
日時
行事名
会場
2017/09/18 月祝 10:30

2017後期Rリーグ第1節&総会

ぷろす
2017/10/15 11:00 2017後期Rリーグ第2節 ぷろす
2017/11/03 金祝 11:00 2017後期Rリーグ第3節 ぷろす
2017/12/03 11:00 2017後期Rリーグ第4節 ぷろす
2017/12/23 11:00 2017後期R1リーグ第5節 ニコニコ生放送
AbemaFRESH!
2017/12/24 11:00 2017後期R2345リーグ第5節 R2,3:赤坂ぷろす
R4,5:神楽坂ばかんす





2015年に新設した女流アスリート選手によるリーグ戦。

ティアラリーグクライマックス

2017ティアラ・クライマックスリーグの優勝は、京杜なお選手でした!!
京杜なお選手はスリアロチャンネルにて年度末に行われる「四神降臨女流王座決定戦」の切符を手にしました!

順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 新決勝方式
1 京杜なお
京杜なお
(東京都)
84.8 26.8 ▲21.1 49.8 27.7 1.6
2 白田みお
白田みお
(千葉県)
▲22.0 ▲7.7 ▲10.8 14.9 ▲16.8 ▲1.6
3 麻宮あかね
麻宮あかね
(広島県)
▲23.3 10.4 2.3 ▲19.2 ▲16.8 0.0
4 新倉美紀
新倉美紀
(神奈川県)
▲39.5 ▲29.5 29.6 ▲45.5 5.9 0.0

優勝者コメント
「今回のティアラリーグ優勝にあたって、まずは応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
麻雀歴こそ長いものの、タイトルとは無縁で来ましたが、ようやくタイトルホルダーになることが出来て、とても光栄です。
とはいえ、まだまだ至らない点も多いのは事実なので、これからも益々精進していきたいと思っています。
これからも、応援よろしくお願い致します。」



2017年は、前半は1人4半荘のリーグ戦を行い、終了後講習会を行う。
1回戦を65分プラス1局とする。
1日の対戦相手は同一面子とする。(抜け番制の場合あり。)
年間5節を行う。

2017 ティアラ・クライマックスリーグ
年間5節を通して開催された女流選手の研修リーグ「ティアラリーグ」の成績及び内容、その他タイトル戦の実績により選抜された上位者によって争われる半荘4回戦のタイトル戦。
優勝者は各種タイトル戦のシード権及び、年度末に開催されるスリアロチャンネル「四神降臨 女流王座決定戦」への出場権が与えられる。



2017 ティアラリーグ
順位 選手名 合計 1節 2節 3節 4節 5節
1 麻宮あかね
麻宮あかね
(広島県)
281.8 69.3 19.3 23.8 70.2 99.2
2 白田みお
白田みお
(千葉県)
189.8 12.4 74.7 41.6 9.2 51.9
3 京杜なお
京杜なお
(東京都)
152.5 ▲68.4 31.1 101.9 17.8 70.1
4 新倉美紀
新倉美紀
(神奈川県)
79.2 - - - 61.7 17.5
5 神楽彩
神楽彩
(東京都)
65.8 71.3 53.2 ▲78.9 69.6 ▲49.4
6 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
38.1 12.3 ▲2.4 ▲6.5 ▲33.5 68.2
7 初音舞
初音舞
(東京都)
13.7 52.8 0.6 - 17.8 ▲57.5
8 小田菜緒
小田菜緒
(佐賀県)
▲0.2 ▲0.9 ▲48.1 74.2 24.5 ▲49.9
9 だてあずみ。
だてあずみ。
(兵庫県)
▲19.5 ▲25.5 22.2 ▲47.2 53.1 ▲22.1
10 北岡あおい
北岡あおい
(東京都)
▲26.2 54.9 51.0 ▲62.4 ▲7.5 ▲62.2
11 夏目智依
夏目智依
(山形県)
▲28.1 ▲26.7 ▲67.4 - 47.4 18.6
12 七瀬楓
七瀬楓
(神奈川県)
▲49.7 - ▲40.5 49.2 ▲38.4 ▲20.0
13 福丸るり
福丸るり
(千葉県)
▲51.9 ▲3.8 - ▲27.7 32.7 ▲53.1
14 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲82.3 ▲2.7 17.3 36.6 ▲100.3 ▲33.2
15 吉成由貴
吉成由貴
(東京都)
▲87.5 ▲7.6 - ▲51.7 ▲22.4 ▲5.8
16 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
▲112.9 26.7 ▲13.8 ▲39.0 ▲49.5 ▲37.3
17 水崎海来
水崎海来
(千葉県)
▲129.5 ▲23.0 ▲9.0 - ▲57.7 ▲39.8
18 小宮悠
小宮悠
(愛知県)
▲153.9 ▲58.0 ▲45.9 ▲28.9 ▲75.0 53.9
19 里中花奈
里中花奈
(東京都)
▲173.6 ▲123.4 ▲41.4 14.0 ▲47.7 24.9
20 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
▲976.6 18.3 ▲0.9 - 26.0 ▲1000.0


