2012RMUアワードが決定
2012年度のRMUアワードが決定いたしました!
(敬称略)

4月6,7日に行われました長崎あじさい記念をもちまして
2012年度のすべての行事が終了いたしました。


これにより、
2012年度のRMUアワード全部門が決定いたしました!
表彰は例年通り、スプリントカップ第1戦(5月6日)にて行います。
【RMUアワード最多勝】 多井隆晴 39☆ 谷井茂文 32 山下健治 28 松ヶ瀬隆弥 28 【RMUアワード最優秀順位率】 (規定対局数アスリート50ライト40) 萩原亮 2.27☆(2.266) 谷井茂文 2.27(2.274) 多井隆晴 2.32 【RMUアワード最多得点】 多井隆晴 400.1☆ 仲川翔 375.2 萩原亮 336.7 そして、 【RMUアワード最優秀選手】は、 多井隆晴 2013年度も4月14日オープンリーグよりスタートします。 2013年もRMUをよろしくお願い致します。

GⅠ長崎あじさい記念優勝は岩村義久プロ!!
 

写真中央:岩村義久プロ 後列左から:多井隆晴プロ 


2013/4/7 GⅠ長崎あじさい記念が長崎wildcatsワイルドキャッツで行われ、B級ライセンスの岩村義久プロが、優勝いたしました。

    優勝 岩村義久プロ
    準優勝 多井隆晴プロ(後列左)
    第3位 堀江伸禎さん(後列中央)
    第4位 西山友二さん(後列右)

2012スプリントファイナルの優勝は、筒井七夜選手!
 

2012スプリントファイナルの優勝は、
筒井七夜選手でした!

優勝 筒井七夜 +75.2
2位 仲川翔 +30.2
3位 村本拓郎 ▲19.3
4位 松ヶ瀬隆弥 ▲86.1

優勝者コメント
「本当に嬉しいです!
自覚しているミスだけでなく、ラス牌アガリや幸運な横移動があったと後から聞き、今震えています。
失敗が序盤に固まったのでまだ挽回がきいたのと、裏ドラがかなり乗ったのが大きかったかな、と感じました。
こういったタイトル戦で優勝することはもちろん初めてなので、しばらく噛み締めたいと思います!」


なお、筒井七夜選手は天鳳9段の高段位です。
今後のさらなるご活躍が期待されます!


レポートはこちら

第11回日本オープンにて北島路久選手が優勝!!
 

(画像提供 日本プロ麻雀協会)


2013/3/24に神楽坂ばかんすにて日本プロ麻雀協会のタイトル戦、第11回日本オープン決勝が行われ、RMUアスリートの北島路久選手が見事優勝いたしました。
北島選手から優勝のコメントが届きました。

「北島路久選手コメント」
まずは、決勝までの間たくさんの方々にご声援頂きありがとうございました。

自分にとってタイトル戦は、カップ戦やリーグ戦も含めて何度か準優勝はあるものの、ここ数年はシルバーコレクター化(笑)しており、決勝前までは、不安な気持ちもありましたが、無事優勝することができました。
このタイトルは、普段ご指導頂いている多井、阿部両プロ、そして普段リーグ戦で共に切磋琢磨している皆さん……。RMUのみんなの力で勝ち取れたタイトルだと思います。本当にありがとうございました。

これでRMUの4人が日本オープンを制したことで、試合後、協会の人たちにまるで、RMUの為の大会だよ! と言われました(笑)

決勝は、最終5回戦までに、4人が1回ずつトップを取る大混戦で、最終戦では4人共優勝の可能性がある大熱戦になりました。

いつも詰めが甘いので、最終戦前に、ラスでもいいから、自分の持ち味でもある攻めの麻雀をしよう!と心に決め挑みました。

最後の決定戦では、今期最高の麻雀が出来た気がします。一夜明けても、詳しい局面は、思い浮かばないのですが、それなりの牌譜は残せたと思います。

また牌譜がUPされましたら、自分なりに検証したいと思います。

準決勝、決勝と観戦に来ていただいた山下プロには感謝しています。歴代王者のアドバイスは大きな力になりました。


来年はシード権もいただけるので、また頂点を目指して行きたいと思います。



2012スプリントファイナルの決勝進出者が決定しました!
 

2012スプリントファイナルの決勝進出者が決定しました!

写真、左から
筒井七夜
村本拓郎
仲川翔
松ヶ瀬隆弥
(敬称略)

2012スプリントファイナル決勝は、3月31日 日 11:00 神楽坂ばかんすにて開催されます。
観戦自由です。
2012クライマックスリーグ優勝はライセンスB壽乃田源人プロ!!
 

2012クライマックスリーグ優勝は、ライセンスB壽乃田源人プロ!!

優勝 壽乃田源人 +70.2
2位 山田田 +58.3
3位 阿部孝則 +40.3
4位 多井隆晴 +10.1
---以下、8回戦終了時、足切り
5位 安達瑠理華
6位 谷井茂文
7位 萩原亮
8位 河野高志
(敬称略)

