2011RMUアワードが決定
2011年度のRMUアワードが決定いたしました!
(敬称略)

昨日行われましたクライマックスリーグは、
HPやブログですでに発表の通り、
松ケ瀬隆弥選手の優勝でした。
また、4月7,8日に行われました長崎あじさい記念をもちまして
2011年度のすべての行事が終了いたしました。


これにより、
2011年度のRMUアワード全部門が決定いたしました!
表彰は例年通り、スプリントカップ第1戦(5月6日)にて行います。
【RMUアワード最多勝】 多井隆晴 44☆ 仲川翔 35 野村祐三 30 【RMUアワード最優秀順位率】 (規定対局数アスリート50ライト40) 多井隆晴 2.24☆ 仲川翔 2.26 宮本卓 2.30 【RMUアワード最多得点】 多井隆晴 754.8☆ 仲川翔 387.6 野村祐三 347.2 そして、 【RMUアワード最優秀選手】は、 多井隆晴 2012年度も4月15日Rリーグよりスタートします。 2012年もRMUをよろしくお願い致します。

2011長崎あじさい記念優勝は、廣田大輔プロ!!
 

写真左プレゼンター:深津海帆選手 右:廣田大輔プロ

 

2012/4/7,8に2011長崎あじさい記念が行われ、 廣田大輔プロが優勝しました。

優勝 廣田大輔プロ
準優勝 川端由紀選手
第3位 河野高志プロ
第4位 多井隆晴プロ

惜しくも準優勝は川端由紀選手。
河野高志プロ、多井隆晴プロを抑え大健闘でした!

写真左:川端由紀選手 プレゼンター:岡澤和洋プロ

レポートは後日、WILDCATSのブログに掲載予定です!



2011クライマックスリーグ優勝は松ヶ瀬隆弥選手!!
 

2012/3/17,18に2011クライマックスリーグが行われ、 アスリート松ヶ瀬隆弥選手が優勝しました。


優勝 松ヶ瀬隆弥 +76.3
2位 渡辺卓也 +39.4
3位 仲川翔 +37.8
4位 河野高志 +35.2
---以下、8回戦終了時、足切り
5位 多井隆晴
6位 阿部孝則
7位 谷井茂文
8位 鈴木智憲



2011年後期Rリーグ全節終了。R1優勝は松ヶ瀬隆弥選手!
2012/3/3に2011年後期Rリーグが終了しました。
優勝の松ヶ瀬隆弥選手(アスリート)と準優勝の鈴木智憲プロ(B級)がクライマックスリーグ進出決定です。

Rリーグの成績はこちら

優勝 松ヶ瀬隆弥
今期は全体的に自分のバランスで勝負する事ができ、結果もついて来たのでR1リーグで優勝できましたが失敗した局面が多々あり、まだまだ勉強不足な点は否めません。次のクライマックスリーグでは胸を借りるつもりではなく、勝ちに行くつもりで対局に臨みます。


R1 準優勝 鈴木智憲
今期の最終節は結果ほど悪くなかったと感じていますが、それでも60P弱もマイナスしてしまったのは弱いからに他ありません。せっかく首位の松ヶ瀬選手が沈んでくれたのに、情けない限りです。これでRリーグ開設時から考えると、優勝1回に準優勝3回(R2決勝の1回含む)。もう2位は飽きたので、次期は優勝だけ狙います。まあ、クライマックスリーグを優勝すればRMUリーグですが、先人達が許してくれないだろうし、それはそれで色々とマズイですからね…(笑

その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 宮田伸弥
今までリーグ戦では不ツキを実力でカバーできなかった気がするけど、今期はリーグ戦初役満をアガったり、ドラが固まったチンイツを2回もアガったりと、ツキに恵まれたと思います。来期は初のR1ですが、内容のある麻雀を打って、すぐに落ちないよう頑張りたいです。

R2 準優勝 石川泰之
今期は「らしく」もなく無駄な放銃が少なく、かなり安定した戦いが出来たと自分では思っています。私事ではありますが、ここ最近役満をあがり過ぎていて、リーグ戦当日も「今日は役満あがれるかなぁ…」なんて思っていたら…最終戦のオーラスで四暗刻をあがってしまいました(笑) ちょっと気持ち悪いですね。 さて、来期はR1に復帰という事ですが、以前にクライマックスリーグの権利を得たにも関わらず後期で降級してしまい権利を無くすというかなりしょっぱい思いをしたので、その悔しかった想いを胸に刻んで対局に望みたいです。 またR1リーグを混沌の渦に巻き込んでやりますよっ!