【2017ティアラリーグ 日程】
日時 行事名 会場
2017/08/26 10:30 2017ティアラリーグ第1節 新橋雀笑家
2017/09/30 10:30 2017ティアラリーグ第2節 新橋雀笑家
2017/10/21 10:30 2017ティアラリーグ第3節 新橋雀笑家
2017/11/04 10:30 2017ティアラリーグ第4節 新橋雀笑家
2017/12/02 10:30 2017ティアラリーグ第5節 新橋雀笑家
2018/01/21 11:00 2017ティアラクライマックス ニコニコ生放送

Abema Fresh!







A級ライセンス・岡澤和洋を中心に立ち上げたRMU長崎。
長崎から真の麻雀プロを創出するべく、ファクトリーと同時開催しているリーグ戦。
→長崎リーグブログはこちら

長崎リーグの過去の成績
2011(前期  後期
2012(前期  後期
2013(前期  後期
2014(前期  後期
2015(前期  後期
2016(前期  後期
2017(前期  後期

第4期(2017年) 長崎RMUリーグ



第4期優勝の岩村義久プロ

優勝の岩村義久プロのコメント
「優勝出来たという、結果だけは嬉しいのですが、長崎RMUリーグ優勝には相応しくない放銃もところどころあったので、今後の対局やファクトリー等で課題を少しでも克服出来る様に修正して、今後に繋げていきたいと思います。 」

第4期(2017年) 長崎RMUリーグ成績

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節 第6節 第7節 第8節 第9節 第10節
1 岩村義久 86.3 ▲29.2 52.2 7.1 113.2 12.9 22.8 ▲49.7 55.5 18.8 ▲117.3
2 伊井克史 84.3 ▲13.2 ▲5.4 ▲89.1 ▲41.8 124.3 ▲36.9 73.6 ▲3.8 3.6 73.0
3 岸部智彦 27.4 21.7 ▲34.3 19.5 80.6 ▲52.7 0.0 ▲16.5 ▲47.1 34.4 21.8
4 岡澤和洋 ▲48.3 34.2 ▲96.3 35.3 ▲20.0 ▲15.1 2.3 51.2 ▲5.6 ▲56.8 22.5
5 廣田大輔 ▲150.7 ▲13.5 83.8 27.2 ▲132.0 ▲69.4 11.8 ▲58.6 - - -


2017後期長崎Rリーグ成績
【R1リーグ】

左から、古橋寛樹(R1優勝)、プレゼンター岡澤和洋

R1リーグ優勝 古橋寛樹選手 コメント:
今期の目標はクリアできたので、これを一つの区切りとして今後の自分と麻雀へのあり方を見つめ直してみたいと思います。まずはクライマックスリーグに全力で挑みます。