【2012クライマックスリーグ成績】
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 9回戦 10回戦
1 壽乃田源人 70.2 ▲7.5 6.6 24.4 ▲31.8 27.8 11.2 19.3 ▲33.3 65.6 ▲12.1
2 山田田 58.3 28.2 4.8 12.4 ▲12.2 19.7 ▲13.9 29.6 ▲2.9 ▲19.1 11.7
3 阿部孝則 40.3 70.8 ▲6.0 ▲8.1 ▲27.0 8.5 ▲0.8 ▲8.9 26.7 ▲39.2 24.3
5 多井隆晴 10.1 ▲40.3 34.7 ▲3.2 5.2 ▲24.1 27.0 26.8 16.2 ▲7.3 ▲24.9
4 安達瑠理華 15.4 ▲1.9 ▲20.8 25.1 ▲11.4 ▲10.7 38.8 ▲18.8 15.1    
6 谷井茂文 ▲6.1 14.0 ▲35.3 11.2 30.1 ▲5.3 10.4 13.4 ▲44.6    
7 萩原亮 ▲33.3 ▲44.5 22.5 ▲28.2 34.0 7.0 ▲25.3 ▲30.1 31.3    
8 河野高志 ▲156.9 ▲18.8 ▲6.5 ▲33.6 13.1 ▲22.9 ▲48.4 ▲31.3 ▲8.5    


◆優勝コメント

壽乃田源人プロ
「今日はいつもよりリラックスして打てましたね。繰り上げ出場で昇級権利もありませんでしたし勝ちにこだわらず場況に忠実に打ったことがいい結果に繋がったと思います。来年はきちんと昇級権利をもって優勝したいと思います(笑)」

1日目レポートはこちら
2日目レポートはこちら


2012年後期Rリーグ全節終了。R1優勝は萩原亮プロ!
2013/3/3に2012年後期Rリーグが終了しました。
優勝の萩原亮プロ(B級)と準優勝の安達瑠理華(女流)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

優勝 萩原亮
まずはホッとしました。今、RMUの中でも、一番ノっていると思っている、宮本プロと最終節に打てたのは、非常に良かったです!ここで勝ったら優勝と勝手に決めて、卓につきました。 最終戦は腹をくくって攻めきれたのが、良い結果に繋がったと考えています。 クライマックスリーグでは、結果よりも、自分の麻雀が打てるように、最善を尽くします!!


R1 準優勝 安達瑠理華
試合前までは、正直言ってクライマックスリーグはあまり考えていませんでした。でも、直前に多井隆晴プロから、クライマックスを経験しておくといいと言われ、初めて意識をしました。クライマックスリーグでも、勉強をする気持ちで頑張りたいと思います。

その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 中村浩三
最終節が始まる時点では、頑張れば昇級は見えてくるかもしれないけれど、それさえも結構キツイなと思っていました。しかし、この思考が幸いし緊張は全くしてませんでした。最終半荘を迎えた時点でもまだ3位という追う立場だったのがまた良かったのだと思います。最終半荘も前のめりになることなくしっかり打てたと思います。 優勝は、全く考えていなかったので本当に素直に嬉しいです。 来季は、Rリーグの最上位リーグとなるR1での闘いとなりますが、今からとても興奮しています。 強い人達との闘いの中で少しでも自分を磨けられるように、更なる勉強をして行きたいと思います。

R2 準優勝 北島路久
昇級できたことは、素直に喜びたいと思います。最終節最後の対局まで、首位にいましたが、最終戦でこけてしまいました。気持ちの弱い部分が出て守りに入ってしまい、自分の麻雀が打ち切れなかったことは、次回への課題です。前節は、R1から降級してしまいましたが、1期でR1に復帰できて一安心しています。競技人生で、初の降級で気持ちも折れかけましたが、たくさんの友人に励ましいただきなんとか結果を残すことが、出来ました。次のステージではよりレベルの高い戦いになりますが、頑張っていきたいと思います。

R3 優勝 増田有理
初めてのリーグ戦で優勝することができて本当に嬉しいです。まだ技術やマナーなど至らない点たくさんあるので、これからもRMUの先輩方にご指導頂けたらと思います。また、リーグ戦の度にアドバイスをしてくれた家族や、応援してくれた、たくさんの方たちに感謝です。ありがとうございました。
R3 準優勝 北岡あおい
『自分に勝つ』ということをいつも考えながら麻雀を打っていますが、まだまだ難しいと思っています。とにかく、やっと昇級できたので、R2でも勉強する気持ちで頑張ります。

2012後期長崎RMUリーグ優勝は岸部智彦プロ!!
 

写真中央:岸部智彦プロ


2013/3/3 2012後期長崎RMUリーグ最終節が長崎wildcatsワイルドキャッツで行われ、B級ライセンスの岸部智彦プロが、優勝いたしました。

G3長崎ウェスタンカップ優勝は伊井克史プロ!!
 

写真左:伊井克史プロ 右:プレゼンター 川端由紀選手


2013/2/23 G3長崎ウェスタンカップが長崎wildcatsワイルドキャッツで行われ、B級ライセンスの伊井克史プロが、優勝いたしました。

2012スプリントファイナル準々決勝進出者と卓組決定!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦います。
3月20日(水祝)11時より神楽坂ばかんすにて、2012スプリントファイナル1日目が開催されます。

【2012スプリントポイント】

順位 選手名 合計
1 牧野卓人 22
2 板倉浩一 22
3 臼井大樹 19
4 仲川翔 15
5 松ヶ瀬隆弥 15
6 阿部孝則 14
7 下出和洋 14
8 渋谷渚 14
9 松崎真也 11
10 村本拓郎 10
11 筒井七夜 10
12 谷井茂文 10
13 木村勇斗 10
14 横山海渡 10


5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。

その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。


A卓 松ヶ瀬隆弥 下出和洋 松崎真也 筒井七夜
B卓 阿部孝則 渋谷渚 村本拓郎 谷井茂文

準決勝(15時集合)
A卓 牧野卓人 臼井大樹 A卓1位 B卓2位
B卓 板倉浩一 仲川翔 A卓2位 B卓1位

スプリントカップ順位順、敬称略)

セミファイナルは、3月20日(水祝)
ファイナルは、3月31日(日)
会場は、両日 神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2011スプリントファイナル優勝:寺本喜一選手



ネプチューンカップの優勝は、村本拓郎さん!
 

