第33期麻雀王座戦で藤中慎一郎が優勝!
2009年11月3日、第33期麻雀王座戦が開催され、藤中慎一郎プロが見事優勝しました!
藤中 慎一郎 +36.0
穴澤 晃一  +28.1
佐久間 弘行 ▲30.1
小川 裕之  ▲36.0
(最終戦終了時)
以下、藤中プロのコメントです。

なんとか勝つことができました。
ただ、途中でつまらないミスをすることも多かったので、まだまだ精進が足らんなぁと反省もしております。
今後、またさらにレベルアップした僕をお見せしたいと思います!
第7回日本オープンで山下健治が優勝!
(c)日本プロ麻雀協会
2009年3月29日、第7回日本オープン決勝戦が開催され、RMUアスリートの山下健治選手が見事優勝しました!
以下、山下選手のコメントです。

非常に嬉しいです!
日ごろご指導いただいている方々に、本当に感謝します。
これで慢心することなく、これからも精進します!
観戦レポートはこちらの日本プロ麻雀協会のHPをご覧ください
『World Series of Mahjong』 多井隆晴惜敗
2008年9月19日、ウィン・マカオにおいて開催された『World Series of Mahjong』第2回大会。
日本代表として出場した多井隆晴は初日を楽々通過したものの、翌日プラス(12.5)ながら予想外に高い通過ラインに届かず敗退となりました。
以下、多井プロのコメントです。

やはり世界は広いですね。
会場のホテルの豪華さ、賞金額の凄さ、取材陣の多さなど、その大会規模の大きさに驚くことばかりでした。
プレイヤーとしても団体責任者としても軽いショックを受けました…。
不甲斐ない結果となりましたが、世界各国のTV中継対局で昨年のチャンピオンと対戦して圧勝し、各国メディアからインタビューを受けるなど、世界中のメディアにRMUを中心とした日本麻雀界の宣伝はできました。
最低限の仕事はしてきたということでお許しを…。
また今回スポンサーとなっていただいたインターマージャン様は、今後もRMUとの協力関係を継続いただけるということでした。
このように、ゆっくりではありますがRMUが発展していけるように、会員一同力を合わせて頑張ってまいりますので、これからも宜しくお願い致します!
目指せ5000万円!日本代表に多井隆晴

昨年の第1回大会の様子
多井隆晴が、2008年9月19日からウィン・マカオにおいて開催される『World Series of Mahjong』に出場します。
本大会は昨年に続く第2回大会。優勝賞金50万米ドル(賞金総額100万米ドル)を目指し、世界の強豪達が3日間に渡って競い合うという、世界的なビッグイベントです。
「日本の代表的プロプレイヤーを2名招待したい」
大会のメインスポンサーで世界規模のオンライン麻雀「マージャンタイム」が、日本向けに立ち上げた新規サイト「インターマージャン」の宣伝活動の一環としてRMUにオファーし、最高位戦の渡辺洋香プロとともに選出されました。
以下、多井プロの出国前のコメントです。

ルールの違いはあまり問題ないでしょう。
136牌には変わりありませんから。
日本を代表する気持ちで勝負したいです。
もう終わっちゃいましたが2008年は北京オリンピックイヤーだったということで(笑)


結果は帰国後に報告いたします。
13期女流名人に横井里美選手!
2008年3月16日、第13期女流名人戦(女流名人戦実行委員会主催)の決勝大会が行われ、RMU会員の横井里美選手が見事優勝しました!
横井選手はライトコース所属ながら、積極的にファクトリーに参加する勉強家。
日頃の努力が、もっとも歴史ある女流タイトル戦で実を結びました。
横井選手、おめでとうございます!!
インターネット麻雀動画番組「J-CUP」

麻雀ポータルサイト『麻雀倶楽部』で、インターネット配信用動画番組として若手対抗戦「J-CUP」が開催されました。
その収録が2007年10月30日に行われ、RMUからはさくらい良、谷井茂文の2名が出場いたしました。

■J-CUPシステムとルール 
出場選手全8名を4名ずつにわけ東風戦3回戦を行う。
その結果、各卓上位2名を決勝進出とし、同様に東風戦3回戦の決勝を行う。
一発、赤牌各1枚、裏ドラ、オカありとする。

RMUからは30歳未満のアスリート選手からポイント上位の2選手が出場。
試合前にコメントをもらいました。

さくらい良

「同年代の選手のみが出場するということで気合が入っています。RMUはまだ歴史の浅い団体ですがJ-CUPはあくまでカタチは個人戦。気後れしないように『さくらい良らしい一打』にこだわった麻雀を打ちたいと思っています。せっかく多くのRMU選手の中から自分が出させていただけるということで恥ずかしい麻雀は見せられませんね」
谷井茂文

「各団体から選抜されて出てきています。その中で少しでも良い麻雀が打てるように頑張りたいですね。東風戦は不慣れですが小場で南入したつもりで対応します。カメラを意識せずに普段どおりメンゼン重視の麻雀を打ちたいです」

麻雀倶楽部のHPはこちら
http://www.mahjong-club.net/

対局の内容・結果は動画でお楽しみください!

最新のトピックス



Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.