2013クライマックスリーグ優勝はライセンスS多井隆晴プロ!
 
>2013クライマックスリーグ

2013クライマックスリーグ優勝は、 ライセンスS多井隆晴プロでした。
10戦6勝と圧勝で優勝となりました!

優勝 多井隆晴 +184.5
2位 河野高志 +82.1
3位 宮本卓   ▲15.1
4位 松ヶ瀬隆弥  ▲20.5


優勝者コメント
「前日に大きくリードしたので、目先の優勝より、明日の自分のために打ちました。
最終戦オーラスのアガリ優勝で、チーテンもポンテンもとらなかったのは史上初でしょうね…笑。
それでも自分の中では、まだまだ納得していないので、タイトル20個獲得にむけて、これからも頑張っていきます。
応援ありがとうございました!」



レポートはこちら

2013年後期Rリーグ全節終了。R1優勝は宮本卓プロ!
2014/3/2に2013年後期Rリーグが終了しました。
優勝の宮本卓プロ(B級)と準優勝の萩原亮プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

優勝 宮本卓
前期のリーグ戦はかなり迷いながら打っていたのですが、いろんな方からアドバイスを頂き、その迷いを振り払うことが出来ました。それが今回の優勝につながったと思います。本当に感謝しています。クライマックスリーグでは格上の方ばかりですが、自分の麻雀を打ち悔いの無いように頑張りたいと思います。


R1 準優勝 萩原亮
最終節にまとめてツイた感じです。クライマックスリーグは、去年は負けたけど今年は簡単には負けないです。

前期R1優勝 松ヶ瀬隆弥プロのクライマックスリーグ意気込み
前回出場した時と違い今回はRMUリーグに昇級の権利がある。このチャンスをモノにして来期からは1つ上のステージに進みたい。
前期R1準優勝 宮田信弥プロのクライマックスリーグ意気込み
後期をプラスの成績でクライマックスリーグ初出場権を確保できたことには、まずまず満足しています。相手は皆強く、雀力は自分が一番下と思えるくらいですが、だからこそ初弾必中の心意気で対局に臨みたいと思います。
その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 江澤陽一
3期連続の次点で心が折れそうでしたが、ようやく昇級することができました。2年ぶりのR1で正直、対等に戦える自信はありませんが、全力でぶつかって行きたいです!

R2 準優勝 仲川翔
優勝こそ出来ませんでしたが、どうにか1年ぶりにR1へ戻る事が出来ました。 応援してくださる皆さんに報いるためにも、3回目のRリーグ制覇を目指してより一層頑張ります!

R3 優勝 渡辺太郎
4回目のR3リーグでようやく優勝、昇級することができました。来期からはR2という一つ上のステージで戦うのは楽しみでもあり不安でもあります。次のRリーグまで期間はあまりありませんが、少しでも成長できるように日々精進します!
R3 準優勝 鶴海ひかる
最終節でたまたま、約120ptを加点することができ、準優勝に食い込めましたが、 毎回毎回、自分のミスによってつくられた条件に苦しめられた全5節でした。 R2では今期の反省を活かし頑張りたいと思います。

2013スプリントファイナルの優勝は、野村祐三選手!
 

2013スプリントファイナルの優勝は、
野村祐三選手でした!

順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦
1 野村祐三 29.1 25.9 ▲18.8 21.9 19.5 ▲19.4
2 松ケ瀬隆弥 13.3 6.7 18.1 ▲25.0 ▲21.1 34.6
3 大野公久 ▲13.6 ▲4.0 ▲6.4 10.1 6.1 ▲19.4
4 仲川翔 ▲29.8 ▲28.6 7.1 ▲8.0 ▲4.5 4.2


優勝者コメント
「オープンリーグはふがいない結果で内容も悪かったけど、今回は落ち着いて自分らしく打てた感じがします。競技麻雀始めて三年と11ヶ月でタイトルをとれたのはかなり恵まれていると思います。私と麻雀を打ってくださった方々、教えてくださった方々に感謝したいです。」



レポートはこちら

長崎G-Ⅲウエスタンの優勝は、ライセンスA岡澤和洋プロ!
 

写真左:岡澤和洋プロ

長崎G-Ⅲウエスタンの決勝が2/22長崎WILDCATSで行われ、
ライセンスA岡澤和洋プロが優勝しました。

ベスト8のみ記載
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦
1 岡澤和洋 72.6 ▲15.3 40.4 ▲4.6 37.4 8.8 5.9
2 釜本健太 70.5 28.1 5.0 ▲4.3 ▲12.6 27.5 26.8
3 多井隆晴 32.5 ▲3.6 28.7 23.1 ▲0.3 ▲7.6 ▲7.8
4 西山友二 ▲31.6 14.9 22.4 9.2 ▲24.5 ▲28.7 ▲24.9
5 廣田大輔 ▲11.1 7.5 ▲28.1 9.5 - - -
6 佐野木智貴 ▲19.2 ▲26.3 ▲16.2 23.3 - - -
7 柏井雄 ▲47.8 26.7 ▲46.6 ▲27.9 - - -
8 荒川秀明 ▲65.9 ▲32.0 ▲5.6 ▲28.3 - - -

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

第5期RMUリーグ優勝はライセンスS河野高志プロ!!
 