2012スプリントカップ第8戦ネプチューンカップ優勝は、
村本拓郎さんでした。

優勝 村本拓郎 +65.5
2位 筒井七夜 +69.7
3位 金原正雄 +34.7
4位 大上建也 +18.8

(全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

2012RMUリーグ優勝はライセンスA谷井茂文プロ!!
 

2012RMUリーグ優勝は、ライセンスA谷井茂文プロ!!

優勝 谷井茂文
2位 河野高志
3位 多井隆晴
4位 阿部孝則
(敬称略)

【2012RMUリーグ成績】
順位 選手名
合計
1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節
1 谷井茂文 189.0 36.5 ▲15.9 78.9 ▲80.7 27.8 69.5 76.1 ▲24.9 47.9 ▲26.2
2 河野高志 174.9 63.5 ▲36.2 ▲30.5 ▲14.4 ▲6.9 ▲4.4 103.2 13.1 47.3 40.2
3 多井隆晴 ▲21.7 ▲24.6 31.9 44.4 28.7 6.4 ▲34.4 ▲61.8 30.2 ▲75.9 33.4
4 阿部孝則 ▲350.2 ▲77.4 20.2 ▲92.8 66.4 ▲27.3 ▲32.7 ▲117.5 ▲19.4 ▲19.3 ▲50.4

◆優勝コメント

谷井茂文プロ
「24歳の時に麻雀で日本一になると決めて、古久根さんの勉強会に参加しました。当時はアマチュアでしたが、プロなんてどうせたいしたことないと思っていました。でも、実際に古久根さんは桁違いに強くて考えを変えました。それから古久根さんがRMUに移るというので僕もそれについてきました。本当はRMUリーグで古久根さんと打ちたかったのですが、土田さんと一緒に辞めてしまったので、それからは多井プロを目標として、少しでも近づけるように努力をしようと決めました。今回勝てたことで、ようやく日本一のプロを目指すスタートラインに立てたと思っています。これまでは、日本一になるといっても、あいつなにいってんだ?と周りからいわれていた部分もありましたが、こういう結果になったことで、その目標に向けて改めてスタートラインに立てたという気持ちです。僕はタイトルを獲りたいと思ったことはありません。ただ、強くなるためにタイトル戦があるということだけです。まだまだ多井プロ、河野プロ、阿部プロを越えたとはまったく思っていません。これからも日本一を目指して頑張ります。観戦に来ていただいた皆さん、ありがとうございました。」

レポートはこちら


2012オープンリーグ優勝は、ライセンスB渡辺卓也プロ!
 

写真左:プレゼンター深津海帆 右:渡辺卓也プロ


2012オープンリーグ優勝は、ライセンスB渡辺卓也プロでした。


【2012オープンリーグ決勝成績】
順位
選手名
合計
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
5回戦
1 渡辺卓也 70.8 24.9 ▲10.5 31.4 15.4 9.6
2 水沼利晃 ▲16.6 3.1 6.7 ▲30.0 ▲32.0 35.6
3 小林景悟 ▲21.5 ▲7.2 ▲28.1 17.9 27.3 ▲31.4
4 平山友厚 ▲33.7 ▲21.8 31.9 ▲19.3 ▲10.7 ▲13.8

優勝者コメント
「久しぶりのタイトル戦の決勝でほんとうに楽しかったです。
今回は第2期RMUクラウンの決勝の時と違って、完全にタイトルを勝ち取ったと満足できた決勝でした。
ライセンスBは松ヶ瀬プロだけじゃない。俺だっているんだってところを見せられてよかったです。」


レポートはこちら

RMU公式HP障害発生の件につきまして

1月7日夜、天鳳名人戦第8節の生放送中に、RMUの公式ホームページが閲覧不可となった件につきましてご報告いたします。

本来、想定しているアクセス数を大幅に超えたことによるサーバーダウンが原因でございました。
今後、対策を含めて執行部内の協議をして参りますので、何卒よろしくお願いいたします。
御アクセスいただいた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

RMU代表 多井隆晴

サターンカップの優勝は、ライセンスB松ヶ瀬隆弥プロ!
 

2012スプリントカップ第7戦ウラヌスカップ優勝は、
ライセンスB松ヶ瀬隆弥プロでした。

優勝 松ヶ瀬隆弥 +80.2
2位 森島直毅 +60.0
3位 吉田信之 +28.9
4位 関園子 +10.4

(全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「スプリントファイナルに残る為にどうしても決勝に残りたいと思っていました。
大事な局面で勝負手が入り、アガリきれたのが勝因です。
新年、幸先良く優勝できました。今年は良い事が有りそうな気がします。」


レポートはこちら

2012オープンリーグの決勝進出者決定!