R2 3位 山下健治
前期は情けない成績でR1から降級し、本当に不甲斐ない一年でした。トップ2着と昇級がみえてきた3回戦。大きいラスとなり、最終戦は宮本選手との着順勝負。別卓のため、できればトップで終わりたい。東1局から本手が決まり、ハネ満出アガりスタート。オーラスの親、48900点トップ目。高打点の手牌をまとめることができず、石川プロの四暗刻で16000点の親かぶりで2着。宮本選手は3着で対局終了。1500点の僅差で昇級することができました。来期はクライマックスリーグ進出を目指し頑張ります。

R3 優勝 江原翔
前期惨敗しての今期リーグ戦でしたので、1期でR2に復帰出来たのは、ホッとしています。内容は今期を通じて淡泊な放銃が多かったです。それ以上にアガれたから、何とか優勝できましたが、来期は攻守のバランスにもう少し気をつけて臨みたいと思います
R3 準優勝 伊藤太
勝ちきるために、オリるべきところではしっかりとオリようと心に誓って対局に臨みました。最後は同卓の大渕選手を逆転しトータル2位での昇級。ホっとしています。

2011長崎ウェスタンカップ優勝者は多井隆晴プロ!
 
 


写真左プレゼンター:川端由紀選手 右:多井隆晴プロ


2月25日(土)RMU長崎ウェスタンカップが開催され、ライセンスS多井隆晴プロが優勝しました!


レポートは後日、WILDCATSのブログに掲載予定です!



2011スプリントファイナル優勝者は寺本喜一選手!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦いました。
2月18日(土)11時より柳勝どき店にて、2011スプリントファイナル2日目が開催されました。


5回戦の激戦の末、優勝を飾ったのは、寺本喜一選手でした!

最終結果
寺本喜一 86.5
柳井隆道 62.1
武中真 ▲ 74.8
河野高志 ▲ 73.8

寺本選手
「去年は準優勝だったので、その借りを返すことができました。軽い手が続けて入ってきてくれたので、それが勝因だと思います」

レポートはこちら




2011スプリントファイナル決勝進出者決定!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦います。
2月5日(日)11時より柳勝どき店にて、2011スプリントファイナル1日目が開催されました。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。

その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。


A卓 河野高志 豊田武夫 松ヶ瀬隆弥 水沼利晃
勝ちあがりは、1位通過 松ヶ瀬隆弥。2位通過 河野高志
B卓 野村祐三 柳井隆道 寺本喜一 内田良太朗
勝ちあがりは、1位通過 寺本喜一。2位通過 柳井隆道。


準決勝
C卓 仲川翔 武中真 松ヶ瀬隆弥 柳井隆道
勝ちあがりは、1位通過 柳井隆道。2位通過 武中真。

D卓 宮田信弥 渋谷渚 河野高志 寺本喜一
勝ちあがりは、1位通過 寺本喜一。2位通過 河野高志


スプリントカップ順位順、敬称略)

決勝進出者は、柳井隆道、寺本喜一、武中真、河野高志です。
ファイナルは、2月18日(土)
会場は、柳・勝どき店にて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。



2011スプリントファイナルの準々決勝・準決勝の卓組決定!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦います。
2月5日(日)11時より柳勝どき店にて、2011スプリントファイナル1日目が開催されます。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。

その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。


A卓 河野高志 豊田武夫 松ヶ瀬隆弥 水沼利晃
B卓 野村祐三 柳井隆道 寺本喜一 内田良太朗

準決勝(15時集合)
C卓 仲川翔 武中真 A卓1位 B卓2位
D卓 宮田信弥 渋谷渚 A卓2位 B卓1位

スプリントカップ順位順、敬称略)

セミファイナルは、2月5日(日)
ファイナルは、2月18日(土)
会場は、両日 柳・勝どき店にて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2010スプリントファイナル優勝:谷井茂文プロ



2011RMUリーグ優勝はライセンスS多井隆晴プロ!!
 

2011RMUリーグ優勝は、ライセンスS多井隆晴プロでした。

優勝 多井隆晴
2位 河野高志
3位 谷井茂文
4位 阿部孝則
(敬称略)
【2011RMUリーグ成績】
順位 選手名
合計
1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節
1 多井隆晴 316.2 ▲22.3 6.8 ▲14.7 45.2 83.3 25.9 50.9 55.5 72.9 12.7
2 河野高志 249.3 95.5 144.4 ▲6.4 72.4 ▲80.6 ▲81.4 71.3 1.8 1.1 31.2
3 谷井茂文 ▲293.2 ▲22.2 ▲60.4 48.7 ▲24.8 ▲71.9 25.8 ▲76.7 ▲40.3 ▲128.4 57.0
4 阿部孝則 ▲314.3 ▲51.0 ▲90.8 ▲27.6 ▲93.8 69.2 29.7 ▲46.5 ▲57.0 54.4 ▲100.9

◆優勝コメント

多井隆晴プロ
「ここ最近、自分の雀力に見合わない結果が出ていて、少し戸惑っています。
タイトルを獲って嬉しい気持ちは当然ありますが、
それ以上に自分の未熟さに落胆しています。
そこに気付けるようになっただけ、少しは成長しているんでしょうけど・・・。
それでもまだまだ自分を誉めたいとは思えないです。
これからもRMUリーグのメンバーを中心に、
お互いに刺激し合って、団体全体で成長していきたいです。」

レポートはこちら


2011オープンリーグ優勝はライセンスS多井隆晴プロ!!
 