第5期RMUリーグ優勝は、ライセンスS河野高志プロ!!


優勝 河野高志
2位 多井隆晴
3位 谷井茂文
4位 阿部孝則
(敬称略)

第5期 RMUリーグ成績(全10節終了時)
順位 選手名 合計 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節
1 河野高志 200.2 86.1 53.3 32.7 ▲9.3 ▲53.1 ▲4.7 43.5 53.9 6.0 ▲8.2
2 多井隆晴 33.0 25.5 ▲50.9 ▲37.7 122.2 ▲0.2 100.1 ▲25.3 ▲7.1 ▲100.8 7.2
3 谷井茂文 ▲61.9 ▲71.4 76.7 ▲19.0 ▲49.4 78.1 ▲67.0 ▲13.7 ▲15.2 19.7 ▲0.7
4 阿部孝則 ▲173.3 ▲41.2 ▲79.1 23.0 ▲63.5 ▲24.8 ▲28.4 ▲4.5 ▲31.6 75.1 1.7

◆優勝コメント

河野高志プロ
「RMUリーグを開始した数年前に、多井プロや阿部プロと将来はRMUリーグをインターネット配信で沢山の人に見てもらいたいねと話していました。
それがこんなに早く実現に至りましたことをスリーアローズさんに感謝の気持でいっぱいです。
そして、片山まさゆき先生には8節、9節、10節と全て解説を快く引き受けてくださりありがとうございました。
勝てたことには素直に嬉しいです。また、それ以上に僕の繊細な麻雀を視聴者の方には伝えられたかな?と思っています。
来季も全節ニコ生配信が決定いたしましたので今年以上の麻雀を視聴者の方々にお魅せしたいと思います。
ありがとうございました。」

レポートはこちら


2013スプリントファイナル準々決勝進出者と卓組決定!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦います。
3月8日(土)11時より神楽坂ばかんすにて、2013スプリントファイナル1日目が開催されます。

【2013スプリントポイント】

順位 選手名 合計
1 コバ 25
2 平山友厚 16
3 筒井七夜 16
4 野村祐三 15
5 仲川翔 14
6 松ケ瀬隆弥 14
7 石川貞夫 12
8 阿部孝則 11
9 栗田恭宏 11
10 大野公久 10
11 河野高志 10
12 多井隆晴 10


5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。

その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。


A卓 仲川翔 石川貞夫 栗田恭宏 河野高志
B卓 松ケ瀬隆弥 阿部孝則 大野公久 多井隆晴

準決勝(15時集合)
A卓 コバ 筒井七夜 A卓1位 B卓2位
B卓 平山友厚 野村祐三 A卓2位 B卓1位

スプリントカップ順位順、敬称略)

セミファイナルは、3月8日(土)
ファイナルは、3月9日(日)
会場は、両日 神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2012スプリントファイナル優勝:筒井七夜選手



ネプチューンカップの優勝は、大野公久さん!
 

写真左:白田みお 写真右:大野公久さん

2013スプリントカップ第8戦ネプチューンカップ優勝は、
大野公久さんでした。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。
今大会にて2013年度のRMUスプリントカップ全8戦が終了し、スプリントファイナル進出者が決定いたしました。
スプリントファイナルは、3月8日(土)に準々決勝、準決勝、3月9日(日)に決勝が行われます。
会場は両日共に神楽坂ばかんすにて11:00より対局開始です。
観戦無料ですので、ぜひお越しください。

優勝 大野公久 69.7
2位 大形忠 51.7
3位 浜田敬一 32.7
4位 吉冨範子 32.2

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

優勝者コメント
「RMUが好きなので優勝できてとても嬉しいです。
初めてのルールでしたが、思ったより対応出来ました。
ファイナルも頑張ります。」
レポートはこちら

新年 RMU代表 多井隆晴 挨拶

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

旧年中は大会参加や番組視聴など、多大なご支援とご協力を頂き、誠にありがとうございました。
新年もスリアロチャンネル様にご協力をいただき、更に番組配信のほうに力を入れていきたいと考えておりますので、より一層のご支援を賜りますよう、会員一同心よりお願い申し上げます。
皆様にとって新年が、更に良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2014年 元旦

RMU代表 多井隆晴

2013オープンリーグ優勝は、ライセンスS多井隆晴プロ!
 

写真左:多井隆晴プロ 右:プレゼンター安達瑠理華


2013オープンリーグ優勝は、ライセンスS多井隆晴プロでした。


【2013オープンリーグ決勝成績】
順位
選手名
合計
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
5回戦
1 多井隆晴 50.6 21.6 ▲5.9 12.2 12.1 10.6
2 宮田信弥 13.0 37.4 ▲38.1 39.8 ▲23.9 ▲2.2
3 野村祐三 ▲4.6 ▲45.4 5.7 ▲12.5 23.9 23.7
4 松ヶ瀬隆弥 ▲59.0 ▲13.6 38.3 ▲39.5 ▲12.1 ▲32.1

優勝者コメント
「今までRMUを引っ張ってきた自負があるので、病み上がりを理由に恥ずかしい麻雀を打たないように一生懸命やりました。
これだけ勝つということは、僕が皆さんより何か持っているのだと思います。
今後は僕以外の人もスリアロチャンネルなどのメディアに出る機会が増えると思いますので、僕の後ろで見たり、僕の牌譜を見て、たくさん質問して勉強して欲しいです。
これからも一緒に頑張っていきましょう!」


レポートはこちら

2013オープンリーグ決勝進出者決定!