今年の4月から8節に渡って行われてきた2012オープンリーグも予選を終了し、2013年1月5日(土)にセミファイナルが行われました。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。
その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。

決勝進出者

◇水沼利晃選手(RMU会員)コメント
「決勝に残れて本当に嬉しいです。RMUのタイトル戦の決勝は初めてです。最強位を勝てたので、RMUでもタイトルが欲しいです!全力で頑張ります」

渡辺卓也(B級)コメント
「オープンリーグは2度目の決勝です。前回は平山さんにとられたってことで今回はリベンジ戦みたいなところです。前回は自分に負けた感がかなり強く、今回は相手にも自分にも負けない麻雀であのころの俺とは違う(かもしれない)ってところをみんなに見せつけてやってやりますとも!」

◇小林景悟選手(アスリート)コメント
「決勝の舞台では良くも悪くも、今の自分の力量がそのまま出ると思っています。素晴らしい打ち手とこうした機会が得られたことに感謝して、プチ谷井流で頑張ります!応援してください」

◇平山友厚選手(RMU会員)コメント
「準決勝はダメかと思うところからなんとか残れました。今回は最強位の水沼さんに挑むつもりでやります。当日を楽しみにしています」


<ベスト8>
  選手名 順位 合計点
A卓 水沼利晃 1 38.7
平山友厚 2 1.8
仲川翔 3 ▲7.8
多井隆晴 4 ▲32.7
B卓 渡辺卓也 1 25.3
小林景悟 2 14.6
河野高志 3 13.2
石川泰之 4 ▲54.1
<ベスト16>
  選手名 順位 合計点
A卓 水沼利晃 1 71.8
小林景悟 2 26.0
吉田信之 3 ▲30.5
松ケ瀬隆弥 4 ▲67.3
B卓 河野高志 1 21.9
平山友厚 2 7.2
野村祐三 3 ▲10.7
渋谷渚 4 ▲18.4


ファイナルは、1月14日(月祝)
会場は、神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。



新年 RMU代表 多井隆晴 挨拶

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も競技麻雀の地位確立を目指すとともに、
全国の麻雀愛好者の皆様に愛される団体になれるよう、
これまで以上に努力し続けていく所存でございます。
皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、
より一層のご支援ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2013年 元旦

RMU代表 多井隆晴

2012オープンリーグの準々決勝・準決勝の卓組決定!
 
 

今年の4月から8節に渡って行われてきた2012オープンリーグも予選を終了し、2013年1月5日(土)にセミファイナルが行われます。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。
その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。

準々決勝A卓:吉田信之、小林景悟、水沼利晃、松ケ瀬隆弥
準々決勝B卓:河野高志、渋谷渚、平山友厚、野村祐三

準決勝A卓:多井隆晴仲川翔、A卓1位、B卓2位
準決勝B卓:石川泰之渡辺卓也、B卓1位、A卓2位
予選順位順、敬称略)

セミファイナルは、1月5日(土)
ファイナルは、1月14日(月祝)
会場は、両日 神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2011オープンリーグの優勝:多井隆晴



麻雀最強戦2012優勝はRMUライトコース水沼利晃選手!
 

写真は、2011アースカップ優勝時の模様
写真左:水沼利晃選手 右:プレゼンター深津海帆


2012/12/8 麻雀最強戦2012の決勝が都内で行われ、RMUライトコース所属の水沼利晃選手が、見事優勝いたしました。
水沼利晃選手より、喜びの言葉が届きました。
「こんな大きなタイトルを獲れるなんてめちゃくちゃうれしいです。

これもRMUでの皆さんのご指導のおかげです!
RMUでのタイトルも獲れるよう頑張りますので、これからもご指導よろしくお願いいたします。」


おめでとうございました。これからの更なるご活躍を期待しています。
サターンカップの優勝は、ライセンスS阿部孝則プロ!
 

2012スプリントカップ第6戦サターンカップ優勝は、
ライセンスS阿部孝則プロでした。

優勝 阿部孝則 +133.3
2位 牧野卓人 +91.6
3位 大島拓也 +31.4
4位 白田みお +26.7

(全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「スプリントの決勝に残ったのは初めてだったのですが、結果を出せたのは素直に嬉しいです。

危うい場面が一度もないくらいツイてましたね(笑)

今年度もあと少しとなりますが残りの試合も良い麻雀が打てるよう全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。」


レポートはこちら

第6期RMUクラウン優勝は、川上貴史プロ(最高位戦)!
 

第6期RMUクラウン優勝は、川上貴史プロ(最高位戦)でした。
最終戦で見事逆転優勝となりました。

最終結果(敬称略)
優勝 川上貴史 24.0
2位 宮田信弥 17.7
3位 大崎初音 -1.2
4位 安達瑠理華 -41.5

優勝者コメント
「プチ村上流で頑張りました。ミスもたくさんあったので、これからもっと強くなれるように努力します。運営、観戦者のみなさん、ありがとうございました。」


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦
1 川上貴史 24.0 7.4 ▲25.7 ▲1.9 27.1 17.1
2 宮田信弥 17.7 ▲22.9 29.3 22.7 ▲0.3 ▲11.1
3 大崎初音 ▲1.2 ▲7.4 6.9 9.7 ▲42.1 31.7
4 安達瑠理華 ▲41.5 22.9 ▲10.5 ▲30.5 15.3 ▲38.7

レポートはこちら

第6期RMUクラウン決勝進出者決定!



2012/11/11(日)に第6期RMUクラウンの準決勝が開催されました。
昨日行われました本戦から準決勝勝ちあがり15名と昨年度優勝者多井隆晴(ライセンスS)を加えた16名で、まずは4卓に別れトーナメント3回戦を行います。
各卓上位2名が同じくトーナメント3回戦を行い各卓上位2名が決勝進出となります。

2012RMUクラウン準決勝レポート

準々決勝の結果
1卓
安達瑠理華 38.6
廣田大輔 23.7
多井隆晴 14.6
伊井克史 ▲79.9
2卓
平木常正 41
宮田信弥 ▲1.9
野村祐三 ▲10.3
谷崎舞華 ▲29.8
3卓
仲林圭 52.6
大崎初音 37.1
白石晃一 ▲41.8
高塚茂樹 ▲47.9
4卓
川上貴史 53.1
岸部智彦 17.8
松井一義 ▲11.1
伊藤慎司 ▲60.8