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 古橋寛樹 138.0 78.0 41.8 ▲60.4 15.0 63.6
2 平木常正 116.8 2.7 36.5 7.9 54.0 15.7
3 白石晃一 112.6 40.0 21.2 113.5 21.7 ▲83.8
4 小田菜緒 72.8 78.9 22.1 ▲61.0 28.3 4.5
5 江頭威夫貴 40.2 ▲121.6 ▲64.5 0.6 106.8 118.9
6 今田裕一 ▲64.4 ▲35.9 ▲13.8 ▲26.9 52.9 ▲40.7
7 渡辺このみ ▲177.3 ▲38.1 ▲18.1 43.3 ▲128.6 ▲35.8
8 釜本健太 ▲239.7 ▲5.0 ▲25.2 ▲17.0 ▲150.1 ▲42.4


【R2リーグ】

左から、柏井雄(R2優勝)、プレゼンター岡澤和洋

R2リーグ優勝 柏井雄プロ コメント:
前期の反省点である大崩れしない麻雀を心掛けた結果、全節プラスで優勝することができました。
指導いただきました方々には感謝しかありません。ありがとうございました。来期こそクライマックスに進めるようレベルアップしていきたいです。

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 柏井雄 142.6 14.6 1.1 43.8 31.1 52.0
2 川端由紀 77.1 ▲28.7 112.2 8.1 0.2 ▲14.7
3 間宮彬公 62.6 38.5 29.1 77.6 ▲82.8 0.2
4 中村正寛 52.0 ▲8.6 6.1 24.9 67.1 ▲37.5
5 久保周平 ▲1.0 ▲8.4 ▲23.8 33.8 ▲15.8 13.2
6 道下理恵子 ▲25.2 59.4 ▲4.8 ▲129.5 11.4 38.3
7 矢野亜里沙 ▲63.9 22.5 ▲83.6 ▲26.0 56.0 ▲32.8
8 中田俊彦 ▲130.2 ▲59.0 0.0 0.0 9.5 ▲20.7
9 酒井啓太 ▲179.0 ▲30.3 ▲36.3 ▲33.7 ▲78.7 0.0





コースを問わず全会員が参加できるリーグ戦。2017年はAルールで行う。
2014年から友好団体所属プロにも参加枠を拡大
1節4回戦で対戦者は毎回入れ替わる。予選は60分+1局の時間打ち切り制
全8節のうち任意の4節に出場し、成績上位者が準決勝以上へ進出(5節以上の出場可)

1節参加ごとに4,000円を支払う。
または、4節分をまとめて支払うと、15,000円に割引

・予選リーグのポイント1位と2位が準決勝にジャンプアップ。
・予選リーグのポイント3~6位が準々決勝にジャンプアップ。
・予選リーグのポイント7~22位が本戦に進出。

本戦・準々決勝
・本戦は7~22位の16名が同面子半荘3回戦を行い、各卓ポイント上位2名(合計8名)が準々決勝に進出。
・準々決勝は勝ちあがり8名に予選3~6位の12名が同面子半荘3回戦を行い、各卓得点上位2名(合計6名)が準決勝に進出。
30
準決勝・決勝
・準決勝は勝ちあがり6名に予選1位と2位の8名が同面子半荘3回戦を行い、各卓得点上位2名(合計4名)が決勝に進出。
・決勝は4名で半荘3回戦。

本戦~準々決勝は70分+1局。準決勝は80分+1局。決勝は時間打ち切りなし。

【2017年日程】※集合は第1会場
日時
行事名
第1会場
第2会場
2017/04/30 11:00 2017オープンリーグ(A)第1節 ばかんす エスプリ八丁堀
2017/05/28 11:00 2017オープンリーグ(A)第2節 ぷろす
2017/06/11 11:00 2017オープンリーグ(A)第3節 ばかんす エスプリ八丁堀
2017/09/17 11:00 2017オープンリーグ(A)第4節 ばかんす エスプリ八丁堀
2017/10/01 11:00 2017オープンリーグ(A)第5節 ぷろす
2017/10/22 11:00 2017オープンリーグ(A)第6節 ばかんす
2017/11/05 11:00 2017オープンリーグ(A)第7節 ばかんす
2017/11/23 木祝 11:00 2017オープンリーグ(A)第8節 ばかんす
2017/12/09 11:00 2017オープンリーグ(A)ベスト32・16 新橋雀笑家 
2018/01/27 10:45
集合
11:00
放送開始
2017オープンリーグ準決勝・決勝 ニコニコ生放送 Abema Fresh!