2013/12/28(土)にオープンリーグの準々決勝、準決勝が開催されました。
予選5~12位の奇数順位卓、偶数順位卓に別れトーナメント3回戦を行います。
各卓上位2名が準決勝進出となり、予選1~4位を加えて同じくトーナメント3回戦を行い各卓上位2名が決勝進出となります。

>
準々決勝の結果
1卓
中村浩三 28.9
松ヶ瀬隆弥 14.0
仲川翔 0.6
渋谷渚 ▲44.5
2卓
谷井茂文 24.6
宮田信弥 15.0
木村弟 14.7
平山友厚 ▲55.3


準決勝の結果
1卓
宮田信弥 30.1
野村祐三 3.6
阿部孝則 ▲9.7
中村浩三 ▲24.0
2卓
松ヶ瀬隆弥 77.9
多井隆晴 19.6
渡辺卓也 ▲28.4
谷井茂文 ▲69.1

決勝進出者の一言コメント
1卓1位 宮田信弥
(B級)
出だしが悪く、今日はダメかと思った所から手が入りだし、残れました。オープンリーグの決勝は4回目、勝ってないので大きなことは言えませんが、多井さんとの初決勝を存分に味わいたいと思います。 
1卓2位 野村祐三
(アスリート)
タイトル戦決勝は久しぶりです。全員私より格上なので胸を借りるつもりで最後まで食らいついていきたいです。
2卓1位 松ヶ瀬隆弥
(B級)
相手が誰であろうと関係ない。「勝つ」のは俺だ!
2卓2位 多井隆晴
(S級)
体調は全く問題ありません。いつもどおりの多井麻雀を打つのみです。


オープンリーグの決勝は12/29(日)神楽坂ばかんすで11:00から行われます。観戦自由ですので、ぜひとも観戦にお越しください。



長崎クリスマスカップの優勝は、今井誠二選手!
 

写真左:今井誠二選手 写真右:プレゼンター 岡澤和洋プロ

長崎クリスマスカップが12/22長崎WILDCATSで行われ、
アスリート今井誠二選手が優勝しました。

ベスト8のみ記載
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦
1 今井誠二 145.2 11.7 32.0 17.9 31.9 16.7 35.0
2 柏井雄 56.7 30.2 25.4 ▲33.0 18.8 4.5 10.8
3 中村正寛 50.9 28.2 7.5 24.3 ▲25.0 31.6 ▲15.7
4 寺田翼 35.3 ▲32.0 28.7 13.8 21.6 35.3 ▲32.1
5 渡辺このみ 34.6 ▲26.4 6.9 29.8 36.8 ▲12.5 -
6 廣田大輔 34.4 6.4 17.5 42.6 ▲24.5 ▲7.6 -
7 黒沢千彩 6.7 ▲5.0 19.9 8.3 7.1 ▲23.6 -
8 川口義樹 ▲5.9 13.3 19.0 ▲2.6 8.8 ▲44.4 -

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

ウラヌスカップの優勝は、ライセンスB仲川翔プロ!
 

写真左:白田みお 写真右:仲川翔プロ

2013スプリントカップ第7戦ウラヌスカップ優勝は、
ライセンスB仲川翔プロでした。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 仲川翔 +92.3
2位 コバ +70.2
3位 阿部孝則 +39.5
4位 吉田信之 +13.5

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

優勝者コメント
「ようやくカップ戦を最後まで勝ち切る事が出来ました。
善人ぶるわけでなく、本当に応援してくださった皆様のおかげだと思います。
会場での声掛けはもちろん、ツイッターでのやりとり等、心からの励みになりました。

その感謝の気持ちを忘れる事無く、今後もより一層の精進していたいと思います!」

レポートはこちら

2013オープンリーグの準々決勝・準決勝の卓組決定!
 
 

今年の4月から8節に渡って行われてきた2013オープンリーグも予選を終了し、2013年12月28日(土)にセミファイナルが行われます。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。
その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。

準々決勝A卓:松ケ瀬隆弥仲川翔中村浩三、渋谷渚
準々決勝B卓:宮田信弥谷井茂文、木村弟、平山友厚

準決勝A卓:阿部孝則、野村祐三、A卓1位、B卓2位
準決勝B卓:渡辺卓也多井隆晴、B卓1位、A卓2位
予選順位順、敬称略)

セミファイナルは、12月28日(土)
ファイナルは、12月29日(日)
会場は、両日 神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。

2012オープンリーグの優勝:渡辺卓也



サターンカップの優勝は、ライセンスB松ヶ瀬隆弥プロ!
 