準決勝の結果
1卓
宮田信弥 25.4
安達瑠理華 1.4
仲林圭 ▲6.6
岸部智彦 ▲20.2
2卓
川上貴史 53.9
大崎初音 53.1
廣田大輔 ▲48.7
平木常正 ▲58.3

決勝進出者
1卓1位 宮田信弥(RMU B級)
1卓2位 安達瑠理華(RMUアスリート)
2卓1位 川上貴史(最高位戦)
2卓2位 大崎初音(プロ協会)


第6期RMUクラウンの決勝は11/17(日)神楽坂ばかんすで行われます。観戦自由ですので、ぜひとも観戦にお越しください。



第6期RMUクラウン本戦の結果(ベスト16決定)


2012/11/10(土)に第6期RMUクラウンの本戦が開催されました。
72名の選手が、4回戦の対局を行い、上位32名が得点持越しで5回戦目を行い、ベスト15が11/11(日)柳勝どき店で行われる準々決勝へ勝ち上がります。
準々決勝は、本戦のベスト15と昨年優勝者多井隆晴(S級)を加えた16名でトーナメント方式で3回戦を行い、各卓上位2名が同日午後に行われます準決勝に進出。
準決勝もトーナメントを3回戦行い、各卓上位2名が11/17(日)神楽坂ばかんすで行われます、決勝へと駒を進めます。
準々決勝進出者(通過順、敬称略)
1 野村祐三 130.9(RMUアスリート)
2 大崎初音 103.8(プロ協会)
3 松井一義 97.9(麻将連合)
4 岸部智彦 88.4(RMU長崎 B級)
5 白石晃一 76.5 (RMU長崎 B級)
6 谷崎舞華 75.8 (最高位戦)
7 廣田大輔 73.1 (RMU長崎 B級)
8 伊井克史 70.0 (RMU長崎 B級)
9 平木常正 67.0(RMU長崎アスリート)
10 仲林圭 59.8 (プロ協会)
11 川上貴史 54.6(最高位戦)
12 伊藤慎司 53.2(一般)
13 高塚茂樹 52.7(最高位戦)
14 宮田信弥 52.4(RMU B級)
15 安達瑠理華 52.0(RMUアスリート)
上記15名に昨年度優勝者多井隆晴(RMU S級)が加わる

全選手の成績はこちら

準々決勝卓組み(苗字のみ、敬称略)
1卓 多井 廣田 伊井 安達
2卓 野村 谷崎 平木 宮田
3卓 大崎 白石 仲林 高塚
4卓 松井 岸部 川上 伊藤
準決勝卓組み
A卓 1卓1位 2卓2位 3卓1位 4卓2位 
B卓 1卓2位 2卓1位 3卓2位 4卓1位 
第6期RMUクラウン予選3日目の結果


2012/10/27(土)に第6期RMUクラウンの予選3日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選3日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 山田田(RMU B級) 108.1
2 横山海渡(一般) 60.6
3 関園子(RMU会員) 51
4 大塚哲也(一般) 49.3
5 安達瑠理華(RMUアスリート) 36.3
6 本田辰也 35.9
7 伊藤慎司(一般) 26.8
8 中村浩三(RMUアスリート) 25.9
9 坂本大志(最高位戦) 23.1
10 栗田恭宏(最高位戦) 15
11 多聞(プロ協会) 10.2
12 吉富範子(一般) 8.1
13 三上龍玲(麻将連合) 7.3
14 外山淳一郎(一般) 5.4
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 藤波寿幸(一般)
2 吉富範子(一般)
3 多聞(プロ協会)
4 海老沢稔(最高位戦)
5 栗田恭宏(最高位戦)
6 川島基敬(一般)
7 関園子(RMU会員)
8 澄川なゆ(プロ協会)
9 山崎智彦(一般)
10 横山海渡(一般)
11 荒井節子(一般)
12 高村健一(一般)
13 辛太俊(一般)
14 伊藤慎司(一般)
15 本田辰也(麻将連合)
16 脇一平(最高位戦)

麻雀プロ団体頂上決戦「四神降臨」が10/26ニコニコ生放送
 

2012 10/26 19:00よりニコニコ生放送にて、
麻雀プロ団体頂上決戦「四神降臨」が放映されます。

RMUからは、
2011RMUリーグチャンピオン:多井隆晴プロ(S級)
が出場します。

皆様の応援よろしくお願いいたします。

  最高位戦日本麻雀プロ協会 日本プロ麻雀協会 麻将連合 RMU
対局者 石橋伸洋 鈴木達也 小林剛 多井隆晴

解説:土田浩翔 片山まさゆき 実況:小林未沙 

10/26(金) 19:00~ ニコニコ生放送 「半荘4回戦」

告知PV


第6期RMUクラウン予選2日目の結果


2012/10/13(土)に第6期RMUクラウンの予選2日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選2日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 石井一馬(最高位戦) 60.9
2 川端美雪(最高位戦) 56.9
3 小川裕之(プロ協会) 47.6
4 牧野卓人(一般) 47.0
5 瀬本裕志(一般) 42.2
6 田中実(101連盟) 28.9
7 高久駿介(一般) 28.1
8 高塚茂樹(最高位戦) 19.5
9 川上貴史(最高位戦) 18.4
10 高倉武士(最高位戦) 13.2
11 土子 貴智(プロ協会) 6.1
12 高橋清志(一般) 5.1
13 木村勇斗(一般) 1.3
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 高久駿介(一般)
2 大塚哲也(一般)
3 瀬本裕志(一般)
4 小原健史(一般)
5 牧野卓人(一般)
6 中野慎也(最高位戦)
7 高塚茂樹(最高位戦)
8 川上貴史(最高位戦)
9 高橋清志(一般)
10 外山淳一郎(一般)
11 金原正雄(一般)