【歴代優勝者】
2007年前期 阿部孝則 (S級) (レポート)
2007年後期 平山友厚 (会員) (レポート)
2008年前期 飯島健太郎 (元B級) (レポート)
2008年後期 藤中慎一郎 (A級) (レポート)
2009年 平山友厚 (会員) (レポート)
2010年 江澤陽一 (B級) (レポート)
2011年 多井隆晴 (S級) (レポート)
2012年 渡辺卓也 (B級) (レポート)
2013年 多井隆晴 (S級) (レポート)
2014年 永峯龍二 (会員) (レポート)
2015年 吉田信之 (会員) (レポート)
2016年 橘哲也 (日本プロ麻雀協会) (レポート)
2017年 オワタ (会員)  

 


2017年優勝 オワタ(RMUライト会員)

【2017オープンリーグ決勝成績】
順位 選手名 所属 合計 1回戦 2回戦 3回戦 新決勝方式
1 オワタ RMU会員 38.8 14.0 23.1 6.0 ▲4.3
2 楢原和人 RMU B級ライセンス 25.3 27.1 10.1 ▲24.8 12.9
3 渋川難波 日本プロ麻雀協会 ▲7.0 ▲6.4 ▲24.7 23.3 0.8
4 中村ゆたか 麻将連合μ ▲60.1 ▲34.7 ▲10.5 ▲5.5 ▲9.4

優勝者コメント
「麻雀覚えてから18年 今日の麻雀が1番痺れました。
優勝という結果は自分の力だけではなく、周りの方々に恵まれ、手助けや助言をたくさんいただき、そこに幸運や偶然が重なったんだ思います。
これからもっと強くなれるように勉強していきたいです。」


過去のレポート


【2017オープンリーグ】(第8節終了時)(準々決勝進出条件:4節以上出場)

上位22名が準々決勝(ベスト32)進出(予選3位~6位ベスト16、1位~2位ベスト8)