写真左:松ヶ瀬隆弥プロ 写真右:安達瑠理華

2013スプリントカップ第6戦サターンカップ優勝は、
ライセンスB松ヶ瀬隆弥プロでした。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 松ヶ瀬隆弥 +162.3
2位 山舗徹 +121.8
3位 豊田武夫 +63.3
4位 轟雄太 +24.2




(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

第5期RMUリーグ第8節以降はニコニコ生放送で放映いたします

第5期RMUリーグ第8節(12月14日)、第9節(1月4日)、第10節(2月15日)につきまして、
ニコニコ生放送で放送することとなりました。

放送開始時間は12:00を予定しております。
(大変申し訳ありませんが、スタジオの都合上、観戦は不可となっております。)
放送URLが決定いたしましたのでお知らせいたします。
第8節は全編無料放送でお送りいたします。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv159408946



第7期RMUクラウン優勝は、岡澤和洋プロ(ライセンスA)!

11/2に第7期RMUクラウン決勝戦が開催されました。

5回戦の激闘の末、RMU長崎ライセンスA岡澤和洋プロが優勝されました。おめでとうございます。

最終結果(敬称略)
優勝 岡澤和洋 +52.9
2位 平井 淳 +26.9
3位 石川泰之 ▲29.2
4位 岸部智彦 ▲50.6

優勝者コメント
「長崎の素晴らしい仲間に囲まれながら、これからの人生も麻雀と共に歩んでいきたいと思います。ありがとうございました!」


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦
1 岡澤和洋 52.9 12.5 ▲6.4 10.7 28.5 7.6
2 平井淳 26.9 ▲0.7 20.3 26.8 ▲38.4 18.9
3 石川泰之 ▲29.2 24.1 ▲21.2 ▲27.4 13.6 ▲18.3
4 岸部智彦 ▲50.6 ▲35.9 7.3 ▲10.1 ▲3.7 ▲8.2

レポートはこちら

第7期RMUクラウン決勝開始時間変更のお知らせ


2013/11/2(土)に第7期RMUクラウンの決勝が開催されます。

開始時間を12:00に変更致しましたので、
観戦にいらっしゃる方はお間違いのないようお願い致します。
よろしくお願い致します。

RMU代表 多井隆晴


第7期RMUクラウン決勝進出者決定!



2013/10/27(日)に第7期RMUクラウンの準々決勝が開催されました。
昨日行われました本戦から準々決勝勝ちあがり15名と第6期優勝者川上貴史(最高位戦)を加えた16名で、まずは4卓に別れトーナメント3回戦を行います。
各卓上位2名が準決勝進出となり、同じくトーナメント3回戦を行い各卓上位2名が決勝進出となります。

第7期RMUクラウン準決勝レポート

準々決勝の結果
1卓
桐生美也子 28.5
平山友厚 24.5
川上貴史 -19.1
橘哲也 -36.9
2卓
本島芳明 19.4
石川泰之 19.4
中村正寛 -6.8
紺谷博 -32.0
3卓
岡澤和洋 82.9
平井淳 -9.1
渡辺卓也 -31.4
村田光陽 -42.4
4卓
岸部智彦 56.1
楢原和人 27.7
苅辺直弥 -4.1
古久根英孝 -79.7


準決勝の結果
1卓
石川泰之 49.1
岡澤和洋 26.6
桐生美也子 -27.4
楢原和人 -48.3
2卓
平井淳 69.7
岸部智彦 67.2
平山友厚 -26.4
本島芳明 -110.5

決勝進出者
1卓1位 石川泰之(RMUB級)
1卓2位 岡澤和洋(RMU長崎A級)
2卓1位 平井淳(101競技連盟)
2卓2位 岸部智彦(RMU長崎B級)


第7期RMUクラウン準決勝レポート

第7期RMUクラウンの決勝は11/2(土)神楽坂ばかんすで12:00(時間変更)から行われます。観戦自由ですので、ぜひとも観戦にお越しください。



第7期RMUクラウン本戦の結果(ベスト16決定)



2013/10/26(土)に第7期RMUクラウンの本戦が柳銀座本店と九段下エスプリにて総勢104名にて開催されました。
4回戦の対局を行い、ポイント±0以上の選手が5回戦を行い、ベスト15が10/27(日)マーチャオ新宿店で行われる準々決勝へ勝ち上がります。
準々決勝は、本戦のベスト15と第6期優勝者川上貴史(最高位戦)を加えた16名でトーナメント方式で3回戦を行い、各卓上位2名が同日午後に行われます準決勝に進出。
準決勝もトーナメントを3回戦行い、各卓上位2名が11/2(土)神楽坂ばかんす(時間変更12:00)で行われます、決勝へと駒を進めます。



準々決勝進出者(通過順、敬称略)
1 本島芳明 (最高位戦)
2 平井淳 (101競技連盟)
3 苅辺直弥 (プロ協会)
4 古久根英孝 (フリー)
5 村田光陽 (101競技連盟)
6 紺谷博 (最高位戦)
7 桐生美也子 (最高位戦)
8 平山友厚 (RMU会員)
9 石川泰之 (RMU B級)
10 岡澤和洋 (RMU長崎 A級)
11 楢原和人 (一般)
12 岸部智彦 (RMU長崎 B級)
13 渡辺卓也 (RMU B級)
14 中村正寛 (RMU長崎)
15 橘哲也 (プロ協会)
上記15名に第6期優勝者川上貴史(最高位戦)が加わる



