GII長崎あじさい記念優勝は最高位戦日本プロ麻雀協会水巻渉プロ!!
 

写真中央:水巻渉プロ 後列左から:谷井茂文プロ、廣田大輔プロ、 團野和広さん


2015/4/12 GII長崎あじさい記念が長崎wildcatsワイルドキャッツで行われ、高位戦日本プロ麻雀協会水巻渉プロが、優勝いたしました。

    優勝 水巻渉プロ
    準優勝 廣田大輔プロ(後列中央)
    第3位 谷井茂文プロ(後列左)
    第4位 團野和広さん(後列右)

優勝者コメント
「決勝戦は手牌に恵まれた面もありましたが、初参戦で優勝することができ、嬉しく思います。
来年もディフェンディングチャンピオンとして是非また長崎に来たいと思います。」



長崎あじさい記念の予選が行われました
 

写真左:酒井啓太選手 写真右:江頭威夫貴選手

3/29に長崎あじさい記念の予選が行われ、酒井啓太選手と江頭威夫貴選手が勝ちあがりました。


レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

2014年クライマックスリーグ優勝は松ヶ瀬隆弥プロ!
2014クライマックスリーグ
優勝  松ヶ瀬隆弥(B級)  (レポート)
B級選手がクライマックスリーグを勝利いたしましたので、来期から松ヶ瀬隆弥プロはRMUリーグ入りが決定いたしました。


2014年クライマックスリーグ
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 1日目小計 6回戦 7回戦 8回戦 9回戦
1 松ヶ瀬隆弥
松ヶ瀬隆弥
(北海道)
77.4 2.9 15.4 37.1 15.9 13.7 85.0 6.0 ▲30.6 ▲2.3 19.3
2 谷井茂文
谷井茂文
(北海道)
73.4 29.9 ▲10.0 5.4 ▲18.0 0.5 7.8 20.2 29.3 ▲56.5 72.6
3 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
56.6 13.1 11.1 23.6 ▲31.4 45.9 62.3 32.7 ▲11.7 8.3 ▲35.0
3 多井隆晴
多井隆晴
(東京都)
▲36.0 2.1 42.4 ▲8.6 5.6 ▲23.2 18.3 ▲58.9 12.0 50.5 ▲57.9
5 阿部孝則
阿部孝則
(東京都)
2.1 26.0 ▲12.6 ▲24.2 24.4 ▲11.5 2.1 - - - -
6 萩原亮
萩原亮
(東京都)
▲34.9 ▲42.0 32.8 ▲36.3 ▲23.6 34.2 ▲34.9 - - - -
7 河野高志
河野高志
(東京都)
▲61.0 ▲23.0 ▲33.9 9.2 33.5 ▲46.8 ▲61.0 - - - -
8 岡澤和洋
岡澤和洋
▲79.6 ▲9.0 ▲45.2 ▲6.2 ▲6.4 ▲12.8 ▲79.6 - - - -


2014年後期Rリーグ全節終了。R1優勝は中村浩三プロ!
2015/3/7に2014年後期Rリーグが終了しました。
優勝の中村浩三プロ(B級)と準優勝の松ヶ瀬隆弥プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

R1 優勝 中村浩三
連続優勝という結果になるとは、夢にも思っていませんでした。
2014後期は、終始クライマックスリーグを見据えて、

1.降級しない
2.クライマックスリーグを戦いきるためにメンタルを強く持つ
3.致命的な4着をひかない

この3つを念頭に戦いました。

その結果、まさかの優勝という結果がついてきてとても嬉しく思っています。
クライマックスリーグへの準備は万全です。
優勝して、RMUリーグ入りをしたいと思います!応援よろしくお願いします!

R1 準優勝 松ヶ瀬隆弥
今回2位になりクライマックスリーグの権利を獲たのは正直嬉しいですが最終日の内容がイマイチだったので素直に喜べません。
クライマックスリーグでは必ず勝って来期からはRMUリーグに参戦します!

その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 月島ひかる
応援してくださった方ありがとうございました。
本当に実力ではないと思います。
次は実力でR1を優勝します。

R2 準優勝 渡辺太郎
R2最終戦、自分は2位というポジションにいましたが2位から7位までの6人が約20ポイント差で競っていて残り2枠を争うという大接戦でした。胃が痛くなるような展開でしたがなんとか最終戦2着を取りトータル2位で昇級することができました!
来期からは初めてのR1リーグでの戦いですがとても楽しみです。強い方々ばかりなので緊張しますが、自分の麻雀をぶつけたいと思います!

R2 3位 安達瑠理華
首位で迎えた最終節でしたが最終戦までに大きくマイナスしてしまい、改めて自分の未熟さを痛感しました。
しかし前回R1に昇級した時は戸惑いや不安が大きかったですが、今回はより上のステージに挑戦出来る事を素直に嬉しく感じています。
ここまで御声援、御指導してくださった皆様に感謝します。本当にありがとうございました。
一つでも多くの事を学べるように精進していきますので、今後ともよろしくお願い致します!
R3 優勝 半田直樹
競技麻雀を始めたばかりの私にとって、毎節のRリーグは貴重な経験となっていました。その中で結果までもついてきてくれたのは、出来過ぎに思います。今後少しでも今回の経験を活かし、成長していきたいです。
R3 準優勝 羽木宏幸
今節は「集中して打つ」ということをテーマにして臨みました。
ひどく疲れましたが、集中できていた証拠だと思います。
今までは観戦者を気にしたり、別卓の動きを見てしまったりしていましたが、今節はそのようなことがありませんでした。集中しすぎて競技マナーが疎かにならないように気をつけました。
その集中力が今回の結果につながったかもしれません。
来節からも教わったことをなるべく本番で出せるよう集中して、臨もうと思います。


R3 3位 吉冨範子

2014スプリントファイナルの優勝は、RMU会員の木村弟選手!!
 