2011オープンリーグ優勝は、ライセンスS多井隆晴プロでした。

優勝 多井隆晴
2位 山田田
3位 吉田信之
4位 谷井茂文
(敬称略)
【2011オープンリーグ決勝成績】
順位
選手名
合計
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
5回戦
1 多井隆晴 65.2 ▲11.1 8.9 10.3 ▲15.0 72.1
2 山田田 6.0 12.6 ▲27.9 26.7 34.2 ▲39.6
3 吉田信之 5.2 ▲30.1 31.6 ▲4.3 15.9 ▲7.9
4 谷井茂文 ▲77.4 28.6 ▲12.6 ▲32.7 ▲35.1 ▲25.6

◆優勝コメント

多井隆晴プロ
「試合前のイメージで、『こういう内容を見せられたらいいな』と考えていたものがあったんですが、雀力不足でうまくいかないところも多くありました。

ライセンスプロには、この機会に僕を倒して優勝して欲しかったんですけど、結果的にはイマイチでしたね。あんまり僕ばっかり勝っていると、僕もみんなもファンもつまらないと思っています。

僕が好調でもみんなが僕を倒してしまうという対局を期待しているので、みんなにもっと勉強して、頑張ってもらいたいところです」

レポートはこちら


ネプチューンカップ優勝は最高位戦日本プロ麻雀協会三ヶ島幸助プロ!
 

写真左:三ヶ島幸助プロ 右:プレゼンター安達瑠理華

2011スプリントカップ第8戦ネプチューンカップ優勝は、
三ヶ島幸助プロでした。

優勝 三ヶ島幸助
2位 山下健治
3位 浜崎悠
4位 鎌田文直
(敬称略)

◆優勝コメント

三ヶ島幸助プロ
「1回戦の東発に先に処理しなきゃいけない牌を持ってしまい、手詰まりで12000点を放銃してしまった。しかし、大変状態が良く、小四喜も上がることができ、一日通して集中力を切らさずに打ち切ることが出来ました。また、最高位戦や麻将連合μの仲間たちとセットを打ち、切磋琢磨したことも、今日の優勝に結びついたと思います。」

レポートはこちら


新年 RMU代表 多井隆晴 挨拶

 

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

この度の東日本大震災により、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様、並びにご家族の方々に対しましても心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

今後とも、麻雀を通じて少しでも社会貢献が出来るよう、
会員一同尽力してまいりますので、
より一層のご支援ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2012年 元旦

RMU代表 多井隆晴





2011長崎クリスマスカップ優勝は、徳王丸竜矢さん!
 



2011長崎クリスマスカップは、徳王丸竜矢さん(一般)でした。

1位 徳王丸竜矢
2位 平木常正
9位 川端由紀
6位 伊井克史プロ(B級)

(敬称略)

写真、レポートは こちら


阿部孝則(S級)がRMU公式戦通算100勝を達成
2011スプリント⑦ ウラヌスカップ(A)3回戦で阿部孝則(B級)がRMU通算100勝を達成しました。
401戦目での達成です。

阿部孝則プロコメント
「100勝記念ということですが、達成感や嬉しさは全くありません。
というのも今期はこれまでの成績が非常に悪く、
色々な事を考え迷い、まさに苦悩の一年となってしまったからです。
しかしながら自分が出来る事、やらなければいけない事は、
まだまだ沢山残っているはずなので、
これを期に初心に還るつもりで日々精進していきたいと思っております。
今後も応援よろしくお願いいたします。」
2011オープンリーグの決勝進出者決定
 



2011オープンリーグの決勝進出者決定は、
寺写真左より、

山田田プロ(B級)
吉田信之選手(会員)
多井隆晴プロ(S級)
谷井茂文プロ(A級)

(敬称略)

レポートはこちら


ウラヌスカップ優勝は寺本喜一さん!
 

写真左:寺本喜一さん 右:プレゼンター多井隆晴

2011スプリントカップ第7戦ウラヌスカップ優勝は、
寺本喜一さんでした。

優勝 寺本喜一 +82.4
2位 渋谷渚 +51.9
3位 梁瀬健太郎 +43.3
4位 宮田信弥 +23.2

(敬称略)
(全試合終了時)

◆優勝コメント

寺本喜一さん
「準決勝で自摸った四暗刻の勢いで決勝もなんとか乗り切れました。
去年のスプリントファイルでは谷井プロに負けたので今年こそは勝ちたいです。

レポートはこちら


2011オープンリーグの準々決勝・準決勝の卓組決定!
 