準々決勝卓組み(苗字のみ、敬称略)
1卓 川上 桐生  平山 橘
2卓 本島 紺谷  石川 中村
3卓 平井 村田  岡澤 渡辺
4卓 苅辺 古久根 楢原 岸部
準決勝卓組み
A卓 1卓1位 2卓2位 3卓1位 4卓2位 
B卓 1卓2位 2卓1位 3卓2位 4卓1位 
第7期RMU本戦参加者の方へのお願い


2013/10/26(土)、27(日)に第7期RMUクラウンの本戦、準決勝が開催されます。

天気予報では荒天が予想されており、交通機関の乱れが予想されますので、
受付時刻より少しお早目に会場へお越しいただければ幸いです。

また、強風や濡れたお足元にはくれぐれもご注意ください。

よろしくお願いいたします。

RMU代表 多井隆晴


第7期RMUクラウン予選3日目の結果


2013/10/19(土)に第7期RMUクラウンの予選3日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選3日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。
ここに、RMUクラウン本戦通過者57名が決定しました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 矢島学(プロ協会)
2 鳥居裕一(最高位戦)
3 萩原亮(RMU B級)
4 木村弟(RMU会員)
5 小林勝(一般)
6 江澤陽一(RMU B級)
7 崎見百合(プロ協会)
8 岸赳生(プロ協会)
9 佐々木康彦(最高位戦)
10 中野究(一般)
11 山田田(RMU B級)
12 吉田基成(プロ協会)
13 黒川源悟(一般)
14 楢原和人(一般)
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 黒川源悟(一般)
2 青木悟(一般)
3 楢原和人(一般)
4 関園子(一般)
5 幾島嘉浩(一般)
6 小林勝(一般)
7 矢島学(プロ協会)
8 中野究(一般)
9 藤波寿幸(一般)
第7期RMUクラウン予選2日目の結果


2013/10/12(土)に第7期RMUクラウンの予選2日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選2日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 真弓英大(RMU会員)
2 苅辺直弥(プロ協会)
3 多々羅勝利(一般)
4 金原正雄(一般)
5 本島芳明(最高位戦)
6 雑賀真紀子(麻将連合)
7 村田光陽(101競技連盟)
8 武中真(プロ協会)
9 大浜岳(プロ協会)
10 外山淳一郎(一般)
11 鍛冶田良一(プロ協会)
12 小原健史(一般)
13 佐藤文彦(一般)
14 大塚哲也(最高位戦)
15 山本大介(一般)
16 大森康弘(最高位戦)
17 柾木太志(最高位戦)
18 遠藤真(一般)
19 小山直樹(最高位戦)
20 田中実(101競技連盟)
21 浅井裕介(最高位戦)
22 藤本沙織(一般)
23 相沢せいじ(一般)
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 荒井節子(一般)
2 伊藤翔(最高位戦)
3 佐藤文彦(一般)
4 佐々木康彦(最高位戦)
5 雑賀真紀子(麻将連合)
6 真弓英大(RMU会員)
7 鈴木啓介(一般)
8 高井尚人(プロ協会)
9 柾木太志(最高位戦)
10 山本大介(一般)
11 多々羅勝利(一般)
12 武中真(プロ協会)
13 寺坂直樹(RMUアスリート)
14 高塚茂樹(最高位戦)
15 木村弟(RMU会員)
16 大浜岳(プロ協会)
17 苅辺直弥(プロ協会)
18 須田渉(最高位戦)
19 山田亮(一般)
第7期RMUクラウン予選1日目の結果


2013/10/5(土)に第7期RMUクラウンの予選1日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、ご自身の3回戦のトータルポイントが±0ポイント以上なら勝ち上がりというシステムです。
予選1日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 紺谷博(最高位戦)
2 元島明子(最高位戦)
3 二見大輔(プロ協会)
4 山崎智彦(一般)
5 桐生美也子(最高位戦)
6 谷崎舞華(最高位戦)
7 瀬本裕志(一般)
8 野村祐三(RMUアスリート)
9 コウ(プロ協会)
10 吉冨範子(RMUアスリート)
11 湯澤栄鎮(RMUアスリート)
12 山本篤史(棋士会)
13 増田悠理(RMUアスリート)
14 大浦隆行(一般)
15 中村浩三(RMU B級)
16 三ヶ島幸助(最高位戦)
17 江原翔(RMUアスリート)
18 松嶋桃(プロ協会)
19 梁瀬健太郎(RMUアスリート)
20 三木敏裕(プロ協会)
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 大塚哲也(最高位戦)
2 金原正雄(一般)
3 近藤千雄(プロ協会)
4 山本篤史(棋士会)
5 吉冨範子(RMUアスリート)
6 増田有美(一般)
7 増田悠理(RMUアスリート)
8 松嶋桃(プロ協会)
9 藤本沙織(一般)
10 大浦隆行(一般)
11 浅井裕介(最高位戦)
12 外山淳一郎(一般)
13 川島基敬(一般)
14 元島明子(最高位戦)
15 谷崎舞華(最高位戦)
16 小原健史(一般)
17 コウ(プロ協会)
18 三木敏裕(プロ協会)
19 瀬本裕志(一般)
20 相沢せいじ(一般)
21 本島芳明(最高位戦)
22 山崎智彦(一般)
23 遠藤真(一般)
24 白田みお(RMUアスリート)
25 小美野光昭(RMUアスリート)
ジュピターカップの優勝は、ライセンスA岡澤和洋プロ!
 