2015年3月8日(日)に、麻雀スリアロチャンネルにて2014スプリントファイナル決勝が行われ、
優勝は、RMU会員の木村弟選手でした!

順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1 木村弟 33.0 31.6 17.7 7.8 ▲24.1
2 秋山裕邦 12.7 17.7 ▲4.8 ▲8.9 8.7
3 武中真 ▲0.2 0.6 ▲20.9 27.6 ▲7.5
4 コバ ▲47.5 ▲49.9 7.0 ▲26.5 21.9



優勝者コメント
「対局者全員のレベルが高くすごくビクビクしてましたが無事優勝できたのでお兄さんの出産祝いに使わせていただきます!」



レポートはこちら



長崎G-Ⅲウエスタンの優勝は、ライセンスSS多井隆晴プロ!
 

写真左:多井隆晴 写真右:プレゼンター 川端由紀選手

長崎G-Ⅲウエスタンの決勝が2/28長崎WILDCATSで行われ、
ライセンスSS多井隆晴プロが優勝しました。

優勝者コメント
「また勝ってしまいました(笑)。今回は長崎のプロが2名決勝に残ってくれたのが良かった。できれば私を倒して優勝して欲しかった。今後の精進を期待します。」


ベスト8のみ記載
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦
1 多井隆晴 66.5 10.2 1.8 4.5 14.0 43.8 ▲7.8
2 伊井克史 51.3 23.1 27.6 ▲7.6 ▲1.8 ▲1.2 11.2
3 岡澤和洋 ▲2.3 ▲15.9 44.7 0.0 ▲43.5 ▲15.9 28.3
4 奥村勇気 ▲5.8 12.1 ▲11.6 21.8 31.3 ▲27.7 ▲31.7
5 柏井雄 ▲7.0 ▲27.4 9.5 10.9 - - -
6 古橋寛樹 ▲19.9 ▲31.7 ▲9.3 21.1 - - -
7 渡辺このみ ▲39.7 ▲1.6 ▲20.1 ▲18.0 - - -
8 多々羅勝利 ▲44.1 31.2 ▲42.6 ▲32.7 - - -

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

第1回RMUトライアルフェスタinOsakaの優勝は、日本プロ麻雀協会の美影あやさん!
 

写真左:多井隆晴 写真右:美影あやさん

第1回RMUトライアルフェスタinOsakaが大阪江坂のまーじゃんエサカ様で行われ、栄えある第1回の優勝は、
日本プロ麻雀協会の美影あやさんでした。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。
RMU創立初の関西での公式戦を行うことができまして、とても嬉しく思っています。
また、協力団体プロの方にも協力していただきましてありがとうございました。
今後もこのような関西での大会を定期的な行事にしていけたらと考えております。
関西のみなさま。今後共、RMUをよろしくお願いいたします。

優勝 美影あや +83.6
2位 観下健太朗 +72.3
3位 平井研一 +56.4
4位 新井元気 +32.3

(敬称略 全試合終了時)

優勝者コメント
「今回は初めてRMUルールの大会に参加させてもらって手探りなまま対局に挑みました。
私なりに正着な一打一打を打てたと思ってます。
あとで谷井プロにこんな打ち方もあるよ、と色んなアドバイスも貰えたりして凄く勉強になりました。
楽しい時間をありがとうございました!」


第6期RMUリーグ優勝はライセンスSS多井隆晴プロ!!
 

第6期RMUリーグ優勝は、ライセンスSS多井隆晴プロ!!



第6期 RMUリーグ成績(全10節終了時)
順位 選手名 合計 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節
1 多井隆晴
多井隆晴
(東京都)
58.9 54.6 ▲25.4 8.6 34.1 ▲15.2 45.9 ▲34.1 4.1 7.9 ▲21.6
2 谷井茂文
谷井茂文
(北海道)
▲15.7 ▲4.6 24.2 ▲24.1 ▲2.2 46.8 ▲33.7 51.7 45.2 1.7 ▲120.7
3 阿部孝則
阿部孝則
(東京都)
▲18.0 ▲18.5 4.4 ▲9.8 ▲21.1 ▲15.0 50.1 ▲15.7 ▲41.8 ▲42.4 91.8
4 河野高志
河野高志
(東京都)
▲27.2 ▲31.5 ▲3.2 25.3 ▲10.8 ▲17.6 ▲62.3 ▲1.9 ▲7.5 31.8 50.5

レポートはこちら


2014スプリントファイナルの決勝進出者が決定しました!
 

2012スプリントファイナルの決勝進出者が決定しました!

写真、左から
秋山裕邦 (日本プロ麻雀協会)
「補欠繰り上がりのラッキーを活かして、決勝は気楽に戦いたいと思います。」
武中真 (日本プロ麻雀協会)
「多井さんと決勝で戦いたかったですけど・・・ 3年前に決勝で負けたリベンジします。」
コバ (日本プロ麻雀協会)
「スプリントカップは相性がいい大会なので、勝ちに行きます。」
木村弟 (RMU会員)
「勝つのは俺だ!絶対優勝してやる!!」
(敬称略)

決勝は、3月8日(日)11:00より スリアロチャンネルにて、ニコニコ生放送で放映いたします。


2014スプリントファイナル準々決勝進出者と卓組決定!
 