 

今年の5月から8節に渡って行われてきた2011オープンリーグも予選を終了し、12月10日(土)にセミファイナルが行われます。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。
その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。

準々決勝A卓:山田田鈴木智憲深津海帆、内田良太朗
準々決勝B卓:平山友厚、渋谷渚、赤岩由美子、壽乃田源人

準決勝A卓:野村祐三、多井隆晴、A卓1位、B卓2位
準決勝B卓:吉田信之、谷井茂文、B卓1位、A卓2位
予選順位順、敬称略)

セミファイナルは、12月10日(日)
ファイナルは、1月14日(土)
会場は、両日 神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2010オープンリーグの優勝:江澤陽一プロ



多井隆晴プロの麻雀アカデミー好評につき開催延長決定!
 

11月は、第1週と第2週の11月1日(火)と11月8日(火)。
開始時刻は両日共に19:00です。

前回参加されていない方でも、麻雀初心者の方でも、
日本最高峰の技術と思考を学ぶことができるチャンスです。
奮ってご参加ください。
参加費は、各日3,500円です。

次回のテーマは「最速最強の捨て牌読み」です。

尚、申し込みは直接「雀友倶楽部」にて行っています。
詳細は、こちらです。

また、11月2日(水)、11月16日(水)は17:00~20:0022:00でゲスト対局DAYです。
皆様のご来店をお待ちしております。
筆者も両日参加します!よろしくお願いいたします。



サターンカップ優勝はアスリート松ヶ瀬隆弥!
 

写真左:松ヶ瀬隆弥選手 右:プレゼンター多井隆晴

2011スプリントカップ第6戦サターンカップ優勝は、
アスリートコース松ヶ瀬隆弥選手でした。

優勝 松ヶ瀬隆弥 +95.7
2位 豊田武夫 +81.7
3位 武中真 +43.7
4位 安藤顕一 +39.4

(敬称略)
(全試合終了時)

レポートはこちら


2011後期Rリーグ開幕!
 

2011後期Rリーグが開幕致しました。
昨日、RMUクラウンを闘った内田良太朗選手と山下健治プロが好調なスタートを切りました。
両選手ともに、クラウン決勝の翌日ですが緊張感を持って闘い抜きました。

結果はこちらです。

第5期クラウン決着。優勝はライセンスS多井隆晴プロ!
RMUクラウン決勝ポイント
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦
1 多井隆晴 32.9 ▲28.5 46.0 ▲7.7 ▲4.0 27.1
2 山下健治 16.2 24.5 2.0 ▲20.0 45.6 ▲35.9
3 谷崎舞華 ▲13.6 ▲5.0 ▲15.2 23.9 ▲27.4 10.1
4 内田良太朗 ▲35.5 9.0 ▲32.8 3.8 ▲14.2 ▲1.3
決勝レポート
多井隆晴プロのコメント
「1回戦が集中できていなかったが、2回戦からは集中して対局に望みました。
また、要所要所で自分らしさを出せたと思います。
今回は最終戦でみんなが勝つチャンスがあったと思いますが、私がミスが一番少なかったのかなと思います。」
多井隆晴プロのゲスト対局の模様!
 

10月19日(水)。17:00-22:00の5時間にわたり、秋葉原の雀友倶楽部にて、多井プロのゲスト対局が行われました。

筆者は仕事のため、参加することができませんでしたが、大盛況だったと聞いております。
参加された皆様。ありがとうございました。


尚、来月11月も麻雀アカデミーゲスト対局が開催されます。
申し込みは直接「雀友倶楽部」にて行っています。
詳細は、こちらです。

11月1日(火)終了 11月8日(火) 麻雀アカデミー
11月2日(水)終了 11月16日(水) ゲスト対局
皆様のご来店をお待ちしております。



4団体対抗戦「四神降臨」の最終結果!
 


2011 9/30 18:00より、ニコニコ生放送にて4団体対抗戦「四神降臨」が放映されました。

優勝 最高位戦日本プロ麻雀協会
2位 麻将連合(μ:ミュー)
3位 日本プロ麻雀協会
4位 RMU

多井代表のコメント
「結果は残念でしたが、この企画に対し、たくさんの方々から高評価を得られたと聞いております。
そういう意味では、業界ならびにRMUの発展にとって、非常に大きなことだったと嬉しく思います。
次の機会には、もう少し結果を…と、お約束しておきます!」



4団体対抗戦「四神降臨」が9/30 18:00ニコニコ生放送決定!
 