写真左:岡澤和洋プロ 写真右:多井隆晴代表

2013スプリントカップ第5戦ジュピターカップ優勝は、
ライセンスA岡澤和洋プロでした。
岡澤プロは長崎から3連休を使っての遠征参加の疲れも物ともせず、
見事な逆転劇を演出してくれました。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 岡澤和洋 +76.1
2位 小西弘文 +65.2
3位 平山友厚 +44.6
4位 瀬本裕志 +18.4


優勝者コメント
「一・二回戦、競技麻雀では皆さん御存知の関園子さんに捲られ4着、カップ戦のホープ筒井さんに着順で競り負け3着!
三回戦、現最強位の水沼さんに粘られながら辛くも逃げ切りトップ!
序盤の闘いぶりから予選落ちを覚悟していました。
幸運にも決勝戦に進出し、『アマ最強』と称される平山さんに勝てた事は、10月に開催されますRMUクラウンでの戦いに大きな自信になりました。
麻雀に集中し優勝できたのも、RMUの運営スタッフのみなさんのお陰だと心より感謝しております。
ありがとうございました!」


(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

長崎G-Ⅲイースタンの優勝は、多々羅勝利さん!
 

写真左:プレゼンター 深津海帆 写真右:多々羅勝利さん

長崎G-Ⅲイースタンが9/8長崎WILDCATSで行われ、
多々羅勝利さんが優勝しました。


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦
1 多々羅勝利 102.1 23.5 ▲7.8 30.8 19.9 6.0 29.7
2 竜王丸 82.8 26.4 8.5 5.8 44.7 27.3 ▲29.9
3 城島清貴 48.1 ▲11.5 17.1 25.4 8.7 23.3 ▲14.9
4 伊井克史 46.1 ▲6.3 31.8 28.5 ▲2.3 ▲20.7 15.1
5 今田裕一 26.9 9.4 32.2 ▲30.7 21.6 ▲5.6  
6 岸部智彦 24.2 24.0 ▲14.6 ▲6.2 29.9 ▲8.9  
7 白石晃一 5.9 ▲21.4 26.4 ▲12.8 11.4 2.3  
8 釜本健太 ▲24.2 9.8 19.3 ▲25.2 ▲4.4 ▲23.7  
9 多井隆晴 ▲0.6 ▲29.9 54.3 5.7 ▲30.7    
10 岡澤和洋 ▲10.0 15.1 5.5 12.6 ▲43.2    
11 藤原健 ▲30.9 ▲21.9 ▲7.1 22.3 ▲24.2    
12 道下理恵子 ▲35.9 35.0 ▲27.8 ▲11.7 ▲31.4    
13 岩村義久 ▲15.4 6.1 ▲14.9 ▲6.6      
14 廣田大輔 ▲39.5 ▲8.2 ▲45.2 13.9      
15 深津海帆 ▲78.9 ▲14.5 ▲34.0 ▲30.4      
16 渡辺このみ ▲100.7 ▲35.6 ▲43.7 ▲21.4      

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

2013年前期Rリーグ全節終了。R1優勝は松ヶ瀬隆弥プロ!
2013/9/1に2013年前期Rリーグが終了しました。
優勝の松ヶ瀬隆弥プロ(B級)と準優勝の宮田信弥プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

優勝 松ヶ瀬隆弥
今回R1リーグ優勝はあくまでも通過点。最終目標はRMUリーグに入りそこで勝つ事。その為には後期のリーグ戦も勝ち、誰も文句の言えない結果を必ず出す!


R1 準優勝 宮田信弥
過去の私のリーグ戦績からすれば、今回の2位という結果は僥倖だと思っています。これで、前2年観戦記を書いたクライマックスリーグの出場権を一応得たわけですが、現状では通用するしない以前に出られるかどうかを心配すべき身だと思っているので、より気を引き締めて後期R1に臨みたいと思います。

その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 伊藤太
R2を優勝しての昇級、非常に嬉しいです。来期の開幕まで多少時間は空きますが、R1で闘えることが今から楽しみで楽しみで……、後期が待ち遠しいです!

R2 準優勝 湯澤栄鎮
3ヶ月前から今日この日のためにずっと考えてやってきました。最後は江澤プロとの条件付き勝負。たまたま自分が恵まれて昇級できました。RMUに麻雀界に少しでも貢献できるようこれからも頑張っていきたいと思います。これからもご指導よろしくお願いします。最後に僕の事を応援してくれていた方々応援ありがとうございました。

R3 優勝 小室貴洋
(最終節)とても楽しかったです!最終戦のドキドキをまた味わえるように、もっと精進します。
R3 準優勝 白田みお
R3リーグをぎりぎりの二位で昇級することができました、第四節を終えた時点では四位で 追い上げる立場だったことが良かったのだと思います。来期はR2リーグです。実力不足なのでどれだけ頑張ることができるのかわかりませんが 全てが勉強だと思って、ひとつでも多くのことを学べたら嬉しいです。

麻雀プロ団体頂上決戦「四神降臨2013王座決定戦」が9/7ニコニコ生放送
 

2013 9/7 19:00よりニコニコ生放送にて、
麻雀プロ団体頂上決戦「四神降臨2013王座決定戦」が放映されます。

なんとこの番組では、4名の各団体の現王者、言うなれば四神。この4 人の神々が団体という枠を超えたステージで神の闘いを繰り広げます!