 

1年間戦い続けたスプリントカップもついにファイナル! ポイントを積み重ねた選手たちが、栄冠を目指して戦います。
1月31日(土)11時より神楽坂ばかんすにて、2014スプリントファイナル1日目が開催されます。

【2014スプリントポイント】

総合順位 選手名 総合
ポイント
マーキュリー ヴィーナス アース マーズ ジュピター サターン ウラヌス ネプチューン
1 多井隆晴 20   7       3   10
2 安田和弘 16   10 6          
3 小西弘文 14         7     7
4 野村祐三 14   2 7       3 2
5 コバ 14 2   2 10        
6 五輪和敏 13 3         10    
7 楢原和人 13     3   10      
8 武中真 12     3   2   5 2
9 轟雄太 12 7   5          
10 仲川翔 10         2   2 6
11 木村弟 10         5     5
12 秋山裕邦 10             10  

※本人の事情により棄権者が出ましたので、13位の秋山さんが繰り上がります。
 準々決勝の組み合わせも変更になっております。



5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。

その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。


※選手の方への個別のご連絡は致しておりませんので、集合時間に遅れないようにお願い致します。
準々決勝(11時集合)
A卓 コバ 楢原和人 轟雄太 木村弟
B卓 五輪和敏 武中真 仲川翔 秋山裕邦 

準決勝(15時集合)
A卓 多井隆晴  小西弘文 A卓1位 B卓2位
B卓 安田和弘 野村祐三 A卓2位 B卓1位

スプリントカップ順位順、敬称略)

準々決勝・準決勝は、1月31日(土) 神楽坂ばかんす(観戦自由)
決勝は、3月8日(日) スリアロチャンネルにて、ニコニコ生放送で放映
両日、11:00より開局です。

2013スプリントファイナル優勝:野村祐三選手



2014オープンリーグ優勝は、RMU会員永峯龍二選手!
 

写真左:永峯龍二選手 写真中プレゼンター:多井隆晴プロ 右:プレゼンター小林景吾



2014オープンリーグの決勝が2015/1/12スリアロチャンネルにてニコニコ生放送で放映されました。
2014オープンリーグ優勝は、永峯龍二選手でした。


【2014オープンリーグ決勝成績】
順位
選手名
合計
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
1 永峯龍二 (会員) 74.8 18.1 21.1 5.2 30.4
2 吉田信之 (会員) 14.9 ▲4.5 6.1 ▲5.7 19.0
3 浅井堂岐 (プロ協会) ▲42.2 ▲20.2 ▲5.7 22.8 ▲39.1
4 鈴木智憲 (B級) ▲47.5 6.6 ▲21.5 ▲22.3 ▲10.3


優勝者コメント
「今日は自分らしい麻雀ができたと思います。
最終戦、浅井さんに並ばれてしまった時にどう転んでも2位には残れるかな?という感じでリラックスして打てたことが良かったと思います。
また、家族と社員に良い報告ができてとても嬉しいです。ありがとうございました! 」


レポートはこちら

ネプチューンカップの優勝は、ライセンスSS多井隆晴!
 

写真左:南地祐圭 写真右:多井隆晴

2014スプリントカップ第8戦ネプチューンカップ優勝は、
ライセンスSS多井隆晴プロでした。

ご来場頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。
今大会にて2014年度のRMUスプリントカップ全8戦が終了し、スプリントファイナル進出者が決定いたしました。
セミファイナルは、2015年1月31日(土) 会場は、神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
ファイナルは、2015年3月8日(日) ニコニコ生放送スリアロチャンネルにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。(決勝は会場の都合により現地観戦不可)

優勝 多井隆晴 +86.7
2位 小西弘文 +45.9
3位 仲川翔 +41.5
4位 木村弟 +18.5

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

優勝者コメント
「今日は全体的に、手牌に恵まれたおかげもあり、内容は悪くなかったと思います。
予選から決勝戦まで、誰かが必ず観戦してくださっていたので、モチベーションが上がり、集中力が持続しました。
こうなったらスプリントファイナルも、最低でも決勝戦にはいきたいですね。」
レポートはこちら

新年 RMU代表 多井隆晴 挨拶

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

旧年中は大会参加や番組視聴など、多大なご支援とご協力を頂き、誠にありがとうございました。
新年もスリアロチャンネル様にご協力をいただき、更に番組配信のほうに力を入れていきたいと考えておりますので、より一層のご支援を賜りますよう、会員一同心よりお願い申し上げます。
皆様にとって新年が、更に良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2015年 元旦

RMU代表 多井隆晴

2014オープンリーグ決勝進出者決定!



2014/12/28(日)にオープンリーグの準々決勝、準決勝が開催されました。
予選5~12位の奇数順位卓、偶数順位卓に別れトーナメント3回戦を行います。
各卓上位2名が準決勝進出となり、予選1~4位を加えて同じくトーナメント3回戦を行い各卓上位2名が決勝進出となります。


準々決勝の結果
1卓
選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
鈴木智憲 61.4 23.8 29.0 8.6
三木敏裕(協) 42.9 12.9 ▲8.1 38.1
秋山裕邦(協) ▲31.7 ▲1.4 12.8 ▲43.1
2卓
選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
浅井堂岐(協) 31.8 0.1 35.3 ▲3.6
伊藤翔(最) 10.6 ▲27.0 1.3 36.3
梁瀬健太郎 ▲6.7 ▲14.2 ▲11.6 19.1
多井隆晴 ▲36.7 41.1 ▲25.0 ▲52.8


準決勝の結果
A卓
選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
吉田信之 33.1 3.5 15.4 14.2
鈴木智憲 27.6 ▲29.7 33.0 24.3
伊藤翔(最) ▲6.8 33.2 ▲29.4 ▲10.6
仲川翔 ▲54.9 ▲7.0 ▲19.0 ▲28.9
B卓
選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
浅井堂岐(協) 83.6 54.8 39.0 ▲10.2
永峯龍二 9.1 10.1 ▲34.8 33.8
三木敏裕(協) ▲17.0 ▲24.1 ▲7.7 14.8
堀慎吾(協) ▲76.7 ▲40.8 2.5 ▲38.4



オープンリーグの決勝は2015/1/12(月祝)スリアロチャンネルにてニコニコ生放送で11:00から放映されます。
会場の都合により、現地観戦は出来ませんので、ぜひともスリアロチャンネルに会員登録をお願い致します。



2014オープンリーグの準々決勝・準決勝の進出者と卓組決定!
 