第6期RMUクラウン予選1日目の結果


2012/10/7(日)に第6期RMUクラウンの予選1日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選1日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 遠藤真(一般) 100.7
2 萩原亮(B級) 57.2
3 堀慎吾(プロ協会) 48.2
4 光部敦司(RMU会員) 32.6
5 渋川難波(プロ協会) 26.5
6 増田有美(一般) 26.5
7 浜崎悠(RMU会員) 25.1
8 北岡あおい(RMUアスリート) 23.7
9 渋谷渚(RMU会員) 21.7
10 山本大介(一般) 21.6
11 小林勝(一般) 14.2
12 宮田信弥(B級) 10.5
13 堀井統之(一般) 9.3
14 梁瀬健太郎(RMUアスリート) 9.0
15 吉田信之(RMU会員) 5.3
16 野村祐三(RMUアスリート) 4.3
17 山崎千三(RMU会員) 2.5
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 渋川難波(プロ協会)
2 遠藤真(一般)
3 浜崎悠(RMU会員)
4 増田有美(一般)
5 山崎千三(RMU会員)
6 二見 大輔(プロ協会)
7 高倉武士(最高位戦)
8 増田悠理(RMUアスリート)
9 木村勇斗(一般)
10 光部敦司(RMU会員)
11 渋谷渚(RMU会員)
12 桐生美也子(最高位戦)
13 吉田信之(RMU会員)
14 小林勝(一般)
15 堀井統之(一般)
16 山本大介(一般)
17 永田航(最高位戦)

2012年前期Rリーグ全節終了。R1優勝は仲川翔プロ!
2012/9/23に2012年前期Rリーグが終了しました。
優勝の仲川翔プロ(B級)と準優勝の山田田プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

優勝 仲川翔
1年ぶり2度目の優勝という事で、応援してくださった皆さんに感謝をしつつ、喜びを噛みしめております。道中に反省すべき部分や足りない部分がたくさん見つかりましたし、R1連覇、そしてクライマックスリーグ優勝を目指して今後も精進し続けていきたいと思います。


R1 準優勝 山田田
素直に嬉しいです。Rリーグの開幕戦はいつも好スタートを切っていたのに、今期は▲88.1とマイナス。降級を意識しましたが、2節目以降少しずつポイントを取り返し、最終戦も接戦の結果、この結果となりました。R1に在籍して長くなりますが、ようやく手に入れたクライマックスリーグの権利。もちろん優勝を狙ってますが、あまり目先の結果にこだわらず自分の出来る事をやるだけです。そのためにも後期Rリーグは、内容にこだわった麻雀を打つつもりです。

その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 宮本卓
やっと昇級できました。今まで次点が多かったので、本当によかったです。しかも、それが優勝だったので、なおさら嬉しいです。今期は、1節目につまずいてしまいましたが、それ以降は悪くない内容だったので、満足しています。しかし、すぐに後期リーグ戦が始まります。今まで以上に厳しい対局が多くなると思いますが、やっと立てる舞台なので、より気合いを入れて楽しみながら臨みたいです。

R2 準優勝 飯島健太郎
最終戦はトップ条件。必死に仕掛け、必死にオリた。結果的にトップをとることができたが、今期は全体的に集中力に欠け、内容もよくありませんでした。来期はR1。あと1ヶ月でなにかを変えることは難しいですが、1局1局集中して打てればなと思います。

R2 3位 萩原亮
とりあえず中村さんを徹底マーク、卓内トップ、自分の麻雀を打ちきる、の3点にテーマを絞り、それでダメだったら仕方ないと決めて卓に着きました。最後の半荘は感覚が冴えてましたね。野村さんの一色手にフリテンで押しきり、海底でアガッた、700、1300が無かったら素点で届かなかったかも…。R1では普段通り打ってみて、どこまで通用するか楽しみですね!! すぐに落ちない様に頑張ります!!

R3 優勝 森島直毅
ポイントを守ろうとは考えずに攻めきることを貫いた結果、リーグ優勝を勝ち取る事ができました。次のR2リーグでも全力を尽くして優勝を目指したいと思いますのでよろしくお願いします。
R3 準優勝 湯澤栄鎮
前回は最終節に大コケして昇級できなくて悔し涙を飲みました。悔しくて悔しくて非常階段で泣いたのを覚えてます。今回はそんな思いはしたくない!!そう思い精一杯麻雀打つと結果は1113で二位昇級できました!!昇級は同期でライバルでもある大仲選手、森島選手。次からはもっとハイレベルな対局になると思うとすごいワクワクしてます!これからも応援よろしくお願いします。

3位 大仲勇樹
R3最終節、6位スタートで2着、4着、3着と来て迎えた最終半荘。トップをとって現在3位の小美野さんをラスにして四万点差条件。ズブズブで迎えた南2局親番ですが、9本場まで積み、大きく加点することができ、結果大トップ。別卓の展開にも恵まれ、なんとか3位に滑り込めました。来期は、R2で頑張ります!

ジュピターカップの優勝は、横山海渡さん!
 

2012スプリントカップ第5戦ジュピターカップ優勝は、
横山海渡さんでした。

優勝 横山海渡 +88.7
2位 牧野卓人 +75.1
3位 多井隆晴 +38.2
4位 只野仁  +35.1

(全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「普段、慶応大学の麻雀研究会で麻雀を勉強しているのですが、今日はその成果を出すことができました。初めての参加で優勝できて嬉しいです。」


レポートはこちら

松ヶ瀬隆弥プロ。最高位戦日本プロ麻雀協会の第7期最高位戦Classic制覇!
 