RMUからは、
2012RMUリーグチャンピオン:谷井茂文プロ(A級)
が出場します。

皆様の応援よろしくお願いいたします。

  最高位戦日本麻雀プロ協会 日本プロ麻雀協会 麻将連合 RMU
対局者 近藤誠一 鈴木たろう 忍田幸夫 谷井茂文

【ナビゲーター】
小林未沙

【解説】
土田浩翔(最高位戦日本プロ麻雀協会)
片山まさゆき 

9/7(土) 19:00~ ニコニコ生放送 「半荘4回戦」

告知PV


マーズカップの優勝は、筒井七夜選手!
 

写真左:プレゼンター 夏目智依 写真右:筒井七夜選手

2013スプリントカップ第4戦マーズカップ優勝は、
筒井七夜選手でした。


また、今回も大盛況の2会場を使用致しまして、21卓での開催となりました。
ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 筒井七夜 +65.7
2位 関園子 +54.3
3位 栗田恭宏 +50.3
4位 水沼利晃 +48.8


優勝者コメント
「リーチのみがウラウラで5200になったのと、フリテンを解消して1500をアガった局が勝因でした。スプリントファイナルには出られると思うので、頑張りたいと思います。」


(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

アースカップの優勝は、石川貞夫さん!
 

写真左:石川貞夫さん 写真右:プレゼンター 深津海帆

2013スプリントカップ第3戦アースカップ優勝は、
石川貞夫さんでした。


また、今回も大盛況の満卓18卓での開催となりました。
ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 石川貞夫 +164.7
2位 河野高志 +99.0
3位 コバ   +65.2
4位 武中真  +46.0


優勝者コメント
「予選4回戦で100pを越える大トップを取れたことで、心に余裕を持って打つことができました。決勝では早々に8000点を放銃してしまいましたが、今日はいけると思っていたので、やはり余裕を持ちながら立て直しを図ることができました。優勝できてよかったです。ありがとうございました。」


(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

7/6(土)放送「麻雀の鉄人」 放送ページ情報
 

7/6(土)「麻雀の鉄人」がニコニコ生放送で開催されます。
RMUからは多井隆晴プロ、河野高志プロが鉄人として参戦!!

ぜひご覧ください。
__

私の記憶が確かならば――

土田浩翔が見つけ出した六人の麻雀の鉄人。
彼らの奇跡の打牌に、最強の挑戦者が挑戦する!
今回の挑戦者は芸能界最強雀士と名高い、萩原聖人。

アルバンスタジアムで最強の挑戦者を鉄人が迎え撃つ!
麻雀プロがプロである意味。 今その命題に答えが出る――

【完全無料放送】ニコニコ生放送にて完全実況生中継!

7月6日 土曜日 20:00~

告知PV
http://www.nicovideo.jp/watch/1371727962

放送ページ
http://live.nicovideo.jp/gate/lv143036645

特設ページ 
http://www.alban-studio.com/iron/


ヴィーナスカップの優勝は、天野貴元さん!
 

写真左:プレゼンター 白田みお 写真右:天野貴元さん

2013スプリントカップ第2戦ヴィーナスカップ優勝は、
天野貴元さんでした。
闘病とリハビリを乗り越えての優勝、おめでとうございます!

天野さんの優勝コメントを画像で掲載します。

また、今回も大盛況の満卓19卓での開催となりました。
ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

優勝 天野貴元 +80.3
2位 野村祐三 +60.6
3位 筒井七夜 +46.4
4位 平塚大輔 +22.8

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

長崎G-IIソルリアスの優勝は、岸部智彦プロ!
 

写真左:プレゼンター 岩村義久プロ 写真右:岸部智彦プロ

長崎G-IIソルリアスが5/12長崎WILDCATSで行われ、
ライセンスB岸部智彦プロが優勝しました。


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦
1 岸部智彦 54.1 10.1 24.7 19.4 - ▲11.4 ▲8.8 20.1
2 岡澤和洋 37.4 42.0 ▲21.5 ▲22.7 6.3 - 25.4 7.9
3 竜王丸 ▲11.0 ▲18.0 6.6 - 22.9 27.8 ▲24.7 ▲25.6
4 白石晃一 ▲36.7 ▲34.1 - 7.1 ▲21.9 7.5 8.1 ▲3.4
5 廣田大輔 ▲45.8 - ▲9.8 ▲3.8 ▲8.3 ▲23.9 - -

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

長崎G-IIソルリアス決勝進出者決定!
 

5/6に長崎Wildcatsにて長崎G-IIソルリアス準決勝が行われ、5名の決勝進出者が決定しました!