 

今年の4月から8節に渡って行われてきた2014オープンリーグも予選を終了し、2014年12月28日(日)にセミファイナルが行われます。

5位~12位の8名で奇数順位卓・偶数順位卓に別れ、トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝へと駒を進めます。
その4名と予選上位4名を加えて2卓に別れ、再度トーナメント3回戦を行い、各卓上位2名の4名が決勝の舞台へ駒を進めます。

準々決勝(11時集合)
準々決勝1卓: 三木敏裕 秋山裕邦 鈴木智憲
準々決勝2卓: 伊藤翔 梁瀬健太郎 浅井堂岐 多井隆晴

準決勝(15時集合)
準決勝A卓: 吉田信之 仲川翔 準々決勝1卓1位 準々決勝2卓2位
準決勝B卓: 堀慎吾 永峯龍二 準々決勝1卓2位 準々決勝2卓1位
予選順位順、敬称略)



セミファイナルは、12月28日(日)会場は、神楽坂ばかんすにて、11:00より開局です。
ファイナルは、2015年1月12日(月祝)ニコニコ生放送スリアロチャンネルにて、11:00より開局です。
皆様の観戦をお待ちしております。(決勝は会場の都合により現地観戦不可)



2013オープンリーグの優勝:多井隆晴

 


ウラヌスカップの優勝は、日本プロ麻雀協会 秋山裕邦さん!
 

写真左:プレゼンター阿部孝則 写真右:秋山裕邦さん

2014スプリントカップ第7戦ウラヌスカップ優勝は、日本プロ麻雀協会 秋山裕邦さんでした。

17卓の総勢68名!
師走のお忙しい時期にお越しいただいたみなさま。本当にありがとうございました。

優勝 秋山裕邦 +87.8
2位 知念毅 +59.0
3位 渋谷渚 +36.5
4位 武中真 +35.4

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「今年度のスプリントカップは6回全て参加していたけど全て敗退していたのですが、7回目の今回後半で連勝して初めてbest16に残れ、そのまま優勝することができました。 これでスプリントファイナルにはほぼ出られそうですが、最終戦のネプチューンカップにも出る予定で準決勝シードを狙いたいですし、このままだと10pでも恐らくファイナルに出られない、同じ協会の佐久間さんにも出るように言っておきます(笑) 」


レポートはこちら

 
長崎クリスマスカップの優勝は、平田勝則選手!
 

写真左:プレゼンター野口みちるプロ(最高位戦日本プロ麻雀協会) 写真右:平田勝則選手

毎年年末恒例のクリスマスカップが、12/6長崎WILDCATSで行われ、長崎RMUリーグ所属の平田勝則選手が優勝しました!!

終始安定した成績で、決勝では多井隆晴プロを退け、トップを取っての優勝でした!

クリスマスカップの速報(成績の詳細)はWILDCATSのブログで掲載中

オンライン麻雀 Maru-Janにて第2回麻雀七勲杯が開催中です!
 

今週12/ 4(木) 11時30分より、第2回麻雀七勲杯
オンライン麻雀 Maru-Janにて開催されます。

RMUプロも多数参加いたします。
皆様の参加をRMU一同、心よりお待ちしております。



第8期RMUクラウン優勝は、ライセンスS河野高志プロ!

11/30に第8期RMUクラウン決勝戦がスリアロチャンネルのニコニコ生放送で開催されました。

4回戦の最終戦のオーラスまで縺れに縺れた激闘の末、RMUライセンスS河野高志プロが優勝しました。おめでとうございます。

最終結果(敬称略)
優勝 河野高志 +69.1
2位 坂本大志 +57.3
3位 水巻 渉 ▲40.9
4位 浜崎 悠 ▲86.5

優勝者コメント
「シードをもらっている立場で、B28からB16、B8、決勝と内容もよく、いい感触でずっと打てていました。また、決勝戦の1回戦で戦えていると思いました。その感触を最終戦まで持続でき、最後は皆さんをハラハラさせてしまいましたが、自分のツモで決着でき嬉しいです。応援して頂いた皆様ありがとうございました!」




順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1 河野高志 69.1 30.5 43.4 ▲6.3 1.5
2 坂本大志 57.3 ▲20.0 ▲12.2 35.2 54.3
3 水巻渉 ▲40.9 ▲30.6 5.6 6.7 ▲22.6
4 浜崎悠 ▲86.5 20.1 ▲37.8 ▲35.6 ▲33.2

決勝観戦記



サターンカップの優勝は、五輪和敏さん!
 

写真中央:五輪和敏さん

2014スプリントカップ第6戦サターンカップ優勝は、五輪和敏さんでした。

18卓の総勢72名!
足元の悪い中お越しいただいたみなさま。本当にありがとうございました。

優勝 五輪和敏 +115.0
2位 芝美穂子 +78.4
3位 金原正雄 +59.1
4位 中島慶紀 +56.9

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「今日は1日を通してずっと運とツキに味方されていました。決勝に残ったこともそうですし、決勝という舞台で優勝できたことも。。。スプリントファイナルもこの調子でいい成績を残したいです!」


レポートはこちら

 
第8期RMUクラウン決勝進出者決定!