順位 選手名 出場
節数
合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節 第6節 第7節 第8節
1 楢原和人 6 277.6 9.1 25.8 105.5 64.0   51.8   21.4
2 平山友厚 4 274.4 78.1   129.9 ▲44.5     110.9  
3 中村浩三 4 238.2 30.4       43.9 137.0 26.9  
4 渋川難波(協) 5 221.6   13.5 97.8   72.7 ▲37.4   75.0
5 松ケ瀬隆弥 4 213.9       42.2 39.5 57.2 75.0  
6 山本大介 6 186.7 49.6 17.3 41.6 25.6     83.4 ▲30.8
7 阿部孝則 7 136.8 7.4 ▲47.5 18.6 51.1 45.5 50.5 11.2  
8 大里幸弘 4 136.6 101.4   ▲70.7 71.6   34.3    
9 橘哲也(協) 4 129.6     44.1   46.9 26.9 11.7  
10 鶴海ひかる 4 104.2 87.0     58.4   14.9 ▲56.1  
11 白田みお 5 102.9 29.8     ▲38.8 98.1 ▲1.8 15.6  
12 オワタ 4 98.5       48.0 ▲45.2   86.7 9.0
13 小宮悠 4 89.0 52.3 ▲45.4   ▲2.4 84.5      
14 宮本卓 4 87.6 88.2 83.5   ▲8.5   ▲75.6    
15 仲川翔 4 87.4     0.1 47.4 ▲20.0 59.9    
16 秋山裕邦(協) 6 86.2 11.1 ▲55.0 62.3 29.1   0.5 38.2  
17 谷井茂文 4 80.2     44.1 ▲88.1 137.2 ▲13.0    
18 山田亮 5 73.9   ▲1.5 12.6 ▲24.6 59.1   28.3  
19 中村ゆたか(μ) 4 73.9 ▲19.6 63.2 89.2         ▲58.9
20 藤中慎一郎 5 73.5 48.8 32.4 ▲28.7 ▲44.0   65.0    
21 市村泰蔵(協) 5 72.8 6.0   34.0 13.9   8.5 10.4  
22 小平崇弘(最) 4 57.6 55.2   50.3 13.3 ▲61.2      
23 萩原亮 1 50.4   50.4            
24 関園子 6 39.1 ▲48.4 2.5 20.6   31.0 53.2 ▲19.8  
25 宮原諒 4 38.1       73.4 27.0   34.1 ▲96.4
26 小川直人(協) 2 37.2   11.2 26.0          
27 小林景悟 4 35.9   76.9   22.0   ▲6.0   ▲57.0
28 山本純平 1 28.2               28.2
29 横田哲平 1 16.3   16.3            
30 臼井大樹 4 15.8 ▲26.6 32.7 ▲28.0   37.7      
31 松本ジョー 1 11.7     11.7          
32 下出和洋(μ) 1 7.6     7.6          
33 吉田信之 8 5.2 2.4 1.9 58.2 61.9 ▲36.0 ▲59.4 ▲36.0 12.2
34 月島ひかる 1 3.9         3.9      
35 黒田翔平 4 1.5   ▲0.6   40.2   ▲22.4 ▲15.7  
36 伊澤興 5 ▲3.7 22.0 49.0   ▲18.5   3.6 ▲59.8  
37 佐熊未来(μ) 1 ▲3.7 ▲3.7              
38 渡辺太郎 1 ▲4.6 ▲4.6              
39 森山義秀 2 ▲8.6           ▲79.2   70.6
40 高塚茂樹(最) 1 ▲10.1     ▲10.1          
41 中村和幸 4 ▲17.2   ▲52.1   6.1 ▲7.2   36.0  
42 斎藤俊(協) 2 ▲19.9 15.4 ▲35.3            
43 江原翔 4 ▲20.1     77.9 ▲13.1 ▲93.7   8.8  
44 安達瑠理華 4 ▲20.1 5.4   ▲3.5   ▲16.4   ▲5.6  
45 鈴木智憲 3 ▲24.3     ▲35.7   ▲8.8 20.2    
46 村井憲昭 3 ▲27.7     32.2 2.0   ▲61.9    
47 佐野恭輔 3 ▲27.7 16.3 ▲16.7 ▲27.3          
48 横田千遥 2 ▲28.6     43.8     ▲72.4    
49 廣山美奈子(μ) 3 ▲31.0 ▲7.5       8.2   ▲31.7  
50 濱博彰(協) 4 ▲34.0 ▲19.7 ▲1.1 ▲3.8     ▲9.4    
51 山田田 1 ▲34.7         ▲34.7      
52 坂本太一(協) 4 ▲36.4 ▲23.2   65.9     ▲48.6 ▲30.5  
53 京谷麻美 3 ▲37.2     ▲89.6   48.4   4.0  
54 宮田信弥 4 ▲40.5       ▲0.2 ▲11.9   14.9 ▲43.3
55 三木敏裕(協) 1 ▲41.1   ▲41.1            
56 赤岩由美子 5 ▲48.3   ▲26.5 ▲69.7 23.4   30.0 ▲5.5  
57 新井明 2 ▲49.9 ▲12.5   ▲37.4          
58 野村祐三 4 ▲51.0 ▲75.8 80.5 ▲63.9   8.2      
59 虎島なおき 2 ▲52.0 1.9 ▲53.9            
60 黒崎有希(協) 2 ▲62.5   ▲31.4         ▲31.1  
61 中西龍 4 ▲68.7 ▲64.0   ▲60.2 43.1   12.4    
62 堀慎吾(協) 1 ▲71.1         ▲71.1      
63 安藤顕一 3 ▲71.6 ▲59.5     ▲7.8   ▲4.3    
64 芝美穂子 3 ▲77.6     ▲99.2     60.5 ▲38.9  
65 数田一 1 ▲77.9       ▲77.9        
66 荒井節子 4 ▲79.0 47.8   ▲86.1     ▲17.2 ▲23.5  
67 渡辺卓也 4 ▲83.9 1.8 ▲21.5     ▲54.0     ▲10.2
68 稲毛千佳子(μ) 1 ▲83.9 ▲83.9              
69 梁瀬健太郎 4 ▲88.2   ▲7.1 ▲62.2   ▲5.7 ▲13.2    
70 半田直樹 2 ▲89.1     ▲79.9   ▲9.2      
71 田谷昌之 3 ▲96.4 27.4   ▲47.1 ▲76.7        
72 松元豊 2 ▲97.8   ▲6.6   ▲91.2        
73 水沼利晃 5 ▲103.8 ▲44.9 87.7     ▲85.1 ▲19.0 ▲42.5  
74 麻宮あかね 5 ▲104.9 ▲8.8 4.1 11.7 ▲84.2 ▲27.7      
75 多井隆晴 2 ▲107.8 ▲8.4   ▲99.4          
76 知念毅 1 ▲111.4 ▲111.4              
77 太田雅洋 4 ▲127.1 ▲44.9 ▲73.2 ▲33.9   24.9      
78 嶋﨑究 5 ▲128.5 ▲27.4     ▲1.7 ▲79.3 2.7 ▲22.8  
79 狩野哲郎 3 ▲135.5   ▲35.9 ▲15.1   ▲84.5      
80 成多嘉智 3 ▲163.7 ▲45.5     ▲16.2 ▲102.0      
81 安田和弘 6 ▲179.6 ▲0.1   ▲11.0 ▲13.5   ▲51.1 ▲102.6 ▲1.3
82 野上陽子 3 ▲190.1 ▲60.4 ▲99.5 ▲30.2          
83 河野高志 4 ▲215.5       ▲94.8   ▲118.2 ▲76.0 73.5