最高位戦日本プロ麻雀協会の第7期最高位戦Classicの決勝に松ヶ瀬隆弥プロが進出し、8/26(日)、9/02(日)の2日間10回戦の激闘の末、見事制覇しました。

決勝前に、「RMUの強さを見せたい」とコメントされていたことを見事有言実行されました。

以下、最終ポイントと優勝後のコメントです。

優勝 松ヶ瀬 隆弥プロ +32.3
2位 佐藤 崇プロ(最高位戦) ▲1.7 
3位 須藤 泰久プロ(最高位戦) ▲12.2
4位 宇野 公介プロ(最高位戦) ▲20.4

松ヶ瀬隆弥プロコメント
「今回優勝出来て素直にうれしいです。他団体のタイトル戦で活躍する事によってRMUの強さを少しは証明する事が出来たと思います。」



本当におめでとうございました!


GⅢ長崎イースタンカップの優勝は深津海帆選手!
 

写真右:深津海帆選手 写真左:プレゼンター:平木常正選手

9月1日に長崎にて行われました「GⅢ長崎イースタンカップの優勝は深津海帆選手でした。

深津選手コメント

「競技麻雀を始めて早6年?もうすぐ7年?決勝に残ったことは何回かあるけど、優勝ははじめてなので嬉しいです! ミスもありましたが、とりあえずその時は心の中で自分を殴って平常心を取り戻しました。東京での試合も好成績を残せるように、これからも頑張ります!」

観戦記は近日中にWildCatsのホームページに掲載されます。

 

マーズカップの優勝は、渋谷渚選手!
 

2012スプリントカップ第4戦マーズカップ優勝は、
RMU会員の渋谷渚選手でした。

優勝 渋谷渚  +82.3
2位 オワタ    +65.0
3位 下出和洋  +55.0
4位 古賀宏一   +27.1

(全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「RMUの対局では今まで、優勝した経験が無かったので、今回このような結果を出すことが出来て嬉しく思います。
最後は出アガリ準優勝、ツモれば優勝という条件で見逃してのツモ。最近はあんまり結果に恵まれてませんでしたが、今日は恵まれたのかなと思います。

決勝はいきなりオリ打ちからスタートとなってしまいましたが、その後も慌てることなく、いつも通り打てたことが、良い結果に繋がったと思います。」


レポートはこちら

アースカップの優勝は、臼井大樹選手!
 

2012スプリントカップ第3戦アースカップ優勝は、
RMU会員の臼井大樹選手でした。
ヴィーナスカップの雪辱を果たしました。

優勝 臼井大樹  +109.1
2位 遠藤真    + 53.0
3位 藤戸眞由美  + 44.4
4位 牧野卓人   + 26.0

(全試合終了時)全成績はこちら

優勝者コメント
「多井プロにファクトリーなどで麻雀を習い続けた成果が出ました。これからも勉強を続けて、さらに良い成績を挙げて行けるように頑張ります」


レポートはこちら

多井隆晴プロの麻雀アカデミー開催決定!
 

7月は、第3週の7月17日(火)。 開始時刻は19:00です。

前回参加されていない方でも、麻雀初心者の方でも、
日本最高峰の技術と思考を学ぶことができるチャンスです。
奮ってご参加ください。
参加費は、3,500円です。

尚、申し込みは直接「雀友倶楽部」にて行っています。
詳細は、こちらです。

また、8月以降のスケジュールを発表いたします。
8月7日(火)
9月18日(火)
10月2日(火)
11月13日(火)
12月4日(火)
開始時刻はすべて19:00です。

また、7月18日(水)は16:00~22:00でゲスト対局DAYです。
皆様のご来店をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。



長崎ちゃんぽんカップの優勝者は栗林さん(一般)!
 

写真左:プレゼンター:渡辺このみ選手 写真右:栗林さん

6月17日に長崎にて行われました「長崎ちゃんぽんカップの優勝は栗林さん(一般)でした。

観戦記は近日中にWildCatsのホームページに掲載されます。

 

RMU CUPの優勝は、RMUアスリート、梁瀬健太郎選手!
 

RMUCUPの優勝は、RMUアスリート、梁瀬健太郎選手でした。
5月の一般予選を勝ち上がった勢いのまま、1回戦は、中盤に親で得点を重ね、オーラスでは、S級ライセンス河野高志プロにウラ1条件まで攻められたものの、トップを死守し、
2回戦では、東1局親番で、満貫の親かぶりをしたものの、聴牌料などで、ジリジリと詰め、微差ながらトップ目でオーラスを迎え、最後は自分の手で決着しました。

記念すべき第1回となったRMUCUP。7万人を越える視聴者数を記録することができました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございます。

また一般参加で予選から盛り上げて下さった方々に、心より御礼申し上げます。

ヴィーナスカップの優勝は、日本プロ麻雀協会所属、板倉浩一プロ連覇!
 

2012スプリントカップ第2戦ヴィーナスカップ優勝は、
日本プロ麻雀協会所属、板倉浩一プロでした。
スプリントカップ史上初の連覇となりました。

優勝 板倉浩一 +85.7
2位  石川貞夫 +84.4
3位  木村勇斗 +36.0
4位  仲川翔  +24.3

(全試合終了時)全成績はこちら


優勝者コメント
「最初の半荘で多井さんと対戦した。実はこういった場で多井さんと打つのは数年前の某タイトル戦の本戦以来で、その時はボコボコにされた記憶しかなかったけど、今回はトップラスを決めることができた。

いいスタートを切れたことにより、今大会も集中したいい状態で打つことができ、その後の計4連勝、前回から通算すると8連勝といういい結果につながっただけでなく、内容的にもいい麻雀を打てた要因だと思う。また、準決勝はややきつい展開の中2着を拾うことができ、決勝は石川さんに先行されたけど焦ることなく、この半荘の間に追いつけばいい、と落ち着いて思えたことにもつながったと思う」


レポートはこちら


RMUCUP予選会終了!本戦へ駒を進めた3名が決定!
 