2014/11/24(月祝)に第8期RMUクラウンの準々決勝、準決勝が開催されました。
昨日行われました本戦とベスト28トーナメントから準々決勝へ勝ちあがりを決めた15名と第7期優勝者岡澤和洋(RMU長崎A級)を加えた16名で、4卓に別れトーナメント3回戦を行います。
各卓上位2名が準決勝進出となり、同じくトーナメント3回戦を行い各卓上位2名が決勝進出となります。

第8期RMUクラウン準決勝レポート

準々決勝の結果
1卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
楢原和人 1 34.8 16.2 9.7 8.9
水巻渉 2 32.2 16.2 22.5 ▲6.5
原浩明 3 13.0 ▲2.9 ▲27.4 43.3
岡澤和洋 4 ▲82.0 ▲29.5 ▲6.8 ▲45.7
2卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
藤中慎一郎 1 61.3 29.3 3.3 28.7
坂本大志 2 55.8 8.7 30.1 17.0
小川裕史 3 ▲54.3 ▲36.5 14.2 ▲32.0
伊藤翔 4 ▲62.8 ▲1.5 ▲47.6 ▲13.7
3卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
福井仁 1 80.2 62.1 9.6 8.5
河野高志 2 21.9 36.8 ▲51.9 37.0
安達瑠理華 3 ▲35.4 ▲5.8 ▲13.0 ▲16.6
金大賢 4 ▲66.7 ▲93.1 55.3 ▲28.9
4卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
橘哲也 1 12.0 ▲7.6 ▲5.5 25.1
浜崎悠 2 7.3 8.1 5.5 ▲6.3
多井隆晴 3 6.8 21.8 ▲19.7 4.7
齋藤巧也 4 ▲28.1 ▲22.3 19.7 ▲25.5


準決勝の結果
A卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
坂本大志 1 66.1 4.2 43.0 18.9
浜崎悠 2 43.7 22.0 13.4 8.3
福井仁 3 ▲29.2 ▲21.1 ▲2.6 ▲5.5
楢原和人 4 ▲81.6 ▲6.1 ▲53.8 ▲21.7
 
A卓 トータルポイント 1回戦 2回戦 3回戦
水巻渉 1 45.6 40.0 26.1 ▲20.5
河野高志 2 20.8 11.0 ▲9.6 19.4
橘哲也 3 ▲10.8 ▲33.1 15.1 7.2
藤中慎一郎 4 ▲55.6 ▲17.9 ▲31.6 ▲6.1
 

決勝進出者(決勝への意気込みを一言ずつ伺いました)
1卓1位 坂本大志 (最高位戦日本プロ麻雀協会)

第3期RMUクラウン以来の決勝戦です。5年前の忘れ物を取りに行きます!

 
2卓1位 水巻渉 (最高位戦日本プロ麻雀協会) 今年は本場所のAリーグを降級して非常に悔しい思いをしているので是非とも勝ちたいです!
 
1卓2位 浜崎悠 (一般) 前回ベスト8で敗退したので決勝に残って本当に嬉しいです。前年の優勝者が恩師の岡澤和洋プロなのでそれに続いて優勝できるように頑張ります。
 
2卓2位 河野高志 (RMU S級) 最高位戦の水巻、坂本、元RMU会員の浜崎と実力者との決勝は本当に楽しみです。 勝負は時の運ですが、内容のある麻雀をお見せできるよう頑張ります!
 


第8期RMUクラウン準決勝レポート

第8期RMUクラウンの決勝は11/30(日)スリアロチャンネルにて11:00より生放送を行われます。会場の都合上、現地での観戦は出来ませんので、ぜひともこの機会にスリアロチャンネルにご入会ください。



第8期RMUクラウン本戦の結果(ベスト16決定)



2014/11/23(日)に第8期RMUクラウンの本戦が柳銀座本店にて総勢76名にて開催されました。
3回戦の対局を総当り戦で行い、1位が翌日の準決勝へ進出。2位から27位の26名に昨年のRMUリーグチャンピオン河野高志プロと、ライセンスSS級の多井隆晴プロを加えた28名の7卓に別れ、トーナメント方式(同面子にて、3半荘)を行い、各卓ポイント上位の2名、計14名が翌日11/24(月祝)に神楽坂ばかんすで行われる準々決勝に進出します。
準々決勝は、本戦の1位通過者と第7期優勝者岡澤和洋プロ(長崎・A級)を加えた16名でトーナメント方式で3回戦を行い、各卓上位2名が同日午後に行われます準決勝に進出。
準決勝もトーナメントを3回戦行い、各卓上位2名が11/30(日)マージャンスタジオでニコニコ生放送で行われます、決勝へと駒を進めます。



ベスト16進出者(本戦1位通過、敬称略)
1 小川裕史(RMU長崎)

ベスト28進出者(通過順、敬称略)
2 水巻渉(最高位戦) 86.9
3 野村祐三(RMUアスリート) 81.7
4 藤中慎一郎(RMU A級) 75.5
5 橘哲也(プロ協会) 73.5
6 齋藤巧也(最高位戦) 62.1
7 嶋村俊幸(最高位戦) 56.3
8 斎藤俊(プロ協会) 53.7
9 道下理恵子(RMU長崎) 51.7
10 楢原和人(一般) 46.8
11 福井仁(プロ協会) 46.1
12 金大賢(プロ協会) 42.7
13 原浩明(麻将連合) 42.3
14 岸赳生(プロ協会) 40.2
15 仲川翔(RMU B級) 34.7
16 矢島学(プロ協会) 33.6
17 坂本大志(最高位戦) 33.4
18 川島基敬(一般) 33.1
19 川田宰(一般) 32.9
20 中西龍(一般) 32.7
21 伊藤翔(最高位戦) 31.7
22 安達瑠理華(RMUアスリート) 31.5
23 浜崎悠(RMU会員) 30.6
24 山本大介(一般) 30.5
25 城島清貴(麻将連合) 27.6
26 村上淳(最高位戦) 27.4
27 武中真(プロ協会) 24.3