竜王丸選手
岸部智彦プロ
廣田大輔プロ
白石晃一プロ
岡澤和洋プロ

決勝戦は長崎Wildcatsにて5/12(日)に開催します。


2012RMUアワード表彰式
2012RMUアワードの表彰式が2013年5月6日のマーキュリーカップの開会式の中で行われました。
多井隆晴プロ(S級)が2007、2009、2010、2011年度に続いて4年連続5回目の最優秀選手賞を獲得しました。また、2年連続で最多勝、最多得点も獲得しております。
また、最優秀順位率にはアワード初獲得となる萩原亮プロ(B級)が獲得しました。


なお、多井隆晴プロは、RMUアワードのセレモニー後の第1回戦でトップを取り、通算200勝を達成いたしました。

2012RMUアワード最優秀選手賞、最多勝、最多得点 多井隆晴(S級)

写真左:プレゼンター 白田みお 写真右:多井隆晴(S級)

2012RMUアワード最優秀順位率 萩原亮(B級)

写真左:プレゼンター 安達瑠理華 写真右:萩原亮(B級)



マーキュリーカップの優勝は、日本プロ麻雀協会所属小葉松知行選手!
 

写真左:プレゼンター 白田みお 写真右:小葉松知行選手

2013スプリントカップ第1戦マーキュリーカップ優勝は、
日本プロ麻雀協会所属小葉松知行選手でした。

ゴールデンウィークの最終日という貴重なお時間に、当日会場に足を運んでいただいた方、総勢116名!
RMUスプリントカップ史上最多の参加人数となりました。
このような初のことで運営にもたついてしまい、ご来場頂きました皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

優勝 小葉松知行 +86.7
2位 せきなな +66.9
3位 平山友厚 +40.2
4位 中西浩貴 +23.5

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

賞金総額1000万円の麻雀競技会“全国麻雀選手権”が開催!


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、史上最大規模の麻雀競技会として「全国麻雀選手権」を4月12日より開催いたします。本大会は、麻雀大会としては過去最大となる、賞金総額1000万円での実施となります。また、参加費は完全に無料で18歳以上の方なら誰でも参加が可能なオープン大会です。ネット麻雀での本戦を経て、その後の準決勝・ファイナルはリアル麻雀での対局となります。

麻雀に対しては「ギャンブル」「違法」というイメージを持たれがちですが、本大会は、それらのイメージを払拭すべく、麻雀の社会的地位・イメージの向上を最大の目的として、法的に完全にクリーンな大会として企画いたしました(法律事務所や各省庁に確認済み)。

大会趣旨に賛同いただいた、産経新聞・サンケイスポーツ・夕刊フジの後援を受け、その他多数の企業や麻雀プロ団体の協力を得て実施されます。さらに、大会参加者数に応じて寄付金を積み立て、全国の老人ホームに麻雀牌を寄付するチャリティー活動も展開いたします。

また、参加者全員に、麻雀の強さの全国指標として、「全日本ランク」を授与いたします。

  • 主催:株式会社シグナルトーク
  • 協賛企業:富士通株式会社
  • 後援企業:産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ
  • 協力企業・団体:株式会社ドワンゴ、NECビッグローブ株式会社、エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社、ニフティ株式会社、Yahoo!ゲーム、ソネットエンタテインメント株式会社、まーちゃお、株式会社アルバン、ユナイテッド株式会社、最高位戦日本プロ麻雀協会、RMU(Real Mahjong Unit)、 麻将連合(μ:ミュー)、学生麻雀部連合、日本健康麻将協会、101競技連盟、全国麻雀業組合総連合会、全国麻雀段位審査会


■全国麻雀選手権 概要

全国麻雀選手権は、本戦・準決勝・ファイナルの3ステージに分かれています。準決勝以上の進出者には、賞金と全日本ランク認定書を授与いたします。参加は1人1回限りです。2013年7月14日時点で18歳未満の方は準決勝出場はできませんので、予めご了承ください。その他参加規約については、全国麻雀選手権公式ページをご覧ください。

□本戦
オンライン麻雀 Maru-Janにて実施されます。一般部門は東南戦8戦・プロ部門は東南戦16戦の成績を競い、一般部門上位80名と、プロ部門上位20名が準決勝に進出します。対局に必要な場代ポイントは、参加申込時に贈与されます。

□準決勝
東京都新宿の雀荘にて実施されます。一般・プロ計100名で対局を行い、4人のファイナリストを決定します。

□ファイナル
東京都池袋にて実施されます。4人のファイナリストの中から、全国麻雀選手権の頂点を決定します。ファイナルの模様は、ニコニコ生放送にて生中継されます。

■参考URL

全国麻雀選手権 公式ページ
http://www.maru-jan.com/NMC/?drn=20130412
全国麻雀選手権 大会趣旨
http://www.maru-jan.com/NMC/expression.html?drn=20130412
全国麻雀選手権 高額賞金の合法性について
http://www.maru-jan.com/NMC/legal.html?drn=20130412



過去のトピックス(2009年度)
過去のトピックス(2010年度)
過去のトピックス(2011年度)
過去のトピックス(2012年度)
過去のトピックス(2013年度)
過去のトピックス(2014年度)
過去のトピックス(2015年度)
過去のトピックス(2016年度)
過去のトピックス(2017年度)
過去のトピックス(2018年度)



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.