2011 9/30 18:00より、ニコニコ生放送にて4団体対抗戦「四神降臨」が放映されます。

RMUから出場する選手は、
先鋒戦:谷井茂文プロ(A級)
次峰戦:阿部孝則プロ(S級)
副将戦:安達瑠理華
大将戦:多井隆晴プロ(S級)
の4名です。

皆様の応援よろしくお願いいたします。

  最高位戦日本麻雀プロ協会 日本プロ麻雀協会 麻将連合 RMU
先鋒戦 石橋伸洋 金太賢 小林剛 谷井茂文
次鋒戦 村上淳 須田良規 武則輝海 阿部孝則
副将戦 石井あや 大崎初音 清水あすか 安達瑠理華
大将戦 土田浩翔 五十嵐毅 井出洋介 多井隆晴

選手の直前インタビューを公式Blogに掲載しています。


オフィシャルページはこちら
2011前期長崎リーグの優勝者コメントが届きました!

プロリーグは岡澤プロ自身のコメント、Aリーグ、Bリーグは岡澤プロの講評です。

長崎リーグの結果はこちら

プロリーグ優勝:岡澤和洋プロ
「伊井プロ、岩村プロがリーグ優勝して、「次は私が優勝」の気持ちを込めて今回、臨みました。 第一節のマイナスポイントは着順の割りには満足していましたのでさほど気になりませんでした。 プロリーグ第三期は完璧な麻雀が打てて満足しています。ベテランに連覇されないように精進して ください。」




Aリーグ優勝:古橋寛樹選手
「RMUクラウン長崎予選では準優勝で本戦切符を掴み、リーグ戦は全節+ポイントの完全優勝、 26半荘ラス無しの記録更新中、成長著しい選手です。 プロ見習いとしてプロリーグ入り、後期はどんな戦い振りを見せてくれるか楽しみにしています。 (岡澤プロ講評)」

Bリーグ優勝:佐野木智貴選手
「第一節で133・6Pを叩き出し、最終節はライバルの中村靖志選手を蹴落とし、初優勝! 教育リーグから2年、見事Aリーグ入りを果たしました。 (岡澤プロ講評)」

ジュピタ-カップ優勝はアスリート野村祐三!
 

写真左:野村祐三選手 右:プレゼンター多井隆晴

2011スプリントカップ第5戦ジュピターカップ優勝は、
アスリートコース野村祐三選手でした。

優勝 野村祐三 +162.3
2位 渡部圭  + 96.2
3位 豊田武夫 + 78.5
4位 仲川翔  + 67.0

(敬称略)
(全試合終了時)

◆優勝コメント

野村祐三選手
「先日に行われたファクトリーでは多井代表に怒られてばっかりでした。それで謙虚な気持ちで試合に挑むことができ一打一打丁寧に打つことができました。 優勝後はいろいろダメ出しされて自分はまだまだだなぁと実感することが出来ました。 勝って兜の緒を締める気持ちでこれからの試合に挑みます。応援よろしくお願いいたします」

レポートはこちら


2011長崎イースタンカップ優勝はライセンスB岡澤和洋プロ!
 

写真右:岡澤和洋プロ

2011長崎イースタンカップ優勝はライセンスB岡澤和洋プロでした。
準優勝は昨年あじさい記念優勝の多井隆晴プロでした。

決勝の模様、優勝者のコメントはワイルドキャッツのHPに掲載されます。


2011前期Rリーグ全節終了。
R1優勝はライセンスB仲川翔プロ!
2011/9/4に2011前期Rリーグが終了しました。
優勝の仲川翔プロ(B級)と準優勝の鈴木智則プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権獲得です。

優勝インタビューはこちら

優勝 仲川翔プロ
「久々に勝てました。3年ぶり2度目のリーグ優勝ということで、素直に嬉しいです。とりあえずは、後期に降級してCLの出場権をウッカリ無くさないよう気を付けないとですね(笑)
今期の勝因を挙げるとすれば、最近になって応援してくれる人が増え、たくさんのエールを貰って良いメンタルで対局へ向かえるようになったのが非常に大きいと思います。
今年はスプリントカップも調子が良いため、CLやスプリントファイナルで活躍し、皆さんへ恩返しをしたいですね。あとこれは個人的な話ですが、対局直後に撮影したインタビュー動画が『今までで一番つまらなかった』と後輩達から煽られまくったので、次こそは面白いものをお見せしたいです(笑)」