本戦全選手の成績はこちら

ベスト28卓結果(敬称略)
1卓 河野高志, 岸赳生, 嶋村俊幸, 伊藤翔  
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 河野高志 40.0 37.7 34.5 ▲32.2
2 伊藤翔 ▲1.2 ▲14.3 6.4 6.7
3 嶋村俊幸 ▲13.4 13.1 ▲4.4 ▲22.1
4 岸赳生 ▲25.4 ▲36.5 ▲36.5 47.6

2卓 安達瑠理華, 多井隆晴, 仲川翔, 斎藤俊
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 多井隆晴 24.5 41.8 17.0 ▲34.3
2 安達瑠理華 15.0 9.4 ▲5.7 11.3
3 斎藤俊 ▲3.8 ▲40.1 5.9 30.4
4 仲川翔 ▲37.7 ▲11.1 ▲17.2 ▲9.4

3卓 道下理恵子, 浜崎悠, 矢島学, 水巻渉  
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 水巻渉 57.1 ▲26.3 72.9 10.5
2 浜崎悠 35.0 30.0 ▲16.7 21.7
3 矢島学 ▲9.4 9.6 3.2 ▲22.2
4 道下理恵子 ▲82.7 ▲13.3 ▲59.4 ▲10.0

4卓 山本大介, 楢原和人, 坂本大志, 野村祐三 
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 坂本大志 25.1 58.3 ▲30.2 ▲3.0
2 楢原和人 5.1 9.0 25.7 ▲29.6
3 野村祐三 3.6 ▲59.1 14.8 47.9
4 山本大介 ▲33.8 ▲8.2 ▲10.3 ▲15.3

5卓 城島清貴, 川島基敬, 藤中慎一郎, 福井仁 
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 福井仁 65.0 11.0 31.5 22.5
2 藤中慎一郎 1.8 ▲2.1 17.3 ▲13.4
3 城島清貴 ▲32.2 ▲30.9 ▲46.2 44.9
4 川島基敬 ▲35.6 22.0 ▲2.6 ▲55.0

6卓 川田宰, 村上淳, 金大賢, 橘哲也 
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 橘哲也 42.9 44.6 15.6 ▲17.3
2 金大賢 8.9 ▲16.9 ▲9.5 35.3
3 川田宰 ▲20.1 3.0 ▲34.6 11.5
4 村上淳 ▲31.7 ▲30.7 28.5 ▲29.5

7卓 中西龍, 武中真, 原浩明, 齋藤巧也 
順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦
1 原浩明 27.2 ▲23.8 26.9 24.1
2 齋藤巧也 14.3 32.0 8.3 ▲26.0
3 中西龍 ▲9.8 ▲11.9 ▲5.0 7.1
4 武中真 ▲32.7 3.7 ▲31.2 ▲5.2


上記のベスト28の結果、勝ちあがり者14名に本戦1位通過の小川裕史(RMU長崎)と第7期RMUクラウン優勝岡澤和洋(RMU長崎 A級)を加えた16名で11/24(月祝)11:00より神楽坂ばかんすにて準々決勝が行われます。(観戦自由)

準々決勝卓組み
1卓 岡澤和洋, 水巻渉,  原浩明,    楢原和人
2卓 小川裕史, 坂本大志, 伊藤翔,   藤中慎一郎
3卓 河野高志, 福井仁,  安達瑠理華, 金大賢
4卓 多井隆晴, 橘哲也,  浜崎悠 ,   齋藤巧也

ジュピターカップの優勝は、楢原和人さん!
 

写真左:プレゼンター白田みお  写真右:楢原和人さん

2014スプリントカップ第5戦ジュピターカップ優勝は、楢原和人さんでした。

17卓満卓の総勢68名!
足元の悪い中お越しいただいたみなさま。本当にありがとうございました。

優勝 楢原和人 +82.7
2位 小西弘文 +60.5
3位 平山友厚 +52.5
4位 木村弟 +51.4

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「前回出たとき、5位だったので、今回は決勝行くのが目標でした。決勝戦は緊張しましたけど、平常心で打てたのでそれがよかったです。」


レポートはこちら

 
第8期RMUクラウン予選3日目の結果


2014/10/18(土)に第8期RMUクラウンの予選3日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、上位30%が勝ち上がりというシステムです。
予選2日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 吉田信之 (RMU会員)
2 黒川源悟 (一般)
3 名波愼一 (プロ協会)
4 江崎文郎 (プロ協会)
5 齋藤巧也 (最高位戦)
6 苅辺直弥 (プロ協会)
7 川島基敬 (一般)
8 白田みお (RMUアスリート)
9 木村弟 (RMU会員)
10 武中真 (プロ協会)
11 下出和洋 (麻将連合)
第8期RMUクラウン予選2日目の結果


2014/10/11(土)に第8期RMUクラウンの予選2日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、上位30%が勝ち上がりというシステムです。
予選2日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 山本大介 (一般)
2 松本吉弘 (プロ協会)
3 江原翔 (RMUアスリート)
4 村井憲昭 (一般)
5 浜崎悠 (一般)
6 浅井堂岐 (プロ協会)
7 武中進 (プロ協会)
8 中西龍 (一般)
9 柳田憲昭 (プロ協会)
10 津田挙士 (RMUアスリート)
11 綱川隆晃 (プロ協会)
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 竹内志央理 (RMUアスリート)
2 松本吉弘 (プロ協会)
3 吉田信之 (RMU会員)
4 鶴海ひかる (RMUアスリート)
5 村井憲明 (一般)
6 荒井節子 (RMU会員)
7 武中進 (プロ協会)
8 黒川源悟 (一般)
9 堀慎吾 (プロ協会)
10 浅井堂岐 (プロ協会)
11 中村章雅 (一般)
12 稲波崇 (一般)
13 山田亮 (一般)
14 山中浩輝 (プロ協会)
15 薗田勝敏 (一般)
16 柳田憲昭 (プロ協会)
17 新野竜太 (一般)
長崎カステラカップの優勝は、岡澤和洋プロ!
 