協 … 日本プロ麻雀協会
最 … 最高位戦日本プロ麻雀協会
μ … 麻将連合μ
無印… RMUアスリート、RMU会員
(50音順)




2017年2月11日(土)に、麻雀スリアロチャンネルにて2016スプリントファイナル決勝が行われ、
優勝は、RMUアスリート嶋崎究選手でした!


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 新決勝方式(仮)
1 嶋﨑究 15.7 ▲8.4 26.9 ▲4.9 2.1
2 嵯峨寛彬 10.1 29.0 2.6 ▲21.0 ▲0.5
3 増田有美 ▲11.4 3.3 ▲20.2 5.8 ▲0.3
4 百田仁彦 ▲14.4 ▲23.9 ▲9.3 20.1 ▲1.3


優勝者コメント
「苦しい局面もありましたが、要所で恵まれて最後は優勝することができました。日頃からお世話になっている方々に恩返しが少しできたかと思います。当日も朝早くに調整に付き合ってくれた仲間もいて、自分は本当に恵まれているなと再確認しました。
初タイトルとなりましたが、引き続き自己研鑽に励み、さらに上を目指していきたいと思います!」



決勝観戦記はこちら




【2017スプリントカップ 概要】
スプリントトライアル(予選)として1dayのカップ戦を8戦行う。
会員、非会員問わず参加することができる。
上位22名がスプリントファイナルの出場権を得る。(同点の場合は追いついた者を上位とする)
受付時間を10:15開始~11:00終了と変更する

トライアル付与ポイント
優勝10P
2位7P
3位6P
4位5P
ベスト83P
ベスト162P
17位~(※)1P
※参加人数が80名を超えた場合、超えた人数分に付与される
※但し、36位を上限とする


【2017スプリントファイナル 概要】
・トライアルポイント1位と2位が準決勝にジャンプアップ。
・トライアルポイント3~6位が準々決勝にジャンプアップ。
・トライアルポイント7~22位が本戦に進出。

本戦・準々決勝
・本戦は7~22位の16名が同面子半荘3回戦を行い、各卓ポイント上位2名(合計8名)が準々決勝に進出。
・準々決勝は勝ちあがり8名にトライアルポイント3~6位の12名が同面子半荘3回戦を行い、各卓得点上位2名(合計6名)が準決勝に進出。