R1 準優勝 鈴木智則プロ
「まずはクライマックスリーグに出場出来る2位に食い込むことができ大変嬉しく、また同時に驚いています。
第4節に競技麻雀人生でワーストの負けを記録し、ほぼ諦めていましたが、最終節は
『自分の打てる麻雀を打ち、あとはなるようになるだろう』というくらいの気持ちで臨みました。
とは言え、降級もあり得たので少し緊張していましたが。。。
1回戦に我ながらうまく打てたという感触があり、2回戦もそのままツキを持続させる事ができ、
一日を通して言えば、良い内容の麻雀が打てました。後期は集中力を維持し、安定した麻雀を打ち続ける事を目標とし、全節プラスを目指します。
もう少しでクラウンもあります。オープンリーグ、クラウンとさらに気合いを入れて行きます!」

R1への昇級者コメント紹介
R2 優勝 渡辺卓也プロ
「やっと優勝できました~。2回戦藤中さんに四暗刻親っかぶらされて、みんなしてツモツモいって南場の親もなくなって残り4700点のところから2着になれたのがでかかったなぁ。
他の卓を観てるだけでも緊張するような、ヒリヒリ感がめちゃめちゃ楽しかったです! 
R1でも頑張りやす!」

R2 準優勝 内田良太郎選手
「日曜日が対局だというのに、火曜日にぎっくり腰になり、金曜日には38℃の高熱を出してしまい、なかなか難しい対局を迎えました。
なんとか目標であった昇級を果たしてホッとしているというのが正直な心境です。
来期はR1でどこまで戦えるか、不安と共にワクワクしています。
どうぞ応援よろしくお願いします! 」

R2 3位 藤中慎一郎プロ
「いろいろな人に叱咤激励されながらやっと昇級出来ました。応援してくれていた人も少しはいて、最後の最後までしびれる展開で、手に汗を握って見てくれていたのでしょう。応援ありがとうございました。
R1ではもっといい麻雀を打ってRMUリーグを目指したいと思います」

R2への昇級者コメント紹介
R3 優勝 梁瀬健太郎選手
「競馬に例えるなら、逃げ馬がゴール手前200で脚が鈍り、後続が一気に差してくるという展開になりつつも、何とか二の足を使いゴールを駆け抜けた感じです(汗)。
来期はR2での戦いになりますが、まずは中段から前をキープできればいいかなと思っています。」
毎節が厳しい戦いになるのは間違いないので、緊張感と集中力を程よく高めて臨みたいと 思います。」
R3 準優勝 野村祐三選手
「最終節が始まる前は精神的にわたしが一番プレッシャーがなく打てる順位、立場にいるなと思っていました。又、オープンリーグの好調を持続できたのも勝因だと思っています。最後は昇級者として多井代表に呼ばれるまで信じられませんでした。
来期も昇級してストレートでR1を目指したいと思っています。応援よろしくお願いいたします」

マーズカップ優勝は最高位戦所属武中真プロ!
 

写真左:武中真プロ 右:プレゼンター北岡あおい

2011スプリントカップ第4戦マーズカップ優勝は、
最高戦プロ麻雀協会所属武中真プロでした。

優勝 武中真    +78.1
2位 内田良太朗  +54.8
3位 村本拓郎   +27.9
4位 仲川翔     +18.1

(敬称略)

(全試合終了時)


◆優勝コメント

武中真プロ
「最近は仕事の都合もあって、なかなかスプリントカップに出られませんでした。縁がない大会かと思ってましたけど、こういう結果になって本当に嬉しいです」

レポートはこちら


2011RMUクラウンの長崎予選が終了!
 

8月7日 長崎にて、2011RMUクラウンの予選が行われました。
予選4回戦、準決勝、決勝と6回戦を戦い抜いた2人が、10月9日(日)に行われる本戦へ駒を進めました。

写真上 予選1位通過 柏井雄選手
写真下 予選2位通過 古橋寛樹選手

当日の模様は近日岡澤プロによる観戦記がWILD CATSのHPで公開される予定です。



アースカップ優勝は水沼利晃さん!
 

写真左:水沼利晃さん 右:プレゼンター深津海帆

2011スプリントカップ第3戦アースカップ優勝は、
水沼利晃さんでした。

優勝  水沼利晃  +148.9
2位   河野高志  +118.8
3位   宮田信弥  + 91.0
4位   コウ     + 21.2
(敬称略)

(全試合終了時)


水沼さんは2009ジュピターカップにつづくスプリントカップ2勝目です。おめでとうございます。

決勝戦では、ライセンスS河野高志、ライセンスB宮田伸弥、2010ウラヌスカップ決勝進出のコウさんの追撃をことごとく撃破し、危なげない優勝でした。


◆優勝コメント

水沼利晃さん
「素直に嬉しいです。去年の競技成績がかなり悪くて、もうやめたくなるほどでした…。そこからなんとか調子を戻してこういう結果になりました」

レポートはこちら


山下健治(B級)がRMU公式戦通算100勝を達成
2011オープンリーグ第4節1回戦で山下健治(B級)がRMU通算100勝を達成しました。
398戦目での達成です。