写真左:プレゼンター 平木事務局長 写真右:岡澤和洋プロ

今年度より新設されましたRMU長崎カステラカップ、RMU長崎代表の岡澤和洋プロが見事第一回の覇者に輝きました!!

スタートから安定した強さを見せ、最終6回戦もトップで締めくくっての優勝でした!

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

2014年前期Rリーグ全節終了。R1優勝は中村浩三プロ!
2014/9/13に2014年前期Rリーグが終了しました。
優勝の中村浩三プロ(B級)と準優勝の渡辺卓也プロ(B級)がクライマックスリーグ進出権利獲得です。

Rリーグの成績はこちら

R1 優勝 中村浩三
最終節、3つ巴の戦いとなり、クライマックスの権利もとても大切ですが、 一旦そこには固執せずに優勝のみを狙って一日打ちました。
最終半荘は渡辺プロとの別卓着順勝負までもつれ込み、トップを取って優勝するんだという意気込みで臨みました。
クライマックス楽しみです。当たって砕けろで頑張ります!

R1 準優勝 渡辺卓也
とりあえずクライマックスの出場権をつかんだのはうれしいです。
去年は解説で見てる立場だったけど今年は魅せる立場で頑張りたいです。
RMUリーグまで駆け上ってやりたいです!

浩三さんに最後まくられたのが悔しい反面嬉しくもあります。
RMU初期から一緒にやってきた仲間が、熱心な努力家がついに実らせたね!ってのが素直な気持ちです。
その他昇級者コメント紹介
R2 優勝 津田挙士
やっと優勝できました。緊張はしなかったが、安堵感があります。
ミスもあったが、毎ハンチャン目標を変えたのが良かったのかもしれない。
R1でも頑張ります。
R2 準優勝 鶴海ひかる
最終節で苦しい状況になりつつも運に恵まれ、昇級することができました!
R1でも周りからいろんなことを吸収しつつ、自分の麻雀を研いていけたらとおもいます!
R3 優勝 白石温郎
今期の自分の麻雀が納得いく出来だったわけではない。
まだまだ未熟で拙く、学ばなければいけない知識と修正するポイントが沢山あるように感じられた。
R2でもしっかりリスクとリターンのバランスをとって頑張っていきます。
R3 準優勝 月島光
今回は二位で昇級しましたが、やはり目指していたのは一位です。今後はすべて一位を目指してがんばりますので、応援よろしくおねがいします!


第8期RMUクラウン予選1日目の結果


2014/9/21(日)に第8期RMUクラウンの予選1日目が開催されました。
1次予選、2次予選ともに3回戦を戦い、上位30%が勝ち上がりというシステムです。
予選1日目の2次予選を勝ちあがった本戦出場者が決定いたしました。

2次予選通過者(本戦出場決定、通過順、敬称略)
1 川田宰 (一般)
2 安達瑠理華 (RMUアスリート)
3 矢島学 (プロ協会)
4 嶋村俊幸 (最高位戦)
5 大関忍 (最高位戦)
6 富永修 (プロ協会)
7 吉田基成 (プロ協会)
8 亀山亜土 (一般)
9 野口みちる (最高位戦)
1次予選通過者(通過順、敬称略)
1 高井弘喜 (一般)
2 増田有美 (一般)
3 山本大介 (一般)
4 梁瀬健太郎 (RMUアスリート)
5 川田宰 (一般)
6 江崎文郎 (プロ協会)
7 真弓英大 (RMU会員)
8 夏目智依 (RMUアスリート)
9 亀山亜土 (一般)
10 矢島学 (プロ協会)
11 山田高広 (一般)
12 大関忍 (最高位戦)
13 江原翔 (RMUアスリート)
14 村井諒 (最高位戦)
15 中西龍 (一般)
16 小原健史 (一般)
17 武中真 (プロ協会)
18 浜崎悠 (RMU会員)
長崎G-III イースタンの優勝は、平田勝則選手!
 

写真左:プレゼンター 多井隆晴プロ 写真右:平田勝則選手

長崎G-III イースタンが9/6長崎WILDCATSで行われ、
平田勝則選手が優勝しました。

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

マーズカップの優勝は、日本プロ麻雀協会所属コバさん!
 

写真左:プレゼンター白田みお  写真右:コバさん

2014スプリントカップ第4戦マーズカップ優勝は、
日本プロ麻雀協会所属、コバさんでした。

柳銀座本店と九段下エスプリを使用しての22卓満卓の総勢88名!
急遽第2会場に移動していただいたみなさま。本当にありがとうございました。

優勝 コバ +88.5
2位 寺坂直樹 +60.3
3位 江原翔 +32.6
4位 藤中慎一郎 +39.5

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「朝家出るときに優勝したいなぁと本気で思ってました。それが実行できて本当によかったです。 決勝はかなり苦しい展開が続きましたが、オーラス二軒リーチを掻い潜って連荘できたのがよかったです。」


レポートはこちら

 
アースカップの優勝は、吉田信之さん!
 

写真左:プレゼンター夏目智依  写真右:吉田信之さん

2014スプリントカップ第3戦アースカップ優勝は、
吉田信之さんでした。

柳銀座本店19卓満卓の総勢76名!
Cルール(一発裏ドラあり、赤ドラ(マンズ・ピンズ・ソウズの5に1枚ずつ)を加え、配給原点を25,000点とし、オカの20000点がトップ者に加算)での最高人数となりました。

優勝 吉田信之 +129.1
2位 野村祐三 +70.3
3位 安田和弘 +67.7
4位 轟雄太 +34.1

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら

レポートはこちら

 
長崎ちゃんぽんカップの優勝は、岩村義久プロ!
 