準決勝・決勝
・準決勝は勝ちあがり6名にトライアルポイント1位と2位の8名が同面子半荘3回戦を行い、各卓得点上位2名(合計4名)が決勝に進出。
・決勝は4名で半荘3回戦+新決勝方式。

本戦~準々決勝は70分+1局。準決勝は80分+1局。決勝は時間打ち切りなし。



2017スケジュール
日時
行事名
第1会場
(集合場所)
第2会場
2017/04/23 11:00 スプリントエキシビジョン(C) 全成績 ばかんす  
2017/05/07 11:00 2017スプリント第1節マーキュリー(A) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 ノーブル九段下
2017/07/09 11:00 2017スプリント第2節ヴィーナス(B) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 エスプリ八丁堀
2017/08/06 11:00 2017スプリント第3節アース(C) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 エスプリ八丁堀
2017/09/10 11:00 2017スプリント第4節マーズ(A) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 エスプリ八丁堀
2017/09/24 11:00 2017スプリント第5節ジュピター(B) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 エスプリ八丁堀
2017/10/14 11:00 2017スプリント第6節サターン(C) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 新橋雀笑家
2017/12/16 11:00 2017スプリント第7節ウラヌス(A) 全成績 (レポート) 柳銀座本店 新橋雀笑家
2018/01/07 11:00 2017スプリント第8節ネプチューン(B) 全成績  柳銀座本店 新橋雀笑家
2018/02/04 11:00 2017スプリントファイナル1日目 1日目の結果 ばかんす 
2018/03/04 10:30
集合
11:00
放送開始
2017スプリントファイナル2日目   マージャンスタジオ 


【2017スプリントポイント】第8戦ネプチューンカップ終了時)
                                           