昨年度中の到達を目標としていましたが達成できませんでした。
今年度もトップが遠く、達成したとはいえ、
素直に喜ぶことはできませんが、
これをきっかけに浮上したいと思います。
藤中慎一郎(A級)がRMU公式戦通算100勝を達成
2011Rリーグ前期第2節4回戦で藤中慎一郎(A級)がRMU通算100勝を達成しました。
388戦目での達成です。

素直に100勝達成を喜んではいますが、
自分では遅い達成かなと思っています。
すでに100勝達成して、
200勝に向けて勝利を積み重ねている人たちが何人もいますので、
その人たちにいち早く追いつけるように、
努力を怠ることなく精進し続けたいと思います。
天鳳名人戦に多井隆晴プロ参戦決定!
 
オンライン対戦麻雀「天鳳」で、天鳳名人戦が開催されます。
観戦は無料となっておりますので、是非観戦、応援お願いいたします。
詳しくは下記ページをご覧ください。
http://tenhou.net/cs/201106tm/

【イベント名】 天鳳名人戦
【日程】 2011年06月26日(日) 天鳳名人戦 第1節
解説者 新津 潔(最高位戦日本プロ麻雀協会) 五十嵐 毅(日本プロ麻雀協会)
生放送開始時刻20:00~
A卓一回戦開始時刻20:20~(予定)
B卓一回戦開始時刻21:00~(予定)

2011年08月07日(日) 天鳳名人戦 第2節(予定)
2011年09月03日(土) 天鳳名人戦 第3節(予定)
2011年09月25日(日) 天鳳名人戦 第4節(予定)
2011年11月03日(木) 天鳳名人戦 第5節(予定) ※下位2名敗退
2011年12月04日(日) 天鳳名人戦 第6節(予定)
2011年01月09日(月) 天鳳名人戦 第7節(予定)
2011年01月29日(日) 天鳳名人戦 第8節(予定) ※下位2名敗退
2011年03月04日(日) 天鳳名人戦 第9節(予定)
2011年03月20日(火) 天鳳名人戦 最終節(予定)
【会場URL】 http://tenhou.net/0/?00112233
Windows版は"メニュー"⇒"ロビーの移動"⇒"イベント会場1"から
【共催】 マーチャオ
マーチャオ






ヴィーナスカップ優勝は最高位戦プロ麻雀協会所属柳井隆道さん!
 

2011スプリントカップ第2戦ヴィーナスカップ優勝は、
最高位戦プロ麻雀協会所属柳井隆道さんでした。

優勝 柳井隆道 +95.0
2位  仲川翔  +74.1
3位  三上龍玲  +43.8
4位 松原維一郎 +21.8

(全試合終了時)


柳井さんは予選で国士無双をアガり、その勢いのまま決勝卓へ。


ほぼ着順勝負となり仲川プロと一騎打ち。ドラマチックな逆転劇での初優勝となりました。



◆優勝コメント

「かなり苦しい局面でも、粘って粘って反撃のチャンスを待つことができました。攻められる局面では、ギリギリとのところまで押すこ とができたと思います。今日はこのバランス感覚が良くて優勝できたのかなと。今回の優勝は、これからのリーグ戦を含め麻雀人生に大きく影響を与えてくれる と思っています。本当に勝てて良かったです」

柳井さんは現在、最高位戦のC2リーグでも上位を快走中。今後の活躍が期待されています!

レポートはこちら


RMU公式ブログがAmebaブログにてリニューアルしました!
 
RMU公式ブログがAmebaブログにてリニューアルしました。

ブックマークの変更や購読の変更をよろしくお願いいたします。

「RMU公式ブログ」
  http://ameblo.jp/real-mahjong-unit/  

「アメブロ読者登録の方法」
  http://helps.ameba.jp/qguide/blog/post_200.html  


マーキュリーカップの優勝は、A級ライセンス藤中慎一郎プロ!
 

2011スプリントカップ第1戦マーキュリーカップ優勝は、
A級ライセンス藤中慎一郎プロでした。

優勝 藤中 慎一郎 +81.3
2位  真弓 英大  +76.2
3位  加藤 利樹  +37.0
4位  梁瀬 健太郎 +11.3

(全試合終了時)


優勝者コメント
「苦しかったけど、なんとか勝てました。
序盤、中々噛み合わなくトップが取り切れない展開が続いたので、
後半は丁寧に打とうと心掛けたのが良かったのだと思います。
しかしまだまだ甘い所もあるので、これからも頑張ります。」