写真左:岩村義久プロ 写真右:プレゼンター 多井隆晴プロ

長崎ちゃんぽんカップが6/7長崎WILDCATSで行われ、
ライセンスB岩村義久プロが優勝しました。
岩村プロは5月に行われましたGⅡソルリアスも制しており、長崎2連覇となりました!



レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

ヴィーナスカップの優勝は、安田和弘さん!
 

写真左:プレゼンター鶴海ひかる  写真右:安田和弘さん

2014スプリントカップ第2戦ヴィーナスカップ優勝は、
安田和弘さんでした。

柳銀座本店19卓満卓の総勢76名!
Bルール(一発裏ドラなし、カンドラなし)での最高人数となりました。

優勝 安田和弘 +82.7
2位 多井隆晴 +44.8
3位 宮田信弥 +35.0
4位 松崎真也 +21.3

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「多井さんの勉強会に参加した成果が出ました。とても緊張しましたが、優勝できて良かったです。これからも勉強を重ねて、大会でいい成績を出していきたいと思います。」


レポートはこちら

 
長崎G-IIソルリアスの優勝は、岩村義久プロ!
 

写真左:岩村義久プロ 写真右:プレゼンター 岡澤和洋プロ

長崎G-IIソルリアスが5/6長崎WILDCATSで行われ、
ライセンスB岩村義久プロが優勝しました。


順位 選手名 合計 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦
1 岩村義久 75.1 29.7 - ▲6.4 ▲8.9 7.3 16.0 37.4
2 伊井克史 56.4 ▲29.4 44.6 7.1 25.9 - 37.6 ▲29.4
3 岸部智彦 5.8 5.7 ▲15.8 - 9.3 22.2 ▲18.8 3.2
4 江頭威夫貴 ▲56.1 ▲6.0 3.7 18.0 - ▲25.8 ▲34.8 ▲11.2
5 平田勝則 ▲81.2 - ▲32.5 ▲18.7 ▲26.3 ▲3.7    

レポートはWILDCATSのブログで近日掲載

マーキュリーカップの優勝は、日本プロ麻雀協会所属、佐久間弘行さん!
 

写真左:佐久間弘行さん  写真右:プレゼンター安達瑠理華

2014スプリントカップ第1戦マーキュリーカップ優勝は、
日本プロ麻雀協会所属、佐久間弘行さんでした。

ゴールデンウィークの最終日という貴重なお時間に、当日会場に足を運んでいただいた方、総勢108名!
第2会場の柳八丁堀店に移動していただいた皆様におかれましては、ご移動ありがとうございました。

優勝 佐久間弘行 +87.6
2位 轟雄太 +74.5
3位 穴澤晃一 +43.8
4位 川上貴史 +19.9

(敬称略 全試合終了時)全成績はこちら
優勝者コメント
「決勝はちぐはぐな麻雀になってしまいましたが、なんとか勝てて良かったです。また参加したいと思いますので、よろしくお願いいたします。」


レポートはこちら

2013RMUアワードが決定
2013年度のRMUアワードが決定いたしました!
(敬称略)

4月12,13日に行われました長崎あじさい記念をもちまして
2013年度のすべての行事が終了いたしました。


これにより、
2013年度のRMUアワード全部門が決定いたしました!
表彰は例年通り、スプリントカップ第1戦(5月6日)にて行います。

【RMUアワード最多勝】
野村祐三 42☆

多井隆晴 38
松ヶ瀬隆弥 37

【RMUアワード最優秀順位率】
(規定対局数アスリート50ライト40)
松ヶ瀬隆弥 2.23☆

多井隆晴 2.24
野村祐三 2.29

【RMUアワード最多得点】
多井隆晴 577.2☆

松ヶ瀬隆弥 523.0
平山友厚 383.3

そして、
【RMUアワード最優秀選手】は、
多井隆晴

2014年度も4月26日オープンリーグよりスタートします。
2014年もRMUをよろしくお願い致します。

多井隆晴プロ、ライセンスSS取得
2014年より多井隆晴プロがライセンスSS取得となりました。
RMU初のライセンスSS。今後も多井隆晴プロを応援お願いいたします。


多井隆晴(ライセンスSS)

多井隆晴プロの主な戦績
第11期 新人王
第1期 日本オープン 優勝
第9期 日本オープン 優勝
第31期 王位

第1期 RMUリーグ 優勝
2007 ペルセウスカップ 優勝
RMUアワード2007 最多勝
RMUアワード2007 最優秀選手賞
RMUアワード2008 最多得点
RMUアワード2009 最優秀選手賞
2010 マーズカップ 優勝
第1回 長崎あじさい記念 優勝
RMUアワード2010 最優秀選手賞
第5期 RMUクラウン 優勝
2011 オープンリーグ 優勝
2011長崎ウェスタンカップ 優勝
第3期 RMUリーグ 優勝
RMUアワード2011 3冠
RMUアワード2011 最優秀選手賞
RMUアワード2012 最多勝、最多得点
RMUアワード2012 最優秀選手賞
2013 オープンリーグ 優勝
第5期 クライマックスリーグ 優勝
RMUアワード2013 最多得点
RMUアワード2013 最優秀選手賞
過去のトピックス(2009年度)
過去のトピックス(2010年度)
過去のトピックス(2011年度)
過去のトピックス(2012年度)
過去のトピックス(2013年度)
過去のトピックス(2014年度)
過去のトピックス(2015年度)
過去のトピックス(2016年度)
過去のトピックス(2017年度)
過去のトピックス(2018年度)



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.