総合順位 選手名 総合
ポイント
エキシビジョン マーキュリー ヴィーナス アース マーズ ジュピター サターン ウラヌス ネプチューン
1 あさやん 21   2 10     2   6 1
2 櫻井邦俊 17           7 10    
3 白鳥元樹 15   2     3 2 5 1 2
4 中村浩三 15           5   10  
5 瀬本裕志 14 1 3 7 2 1        
6 皆川侑亮 13 2     10         1
7 水沼利晃 12       7         5
8 成多嘉智 12 5   1   2 1   3  
9 中井昌 12   10         2    
10 仲川翔 11     1     3 7    
11 若林和明 11     1   10        
12 狩野哲郎 10                 10
13 オワタ 10     6       3 1  
14 渋谷渚 10 1 1 5   1   2    
15 中村亮太 10           10      
16 尾澤大河 9           6   1 2
17 寺西謙多郎 8               1 7
18 月島ひかる 8               2 6
19 前山浩之 8           3 2 1 2
20 谷井茂文 8         1     7  
21 吉田信之 8           2 3 3  
22 嶋﨑究 8     3     2   3  
23 藤中慎一郎 7       3 2     1 1
24 赤岩由美子 7             6   1
25 遠藤曜子 7     1 5         1
26 山本大介 7     1 3       3  
27 大仲勇樹 7         7        
28 春田陽一郎 7   7              
29 虎島なおき 6               5 1
30 入野訓 6         6        
31 本間雄大 6       6          
32 張替雅人 6   6              
33 畑内健志 6 4 2              
34 中西龍 5             3   2
35 藤津牡丹 5         2 1     2
36 楢原和人 5 3         1     1
37 南地祐圭 5           3 2    
38 澤田惟人 5         5        
39 五十嵐薫 5   2   3          
40 稲岡佑介 5   2 3            
41 髙瀬裕嗣 5   5              
42 山口直人 4         1       3
43 太田雅洋 4       2         2
44 森山義秀 4             2 2  
45 梁瀬健太郎 4   1     1   2    
46 白田みお 4       2 2        
47 木原孝文 4     2   2        
48 小平崇弘 4   1   3          
49 細見洋正 4   2 2            
50 坪井竜作 3                 3
51 中尾駿 3                 3
52 筒井七夜 3                 3
53 勝目泰 3           1     2
54 小柳出健二 3   1           2  
55 荒井節子 3           2   1  
56 横田千遥 3         2     1  
57 芝美穂子 3             3    
58 増田悠理 3           3      
59 川村健一 3   1       2      
60 山田亮 3     2     1      
61 関本宗彦 3   2       1      
62 松本ジョー 3         3        
63 小宮悠 3         3        
64 石川智彦 3         3        
65 山越貴広 3   1   2          
66 大里幸弘 3   1   2          
67 阿部孝則 3 1     2          
68 小林大地 3     3            
69 西出望 3     3            
70 コバ 3   1 2            
71 福田聡 3   3              
72 田島祥五 3   3              
73 安達瑠理華 3   3              
74 安藤翔 2                 2
75 島方武司 2               1 1
76 金子美智子 2   1             1
77 ますとみともみ 2               2  
78 宗形周平 2               2  
79 三井一泰 2               2  
80 麻宮あかね 2               2  
81 小川貴愛 2               2  
82 寺坂直樹 2         1     1  
83 元島由晶 2     1         1  
84 鵜飼基史 2             2    
85 小渕裕子 2             2    
86 今中正宗 2           2      
87 福山純生 2           2      
88 篠崎彰 2     1     1      
89 江澤陽一 2         2        
90 稲毛千佳子 2         2        
91 野村祐三 2     1   1        
92 秋山裕邦 2       2          
93 近藤一俊 2       2          
94 竹内志央理 2     2            
95 徳永英二 2     2            
96 伊澤興 2     2            
97 臼井大樹 2     2            
98 若林貴大 2   1 1            
99 手塚ゆり 2   1 1            
100 水谷学 2   2              
101 増村一也 1                 1
102 福島哲 1                 1
103 佐々木咲 1                 1
104 児島裕太 1                 1
105 りんのなお 1                 1
106 田島祥伍 1                 1
107 亀山亜土 1                 1
108 坂巻稔永 1                 1
109 中川原舞 1                 1
110 三橋ひさと 1                 1
111 西田佳正 1                 1
112 五輪和敏 1               1  
113 一方井潤 1               1  
114 宮田信弥 1               1  
115 平山友厚 1               1  
116 神尾亮 1               1  
117 松崎真也 1           1      
118 村井憲昭 1           1      
119 下出和洋 1           1      
120 渡辺卓也 1           1      
121 浜田敬一 1           1      
122 川上良介 1         1        
123 作花秀敏 1         1        
124 鶴海ひかる 1         1        
125 江原翔 1         1        
126 山下達也 1         1        
127 沓澤雄飛 1     1            
128 市村泰蔵 1     1            
129 長田裕志 1     1            
130 関園子 1     1            
131 田谷昌之 1     1            
132 レレレ 1     1            
133 七瀬楓 1     1            
134 大野晴康 1     1            
135 井上栄典 1     1            
136 山下義彰 1     1            
137 大野公久 1   1              
138 稲波崇 1   1              
139 海老沢稔 1   1              
140 中島慶紀 1   1              
141 桑原俊之 1   1              
142 川村雅 1   1              
143 山崎正善 1   1              
144 福田早希 1   1              
145 ワルプルギス佐藤 1   1              
146 武中真 1 1                


【歴代ファイナル優勝者】
2007年 優勝 : 谷井茂文(B級) (レポート)
2008年 優勝 : 吉田信之(会員) (レポート)
2009年 優勝 : 仲大底充(元B級) (レポート)
2010年 優勝 : 谷井茂文(A級) (レポート)
2011年 優勝 : 寺本喜一(一般) (レポート)
2012年 優勝 : 筒井七夜(一般) (レポート)
2013年 優勝 : 野村祐三(アスリート) (レポート)
2014年 優勝 : 木村弟(会員) (レポート)
2015年 優勝 : 仲川翔(B級) (レポート)
2016年 優勝 : 嶋崎究(アスリート) (レポート)

過去のレポート



RMUリーグ

クラウン

クライマックスリーグ

Rリーグ

ティアラリーグ

長崎リーグ

スプリントカップ

オープンリーグ

過去のレポート



   



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.