RMUCUPの予選会が終了し、栄えある3名の本選出場者が決定しました。

3回戦を終了した時点で、上位3名に入れる現実的な人数が20名いる大接戦でした。

その中から、見事に本戦への切符を手に入れたのは、なんと3回戦終了時の上位3名でした。
通常は、プレッシャーや展開、さらには守りの姿勢で自滅する暫定トップ3ですが、見事に3人共に本戦への切符を手に入れました。

1位  浜崎悠 +76.0
2位  梁瀬健太郎 +73.3
3位  澤田彰二 +68.4

(全試合終了時)全成績はこちら


本戦通過者コメント
澤田彰二(一般参加)
「競技麻雀は今日が初めてでしたが、和やかな雰囲気でしたので、自分の麻雀を発揮できました。決勝に残れたらタンヤオと役牌だけで、多井さんを倒します!」

梁瀬健太郎(RMUアスリート)
「RMUのプロ、アスリートの代表という意気込みで本戦を戦い抜き、決勝では多井プロを絶対倒したいと思います!」

浜崎悠(RMU会員)
「たくさんのプロたちと対戦できた中、胸を借りるつもりで闘った結果、こういう結果になってとても嬉しいです。多井さん!私は結構トリッキーな打ち方をしますので、私の上家で普通の打ち方はさせませんからね(笑)」

本戦に残られた3名の方には是非決勝までコマを進めて、多井プロを倒して欲しいです(筆者談)

マーキュリーカップの優勝は、日本プロ麻雀協会所属、板倉浩一プロ!
 

2012スプリントカップ第1戦マーキュリーカップ優勝は、
日本プロ麻雀協会所属、板倉浩一プロでした。


東一局に3200オールをツモり、そのリードを活かしながら終始安定した打ち回し。一度は臼井選手にマクられるものの、オーラスで臼井選手のリーチ宣言牌を捕え、見事スプリントカップ初優勝となりました。板倉プロ、おめでとうございます!


今回は76名の参加で満員御礼となりました。ご参加の皆様には心より御礼申し上げます。今後もRMUは、多数のお客様にご参加いただける大会運営、企画を進めて参りますので、よろしくお願いいたします。

優勝 板倉浩一 +77.8
2位  臼井大樹 +66.5
3位  山田高広 +64.5
4位  下出和洋 +29.5

(全試合終了時)全成績はこちら


優勝者コメント
「最初に3着、3着と来て、『今日も予選で帰るのかな…』と思っていましたが、うまく手が入り決勝まで進むことができました。東一局にアガった3200オールで落ち着けたのが大きかったです。とはいえ、最後まで接戦で、ずっとドキドキしながら打っていました。これをきっかけにして、自団体(日本プロ麻雀協会)のリーグ戦でも良い成績を残していきたいです」


レポートはこちら


RMUCUP&予選会開催決定

5月13日(日)にRMU(リアル・マージャン・ユニット)のトッププロに挑戦できる「RMU CUP」の一般予選が開催される。
予選を勝ち上がった一般代表の3名が多井隆晴プロをはじめとしたトッププロに生放送(6月3日)で挑戦。
ニコニコ生放送の公式放送なので、視聴者数は数万人となり、注目を集めること間違いなし!!
予選は当日参加も可能で、その場合は直接会場まで。

【参加プロ】
多井隆晴・阿部孝則・河野高志・谷井茂文・安達瑠理華・深津海帆・北岡あおい・山田田・山下健治・松ヶ瀬隆弥

【予選日程】
5月13日(日)

【時間】
10:30受付 11:00開始

【会場】
麻雀クラブ柳 勝ちどき店

【参加費】
6,000円

【システム】
半荘4回戦の大会形式で開催。上位3名が6月3日のニコニコ生放送での公式生放送に出演できる。

【生放送放映日時】
6月3日(日) 14:00start 
時間は若干の変更になる可能性あり。

※上記プロは生放送当日の出演プロ。
予選には全ての女流プロが参加するわけではありません。

【申し込み】
ニコ生放送会場の「アルバンスタジオサイト」よりお申込みください。
http://www.alban-studio.com/
「contacts お問い合わせ」→「大会参加申込み」 から必要事項をご記入してお申込みください。


2011RMUアワード表彰式
2011RMUアワードの表彰式が2012年5月6日のマーキュリーカップの開会式の中で行われました。
多井隆晴プロ(S級)が最多勝、最優秀順位率、最多得点の全3部門を独占し、
2007、2009、2010年度に続いて4回目の最優秀選手賞となりました。
また、惜しくも全部門の2位を仲川翔プロ(B級)が独占しました。多井プロに敗れはしたものの優秀な成績を収めました。
2011RMUアワード最優秀選手賞、最多勝、最優秀順位率、最多得点 多井隆晴(S級)
過去のトピックス(2009年度)
過去のトピックス(2010年度)
過去のトピックス(2011年度)
過去のトピックス(2012年度)
過去のトピックス(2013年度)
過去のトピックス(2014年度)
過去のトピックス(2015年度)
過去のトピックス(2016年度)
過去のトピックス(2017年度)
過去のトピックス(2018年度)



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.