レポートはこちら


2010RMUアワード表彰式
2010RMUアワードの表彰式が2011年5月1日のマーキュリーカップの開会式の中で行われました。
多井隆晴プロ(S級)が2007、2009年度に続いて3回目の最優秀選手賞となりました。
最優秀順位率には2年連続獲得となる平山友厚(会員)さんが獲得しました。
また、惜しくも最優秀賞は逃しましたが、谷井茂文プロ(A級)が最多勝、最多得点(2年連続獲得)の2冠を獲得しました。
2010RMUアワード最優秀選手賞 多井隆晴(S級)
2010RMUアワード最多勝 谷井茂文(A級)
2010RMUアワード最優秀順位率 平山友厚(会員)
2010RMUアワード最多得点 谷井茂文(A級)


「チャリティー麻雀イベント」開催御礼

4月29日(金祝)に「チャリティー麻雀イベント」が開催され、
会場となった「ばかんす」様の全面協力のもと、
90名を超える参加者で終始満卓、会場は大いに賑わいました。
寄付金のほうは、東風戦100円という低料金にもかかわらず、7万円を超え、
「麻雀を通じて社会貢献をしたい」というRMUの理念を、
多少なりとも達成できたことに会員一同、心より御礼申し上げます。
こちらの収益金は、今後継続的に対局会場に募金箱を設置し、
全額まとめて東日本大震災で被災された方々や被災地の復興に役立てて頂くため義援金として寄付させて頂きます。

武蔵野の鬼・足木健氏VS多井プロ(上の写真)、
古久根プロVS河野プロ(下の写真)
見所満載のガチンコ対決で、ギャラリーを沸かせていました。

ご協力、ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。


チャリティー麻雀イベントのお知らせ

RMU(リアルマージャンユニット)では、このたびの東日本大震災を受け、 4月29日(金祝)に「チャリティー麻雀イベント」の開催を決定いたしました!

会場となる「ばかんす」様の全面協力のもと、
どなたでも参加しやすいイベントになっております。

観戦だけの参加でも構いませんし、 可能な限り、対局希望等のリクエストにも対応いたしますので、 お好きな時間にお好きなだけご参加ください。

なお粗品ではございますが、
当日はいろいろと賞品をご用意させていただきます。

※このイベントにおける収益の全額を、 東日本大震災で被災された方々や被災地の復興に役立てて頂くため、 義援金として寄付させて頂く予定です。

【開催日時】
4月29日(金祝)11:00~18:00

【会場】
神楽坂「ばかんす」
東西線神楽坂駅 1番出口よりすぐ
TEL:03-3268-5577
東京都新宿区神楽坂6-38-5階

【参加費等】
入場料 300円(初回のみ)
東風戦 100円(1ゲーム)
東南戦 200円(1ゲーム)
※その他の義援金や賞品提供は当日会場にて承ります。

【参加プロ、女流選手】
多井隆晴
阿部孝則
河野高志
藤中慎一郎
山下健治
壽乃田源人
宮田信弥
飯島健太郎
鈴木智憲
山田田
渡辺卓也
石川泰之
萩原亮

安達瑠理華
雪森しずく
植野弘子
北岡あおい
深津海帆

 

2010RMUアワードが決定
2010年度のRMUアワードが決定いたしました!
(敬称略)


【RMUアワード最多勝】
谷井茂文 42☆
多井隆晴 36
宮田信弥 27

【RMUアワード最優秀順位率】
(規定対局数41)
平山友厚 2.15☆
野村祐三 2.22
多井隆晴 2.27

【RMUアワード最多得点】
谷井茂文 639.3☆
多井隆晴 611.7
平山友厚 516.8

そしてRMUアワード最優秀選手は、

【RMUアワード最優秀選手】
多井隆晴 5950☆
谷井茂文 3800
阿部孝則 2750


表彰は例年通り、最初のカップ戦(5月1日)に行います。

RMUプロも出演している「雀ナビ四人麻雀オンライン」が
スマートフォン(android)でも登場!
 

【雀ナビ「android」版リリース】

プロ雀士とケータイ電話でオンライン対戦できる
「雀ナビ四人麻雀オンライン」がスマートフォン(android)でも登場!!

今ならβ版につき、無料で対戦をお楽しみいただけます。

「雀ナビ android版」
●大きな画面と高速通信で快適プレイ
●大人気の東風段位戦、三麻段位戦モードに対応
●ケータイ電話のお客様とも対戦が可能

ダウンロード方法
★スマートフォン(android)でご覧のお客様はこちらより無料でアプリをダウンロードください。
androidマーケットへ
またはAndroidマーケットより「雀ナビ」で検索ください

★PCでご覧のお客様はコチラもどうぞ

 

過去のトピックス(2009年度)
過去のトピックス(2010年度)
過去のトピックス(2011年度)
過去のトピックス(2012年度)
過去のトピックス(2013年度)
過去のトピックス(2014年度)
過去のトピックス(2015年度)
過去のトピックス(2016年度)
過去のトピックス(2017年度)
過去のトピックス(2018年度)



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.